第97回全国高校ラグビー大会の出場校と日程・優勝候補

高校ラグビー

今年も正月の風物詩となっている第97回全国高校ラグビー大会が東大阪市花園ラグビー場で開催されます。今回で97回目を迎える全国高校ラグビー大会。全国51校(47都道府県/北海道・東京は2校、大阪は3校)が参加し、今年度の高校王者を争うことになります。

スポンサーリンク

第97回全国高校ラグビー日程

まずは日程の確認をしたいと思います。毎年年末年始にかけて行われるこの大会。今年は東大阪市にある花園ラグビー場がW杯に向けて改修中ですが、高校ラグビー大会時は工事を中断するため、今年も花園ラグビー場にて開催となります。

開会式は2017年12月27日(水)となり、27日・28日が1回戦となります。ここからは1日おきに試合を行います。2回戦は12月30日に行い、ここで全チームが出そろいます。

また、2回戦を勝ち抜いた16チームが年始を花園で過ごすことになり、翌年2017年1月1日(月)に3回戦、1月3日に準々決勝を行います。その後5日に準決勝を行い、2017年1月8日(月・祝)に決勝になります。

なお、準々決勝以降は再度抽選で対戦相手が決まります。

<1/7追記>いよいよ決勝のみとなりました。決勝の見どころはこちらをご確認ください。
https://goto2019.com/highschoolrugby-1718-final/

詳細は下記をご覧ください。

日程
開会式2017年12月27日(水)
1回戦2017年12月27日(水)・28日(木)
2回戦2016年12月30日(土)
3回戦2017年1月1日(月)
準々決勝2017年1月3日(水)
準決勝2017年1月5日(金)
決勝2017年1月8日(月・祝)

1回戦の対戦カード・日時はこちらをご覧ください。


<12/28追記>2回戦の対戦相手も決まりました。1回戦の結果と2回戦の対戦相手は以下となります。


<12/31追記>3回戦の対戦相手も決まりました。3回戦の対戦相手は以下となります。
https://goto2019.com/highschoolrugby-2017-3rd/

<1/1追記>ベスト8の高校が決まりました。準々決勝の組み合わせは以下となります。
https://goto2019.com/highschoolrugby-2017-4th/

 

参加全51校一覧

今大会の参加校は全部で51校。47都道府県の代表となります。(北海道・東京はそれぞれ2校、大阪は3校が出場)

都道府県出場校出場歴
北海道
北北海道中標津3年ぶり8度目
南北海道函館ラ・サール2年ぶり2度目
東 北
青森青森北7年連続19度目
岩手黒沢尻工業3年連続29度目
宮城仙台育英22年連続24度目
秋田秋田工業2年連続67度目
山形山形南2年ぶり2度目
福島郡山北工業3年連続3度目
関東
茨城茗渓学園6年連続23度目
栃木国学院栃木18年連続23度目
群馬明和県央2年ぶり7度目
埼玉昌平初出場
千葉流通経済大柏23年連続25度目
東京1目黒学院4年ぶり18度目
東京2国学院久我山2年ぶり41度目
神奈川桐蔭学園3年連続16度目
山梨日川12年連続47度目
中部
長野飯田6年ぶり8度目
新潟新潟工業14年連続42度目
富山富山第一2年連続10度目
石川日本航空石川13年連続13度目
福井若狭東2年連続29度目
静岡東海大翔洋5年ぶり10度目
愛知中部大春日丘5年連続7度目
岐阜岐阜工業7年連続18度目
三重朝明6年連続8度目
関西
滋賀八幡工業7年ぶり41度目
京都京都成章4年連続10度目
大阪1大阪桐蔭6年連続12度目
大阪2東海大仰星5年連続18度目
大阪3常翔学園3年連続36度目
兵庫報徳学園2年連続43度目
奈良御所実業2年連続11度目
和歌山和歌山工業3年連続23度目
中国
鳥取倉吉東6年ぶり11度目
島根石見智翠館27年連続27度目
岡山倉敷工業4年ぶり5度目
広島尾道11年連続12度目
山口山口2年連続5度目
四国
香川高松北4年連続12度目
徳島城東10年ぶり11度目
愛媛松山聖陵2年連続3度目
高知土佐塾6年連続17度目
九州
福岡東福岡18年連続28度目
佐賀佐賀工業36年連続46度目
長崎長崎南山4年ぶり5度目
熊本熊本西6年ぶり10度目
大分大分舞鶴32年連続56度目
宮崎高鍋7年連続25度目
鹿児島鹿児島実業4年連続18度目
沖縄コザ2年ぶり15度目

 

第97回大会のシード校は?

11/27(月)に今大会のシード校も決まりました。今大会のAシード校、Bシード校は以下となります。

Aシード
神奈川桐蔭学園
京都京都成章
福岡東福岡
Bシード
秋田秋田工業
東京1目黒学院
東京2国学院久我山
石川日本航空石川
愛知中部大春日丘
大阪1大阪桐蔭
大阪2東海大仰星
奈良御所実業
島根石見智翠館
佐賀佐賀工業

今大会の注目校は?

今大会の優勝候補筆頭はまず神奈川代表の桐蔭学園が挙げられます。春の全国高校選抜ラグビー大会で優勝し、今年は初の単独優勝を狙う年となります。また、福岡県代表の東福岡高校でしょう。春の全国選抜高校ラグビー大会ではベスト4でしたが、U-17の影響で主力選手が抜けていたこともあり、実力はやはりトップクラスでしょう。昨年からの連覇を狙う今年も強力なチームを作っています。

また、激戦区を勝ち抜いた高校にも注目です。京都大会を勝利したのは京都成章高校。こちらは春の選抜準優勝で冬の大会でも毎年好成績を収めています。近年は優勝校に迫るゲームを繰り広げており、注目のチームです。

奈良県からは御所実業高校が花園出場となります。こちらも奈良予選で天理高校を21-19で逆転で倒して全国大会出場を決めています。御所実業も優勝候補の1つとなるでしょう。

激戦の大阪からは、昨年度の東海大仰星、常翔学園、大阪桐蔭の3校が今年も花園出場となりました。大阪から出場の3校も全て上位進出の期待がかかっています。

今大会唯一の初出場は、埼玉代表の昌平高校。埼玉は深谷高校が出場することが多かったのですが今年初めての花園で、初勝利なるかも注目です。

組み合わせは?

組み合わせについては決まり次第お知らせします。

 

まとめ

いよいよ今年も高校王者を決める全国高校ラグビー大会の季節になりました。改修中の花園で行う大会となりますが今年も注目高校が多く、見どころの多い大会となりそうです。

コメント