ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2018遠征メンバーと試合日程

日本代表

2018年5月30日(水)から6月17日(日)にかけて、「ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2018」が開催されます。これは20歳以下のラグビー世界大会で、日本代表も「U20日本代表」として参加します。

遠征メンバーも発表されました。そこで、今回の大会と遠征メンバー一覧をまとめておきます。

スポンサーリンク

ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2018

ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2018(ワールドラグビーU20選手権)は20歳以下のラグビー世界大会で、世界12カ国が参加する大会です。毎年5月〜6月頃に開催され、U20世代のラグビー世界一を決める大会となります。参加する12カ国は3つのプールに分かれて予選リーグを行います。

2008年からそれまでU19とU21に分かれて行われていた大会を統合してIRBジュニア世界選手権と名前を変えて開催。2010年から12カ国での参加となり、2014年からは現在の名称に変更になっています。

今年はフランスで開催。まずは予選プールを戦い、それを元にトーナメント戦を行います。トーナメントで最下位となってしまうと下部大会に降格となってしまいます。上位12カ国しか参加できない大会なので、20カ国参加できるW杯よりも厳しい大会とも言えるでしょう。

2018参加国と予選プール

2018年大会に参加する12カ国はすでに決まっており、予選プールの組み合わせも決定しています。予選プールでは、3つのプールに分かれ、各プールで4カ国が総当たりで戦うことになります。

<プールA>

参加国昨年順位
ニュージーランド優勝
オーストラリア6位
ウェールズ7位
日本下部大会昇格

<プールB>

参加国昨年順位
イングランド準優勝
スコットランド5位
イタリア8位
アルゼンチン11位

<プールC>

参加国昨年順位
南アフリカ3位
フランス4位
アイルランド9位
ジョージア10位

予選プールの後は順位決定戦となります。順位決定戦は以下のようになります。

各プールで1位のチーム3チームと2位のうち勝ち点が最も高い1チーム
→ 1位-4位決定戦
各プール2位のうち勝ち点の低い2チーム、3位のうち勝ち点の高い順に2チーム
→ 5位-8位決定戦
各プール3位のうち勝ち点の低い1チーム、4位の3チーム
→ 9位-12位決定戦

U20日本代表遠征メンバー

ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2018に参加する日本代表遠征メンバーはすでに発表されています。遠征メンバーはFW15人、BK13人となっています。

ポジション名前所属
FW
PR/HO石田楽人専修大
谷口祐一郎天理大
百地龍之介立命館大
山田裕介豊田織機
新井望友東海大
大山祥平慶應大
津嘉山廉人流経大
LO久保克斗帝京大
箸本龍雅明治大
FL/NO8相部開哉慶應大
アシペリ・モアラ天理大
福井翔大パナソニック
山本凱慶應大
岡山仙治天理大
下川甲嗣早稲田大
BK
SH藤原忍天理大
本堂杏虎日体大
SO/CTB児玉樹明治大
森勇登明治大
侭田洋翔中央大
シオサイア・フィフィタ天理大
シオエリ・ヴァカラヒ福岡工業大
WTB根塚洸雅法政大
ハラトア・ヴァイレア日体大
ニコラス・ホフア京都産業大
FB古賀由教早稲田大
猿田湧明治大
山沢京平明治大

遠征メンバーは5/16(水)から5/24(木)まではアイルランドで合宿を行い、5/24(木)から6/19(土)までフランス遠征となります。

U20日本代表試合日程

U20日本代表の試合日程は以下となります。

日時対戦相手場所
予選プール
5/31(木)4:00(早朝)U20ニュージーランドStade d’Honneur
6/3(日)21:00U20オーストラリアStade d’Honneur
6/8(金)1:30(深夜)U20ウェールズStade Aime-Giral
順位決定トーナメント
6/12未定未定
6/17未定Stade de la Mediterranee

U20日本代表の見所・目標は?

ワールドラグビーU20チャンピオンシップ2018に参加するU20日本代表、まず大きな目標は来年度の参加権を得ることでしょう。ワールドラグビーU20チャンピオンシップは最下位のチームは下部大会に降格となります。現在の12カ国での開催となった2010年以降で、U20日本代表が大会に参加したのは2015年と2016年の2回。2015年は10位で残留となりましたが、2016年は最下位で降格となりました。今回の大会を見ても予選プールはニュージーランド、オーストラリア、ウェールズと強豪国がひしめき合う中での対戦で厳しい試合が続くことが予想されます。

そのため、予選プールよりも順位決定トーナメントで1勝をして最下位を避けて、来年度の大会にも参加できるようにすることが大きな目標です。

とはいえ、予選プールはニュージーランド、オーストラリア、ウェールズという強豪国と対戦するまたとないチャンスとなります。まずは予選プールでどこまで食い上がることができるかも大事になるでしょう。

 

コメント