第95回全国高校ラグビー大会・55校の出場校と日程・優勝候補は?

高校ラグビー

こちらは2015/2016シーズンの情報です。

2017/2018シーズン開催の第97回全国高校ラグビー大会については下記を確認ください。

https://goto2019.com/highschoolrugby-2017/

2016/2017シーズン開催の第96回全国高校ラグビー大会については下記を確認ください。
https://goto2019.com/highschoolrugby-2016/

 

 

冬といえばラグビーの季節。トップリーグはじめ、各カテゴリーでラグビーの試合が増えてきています。そんな中、今年も正月の風物詩となっている第95回全国高校ラグビー大会が東大阪市花園ラグビー場で開催されます。

今年は95回の記念大会となっており、通常全国51校(47都道府県/北海道・東京は2校、大阪は3校)が参加しますが、今年は各地域から4校が選出され、全55校が参加となっています。

 

 

各ブロック別の展望と勝ち上がり予想はこちらを参考にどうぞ。

https://goto2019.com/high-school-rugby-block-2015-16/

1回戦の結果と2回戦の対戦まとめはこちらから。

第95回高校ラグビー1回戦の結果と2回戦の対戦まとめ

スポンサーリンク

全国高校ラグビー日程

今年は55校が参加することや、兼ねてから特に終盤にかけての過密日程も指摘されていたため、日程がやや緩やかになっています。例年通り、開会式・1回戦は12月27日となっています。その後、2回戦12月30日・3回戦2016年1月1日・準々決勝2016年1月3日までは例年通りの日程での開催となりますが、準決勝が例年の1月5日から1月7日に変更されています。また、決勝については、祝日となる1月11日(月)の開催となっています。

第95回全国高校ラグビー大会の開催日程は以下もご覧ください。

日程
開会式2015年12月27日(日)
1回戦2015年12月27日(日)・28日(月)
2回戦2015年12月30日(水)
3回戦2016年1月1日(金)
準々決勝2016年1月3日(日)
準決勝2016年1月7日(木)
決勝2016年1月11日(月・祝日)

参加全55校

また、各都道府県でも予選が行われ、参加校が決定しています。今年は各都道府県から全51校が選ばれ、さらに、関東・近畿・中国・九州からそれぞれ1校ずつが選抜されて、全55校が参加となります。

全55校については下記をご覧ください。

都道府県出場校出場歴
北海道
北北海道遠軽2年ぶり10度目
南北海道函館ラサール初出場
東 北
青森青森北5年連続17度目
岩手黒沢尻工4年ぶり27度目
宮城仙台育英20年連続22度目
秋田秋田中央2年連続10度目
山形山形南初出場
福島郡山北工初出場
関東
茨城茗渓学園4年連続21度目
栃木国学院栃木16年連続21度目
群馬明和県央3年連続6度目
埼玉深谷2年連続8度目
千葉流通経大柏21年連続23度目
東京1国学院久我山2年連続40度目
東京2東京朝鮮高初出場
神奈川桐蔭学園2年ぶり14度目
山梨日川10年連続45度目
中部
長野岡谷工4年連続28度目
新潟新潟工12年連続40度目
富山魚津工35年ぶり2度目
石川日本航空石川11年連続11度目
福井若狭2年ぶり10度目
静岡静岡聖光学院2年連続4度目
愛知春日丘3年連続5度目
岐阜関商工5年連続36度目
三重朝明4年連続6度目
関西
滋賀光泉5年連続7度目
京都伏見工3年ぶり20度目
大阪1東海大仰星3年連続16度目
大阪2大阪桐蔭4年連続10度目
大阪3常翔学園3年ぶり34度目
兵庫関西学院4年ぶり6度目
奈良天理2年ぶり62度目
和歌山和歌山工3年ぶり21度目
中国
鳥取倉吉北3年連続3度目
島根石見智翠館25年連続25度目
岡山津山工2年連続24度目
広島尾道9年連続10度目
山口萩商工2年連続21度目
四国
香川高松北2年連続10度目
徳島つるぎ3年ぶり24度目
愛媛北条2年連続5度目
高知土佐塾4年連続15度目
九州
福岡東福岡16年連続26度目
佐賀佐賀工34年連続44度目
長崎長崎北陽台2年連続15度目
熊本荒尾・岱志2年連続8度目
大分大分舞鶴30年連続54度目
宮崎高鍋5年連続23度目
鹿児島鹿児島実2年連続16度目
沖縄コザ2年連続14度目
記念大会枠
関東(神奈川)東海大相模25年ぶり8回目
近畿(京都)京都成章2年連続8回目
中国(広島)広島工業9年ぶり32回目
九州(福岡)筑紫24年ぶり5回目

今年の最多出場校は、天理高校の62回出場です。天理高校は現在ちょうど100勝で、歴代2位の勝利数を誇っていますが、今年は101勝目を目指しての戦いとなります。連続出場では佐賀県代表の佐賀工業が34年連続の出場。佐賀工業は五郎丸選手の出身校でもあり、長年全国高校ラグビーを盛り上げてきた高校でもあります。

一方で初出場校は函館ラサール(南北海道)、山形南(山形)、郡山北工(福島)、東京朝鮮(東京第2)の4校になります。函館ラサールは全国大会常連の札幌山の手高校を倒して、初の出場です。ラグビーの場合、特定の高校が連続で出場するケースが多いので、初出場校が4校あるというのも良い傾向かと思います。

また、今年の記念大会枠の4校は、関東からは、神奈川大会準優勝の東海大相模が、近畿からは京都大会準優勝の京都成章が、中国からは広島大会準優勝の広島工業が、九州からは福岡大会準優勝の筑紫が出場となりました。

シード校10校

また、同時にシード校も発表されました。例年ではAシードとBシードが選ばれますが、今年は記念大会で参加校が増えたため、Aシード/Bシードの設定はなし。シード校として9校が選定されました。

都道府県出場校
栃木國學院栃木
千葉流経大柏
東京1國學院久我山
神奈川桐蔭学園
大阪1東海大仰星
大阪2大阪桐蔭
大阪3常翔学園
島根石見智翠館
福岡東福岡

今回選出されなかった高校を見てみると、選抜ベスト8の春日丘(愛知)や京都から出場の京都成章、伏見工業の2校、天理(奈良)や関西学院(兵庫)、佐賀工業(佐賀)などがシード校から外れています。これらの高校はシード校ではないですが、それと同等の力を持っているので、ノーシードからの勝ち上がりも考えられそうです。

優勝候補は?

さて、では今年の優勝候補はどこでしょうか?筆頭はなんといっても、選抜・7人制と合わせて3冠がかかる東海大仰星でしょう。ここまで公式戦は負けなしできており、このまま1年間負けることなく終えることができるでしょうか。対抗は、大阪の残りの2校、大阪桐蔭と常翔学園、さらには昨年度の覇者・東福岡高校でしょう。このあたりの高校は打倒東海大仰星で臨んでくるものと思います。
東のシード校でいえば、選抜ベスト4の流経大柏、同じく選抜ベスト8の桐蔭学園が対抗馬としてあがってくるでしょう。
また、今年はシード校が全体として減ったため、ノーシードにも天理や春日丘など強豪校が多く揃っています。そのため、ノーシードから優勝という可能性も出てきそうです。

まとめ

今年の全国高校ラグビー大会は、例年より出場校も増え、また、日程も観戦に都合がよい日程に変更されています。日本代表の活躍もあり、ラグビーへの注目度もあがっていますし、例年より盛り上がる大会となりそうです。年末年始は是非花園ラグビー場にお越しください。

 

コメント

  1. […] 第95回全国高校ラグビー大会・55校の出場校と日程・優勝候補 … 冬といえばラグビーの季節。トップリーグはじめ、各カテゴリーでラグビーの試合が増えてきています。そんな中、今年も正月の風物詩となっている第95回全国高校ラグビー大会が東大阪市花園ラグビー場で開催されます。今年は95回の記念.(続きを読む) […]