リオオリンピック・女子7人制ラグビーの組み合わせとメンバー

セブンズ

リオオリンピックから初めて採用される競技の1つが7人制ラグビーとなっています。7人制ラグビーは、通常の15人制ラグビーとは異なり、7人で行う、前後半7分ずつ(決勝のみ前後半10分)など、通常よりスピーディーに行うことでオリンピック種目に採用されました。

すでに日本代表もオリンピック出場を男女ともに決めており、リオ五輪での活躍が期待されています。

今回は女子7人制ラグビーの予選リーグ組み合わせ・日本代表メンバーなどをまとめておきます。

男子7人制ラグビーについてはこちらを参考にどうぞ。

リオオリンピック・男子7人制ラグビーの組み合わせとメンバー
リオオリンピックから初めて採用される競技の1つが7人制ラグビーとなっています。7人制ラグビーは、通常の15人制ラグビーとは異なり、7人で行う、前後半7分ずつ(決勝のみ前後半10分)など、通常よりスピーディーに行うことでオリンピック種目に採用...
スポンサーリンク

リオオリンピック・女子セブンズ出場国は?

女子の7人制ラグビーも男子と同様、12か国で争います。その出場国は以下となっています。

出場枠出場国備考
開催国枠ブラジル
ワールドシリーズ上位4カ国ニュージーランドワールドセブンズシリーズ1位
ワールドシリーズ上位4カ国カナダワールドセブンズシリーズ2位
ワールドシリーズ上位4カ国オーストラリアワールドセブンズシリーズ3位
ワールドシリーズ上位4カ国イギリスワールドセブンズシリーズ4位(イングランド)
オセアニア予選フィジー
アフリカ予選ケニア
ヨーロッパ予選フランス
北米予選アメリカ
南米予選コロンビア
アジア予選日本
世界最終予選スペイン

女子セブンズの出場国ですが、まずは開催国のブラジルが決定済み。その後、7人制ラグビー(セブンズ)の女子ワールドセブンズシリーズ2014/2015の上位4ヶ国(ニュージーランド・カナダ・オーストラリア・イングランド)が出場決定となりました。(オリンピックは国単位での出場となるのでイングランドはイギリス代表として出場。)

またその後各地域で予選が行われ、その1位チームが出場となります。各地域でワールドシリーズ参加国あるいは上位の成績をおさめている国が出場権を得ています。アジアからは1枠でしたが、男女ともに日本が優勝し、リオ五輪出場を決めました。

最後の1枠は、地域予選で敗退したチームの中から世界最終予選で優勝したチームに与えられています。決勝ではともにワールドシリーズにコアチームとして参戦しているロシアとスペインが対戦。19-12でスペインが勝利し、見事最後の1枠を獲得しました。スペインは男女ともに世界最終予選で五輪出場枠を獲得したことになります。

リオ五輪女子7人制ラグビーの仕組み・日程

女子のオリンピック7人制ラグビーの日程は8月6日〜8日となっています。まずは参加国12チームが4チームずつ3つのプールに分かれて、予選リーグを行います。予選リーグの結果、上位8カ国が順位決定トーナメントに進出となります。

予選リーグ1位のチームと2位のチームは無条件で決勝トーナメント進出、予選リーグ3位の3チームのうち、上位の2チームが決勝トーナメント進出となります。

つまり予選リーグで2位以内に入れば無条件でトーナメント進出、最低でも3位以内に入らないとトーナメント進出はできないことになります。

予選リーグ組み合わせ

その予選リーグの組み合わせは以下となっています。

<プールA>

プールA備考
オーストラリアワールドセブンズシリーズ1位
アメリカワールドセブンズシリーズ6位
フィジーワールドセブンズシリーズ8位
コロンビア非コアチーム

 

<プールB>

プールA備考
ニュージーランドワールドセブンズシリーズ2位
フランスワールドセブンズシリーズ5位
スペインワールドセブンズシリーズ9位
ケニア非コアチーム

 

<プールC>

プールC 備考
カナダワールドセブンズシリーズ3位
イギリスワールドセブンズシリーズ4位(イングランド)
ブラジル非コアチーム(開催国)
日本ワールドセブンズシリーズ11位

上記のような組み合わせになっています。

日本代表はプールCに

日本代表はプールCになりました。このプールはワールドセブンズシリーズ2015/2016で3位になったカナダ代表と、同じく4位のイギリス(シリーズはイングランドとして出場)、さらに開催国のブラジルの3つの国と同組となりました。

カナダ・イギリスは強豪ではあるものの、ワールドシリーズ・フランス大会ではカナダ相手に15-21、カナダ大会ではイングランド相手に22-28と、日本代表は敗れはしたものの、善戦した試合内容になっています。現時点でも発展途上中の日本代表としては、勝てない相手ではないでしょう。

他のプールと比較すると、戦いやすい相手がそろったプールに入ったと思います。とはいえ、簡単に決勝トーナメントにいけるというわけでもありません。

このプールで2位以内に入れば、決勝トーナメント進出確定、3位以内だと、他のプールの3位チームとの争いになり、上位2チームが決勝トーナメント進出となります。

最低でも3位に、できれば2位以内を目指していきたいですね。

決勝トーナメントの組み合わせは?

なお、決勝トーナメントに進んだ場合の組み合わせもすでに発表されています。

準々決勝
QF1プールA1位-プール3位(下位)
QF2プールB1位-プール3位(上位)
QF3プールC1位-プールA2位
QF4プールB2位-プールC2位
準決勝
SF1QF1の勝者-QF4の勝者
SF2QF2の勝者-QF3の勝者
決勝
FSF1の勝者-SF2の勝者

日本代表メンバー

日本代表メンバー12人もすでに発表されています。

名前所属
兼松 由香名古屋レディース
中村 知春ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
鈴木 彩香ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
桑井 亜乃ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
山口 真理恵Rugirl-7
冨田 真紀子世田谷レディース
横尾 千里東京フェニックス
谷口 令子ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
三樹 加奈ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
大黒田 裕芽立正大学ラグビー部・ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
山中 美緒立正大学ラグビー部・ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
小出 深冬東京学芸大学ラグビー部・ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

※キャプテンは中村 知春選手

キャプテンの中村選手を中心に、エースとなる山口選手や桑井選手など、12人とも実力者が揃いました。また、大学生が3人メンバーに入るなど、若手選手もバランスよくメンバーに入った構成になっています。

バックアップメンバー

またバックアップメンバーの2名も発表されています。

名前所属
竹内 亜弥ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
加藤 慶子世田谷レディース

 

まとめ

男子と同じく、女子もメンバーが発表され、いよいよ本番が近づいてきました。近年着実に力をつけてきている女子ラグビーセブンズ。長期の合宿で鍛えられた力をぜひリオオリンピックでも見せてきてほしいですね。

ラグビー女子日本代表の活躍を期待しましょう!

コメント