第100回全国高校ラグビー大会の日程・組み合わせ

高校ラグビー

2020年から2021年の年末年始にかけて第100回全国高校ラグビー大会が始まります。全国高校ラグビー大会は花園ラグビー場開催されます。今年度は第100回の記念大会で、出場校がいつもより多い63校が出場します。今回は出場校一覧をまとめてみます。

スポンサーリンク

第100回全国高校ラグビー大会日程

今年の全国大会の日程を確認しておきます。

日程
1回戦2020年12月27日(日)・28日(月)
2回戦2020年12月30日(水)
3回戦2021年1月1日(金)
準々決勝2021年1月3日(日)
準決勝2021年1月5日(火)
決勝2021年1月9日(土)

今年は開会式が中止となります。また、参加校が63校と多いので1回戦は5分短い25分ハーフで開催されます。また、例年行われていた「U18花園女子15人制」と「U18合同チーム東西対抗戦」もメンバー選考ができないため、中止となります。

全試合無観客試合に

また今回の大会は新型コロナウィルス感染防止の観点から全試合無観客試合となりました。保護者の方の入場も不可となっています。試合観戦はオンラインでの配信が中心となります。MBS高校ラグビーサイトでの配信やJsports・Jsportsオンデマンドなどで観戦しましょう。

出場校・シード校

今大会は第100回の記念大会のため、通常より多い全63校が出場します。通常51校なので12校多く出場することになります。

参加校63校の決定方法(①51校+②3校+③9校)
①従来の47都道府県から各1校ずつ選出、北海道・東京は2校、大阪は3校による51校
②第91回~第99回大会の出場校の多い都道府県3つ(愛知県・福岡県・埼玉県)に出場枠を追加

③全国9ブロックで花園予選2位になったチームで予選を行い1チームずつ選出

※全国9ブロックは北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州で選出。大阪・東京は2位チームが複数となるので事前に1チームに決めておく
※愛知県・福岡県・埼玉県の3県はブロック予選に参加できない

出場全63校については以下をご覧ください。

シード校

今大会のシード校は8校です。例年とは異なり、Aシード・Bシードの区別はありません。また、今大会は東西に分けてシード校を決めるのではなく、過去の大会でベスト8進出した都道府県から選出する形になりました。シード校8校は以下となります。

シード校一覧
都道府県出場校出場歴
東京1目黒学院3大会ぶり19回目
神奈川桐蔭学園6大会連続19回目
京都京都成章7大会連続13回目
大阪1東海大大阪仰星2大会連続20回目
大阪2大阪朝高2大会ぶり11回目
奈良御所実業2大会連続13回目
兵庫関西学院5大会ぶり9回目
福岡1東福岡21大会連続31回目

大会組み合わせ

今大会は63校で行われます。そのため、1回戦が全31試合(12/27〜28)、2回戦が全16試合(12/30)、3回戦が全8試合(1/1)でベスト8進出校が決定。準々決勝が4試合(1/3)、準決勝が2試合(1/5)、最後の決勝が1/9(土)の開催となります。

なお、花園大会ではベスト8以降は再抽選を行います。ベスト8に進出した高校で抽選を行い、再度対戦相手を決めます。またベスト4でも同様となります。そのため、組み合わせはベスト8までの組み合わせ表となるので注意してください。

ベスト8までの組み合わせが全部で8個のブロック(山)に別れますので、8個を順番に紹介して行きます。

ブロック1

シード校:東海大大阪仰星(大阪1)

対戦カード時間グラウンド
1回戦:12/27(日)
①佐賀工業(佐賀) – 大津緑洋(山口)10:00第1
②長崎北陽台(長崎) – 函館ラ・サール(北海道ブロック)10:00第2
③川越東(埼玉1) – 明和県央(群馬)14:00第3
2回戦:12/30(水)
東海大大阪仰星(大阪1) – ①の勝者15:45第1
②の勝者 – ③の勝者14:30第3
3回戦:1/1(金)
10:00第1

1ブロック目はシード校が東海大大阪仰星のブロックです。東海大大阪仰星は63校で唯一2回戦からの登場となります。その他の高校では佐賀工業・長崎北陽台の九州の強豪2校がこのブロックにいます。東海大大阪仰星・佐賀工業・長崎北陽台の3校がベスト8を狙うブロックになりそうです。

その他では初出場の川越東は明和県央との対戦。1回戦は明和県央との関東勢同士の対戦となります。大津緑洋、函館ラサールは1回戦で強豪との対戦となります。

ブロック2

シード校:京都成章(京都)

対戦カード時間グラウンド
1回戦:12/27(日)
①京都成章(京都) – 米子工業(鳥取)11:05第1
②熊本西(熊本) – 早稲田実業(東京2)11:05第2
③尾道(広島) – 松韻学園福島(福島)11:05第3
④城東(徳島) – 新田(四国ブロック)12:10第1
2回戦:12/30(水)
①の勝者 – ②の勝者14:30第2
③の勝者 – ④の勝者14:30第1
3回戦:1/1(金)
10:00第3

2ブロック目はシード校が京都成章のブロックです。京都成章は1回戦で米子工業と対戦。その他の強豪校としては、尾道高校・早稲田実業高校がベスト8を狙うブロックとなります。尾道高校は昨年も京都成章と対戦しており、勝ち上がればベスト8をかけて元日に京都成章と争う形になりそうです。

その他では熊本西、松韻学園福島、城東、新田が登場。城東・新田は四国勢同士で1回戦で対戦が組まれています。

ブロック3

シード校:東福岡(福岡)

対戦カード時間グラウンド
1回戦:12/27(日)
①東福岡(福岡1) – 長崎南山(九州ブロック)12:10第2
②筑紫(福岡2) – 坂出第一(香川)12:10第3
③創志学園(中国ブロック) – 石見智翠館(島根)13:15第1
④岡谷工業(長野) – 四日市工業(東海ブロック)13:15第2
2回戦:12/30(水)
①の勝者 – ②の勝者13:15第3
③の勝者 – ④の勝者13:15第2
3回戦:1/1(金)
11:25第1

3ブロック目はシード校が東福岡のブロックです。東福岡は1回戦で九州ブロックを勝ち上がった長崎南山と対戦。さらに同じ福岡の筑紫高校もこのブロックにいるため、2回戦で福岡県同士の対戦も考えられます。その他強豪校として石見智翠館高校が登場。勝ち上がれば東福岡高校とベスト8をかけて争う形になりそうです。

その他は創志学園、岡谷工業、四日市工業が登場。創志学園、四日市工業は中国ブロック、東海ブロックを勝ち抜いて初出場を決めており、初勝利を狙います。

ブロック4

シード校:桐蔭学園(神奈川)

対戦カード時間グラウンド
1回戦:12/27(日)
①桐蔭学園(神奈川) – 茗渓学園(茨城)13:15第3
②黒沢尻北(東北ブロック) – 日本航空石川(石川)14:20第1
③仙台育英(宮城) – 富山第一(富山)14:20第2
④若狭東(福井) – 青森山田(青森)14:20第3
2回戦:12/30(水)
①の勝者 – ②の勝者13:15第1
③の勝者 – ④の勝者12:00第3
3回戦:1/1(金)
11:25第3

4つ目のブロックは昨年度優勝校・桐蔭学園がシード校のブロックです。連覇を目指す桐蔭学園は1回戦でこちらも関東の強豪茗渓学園といきなり対戦します。その他日本航空石川もベスト8を狙う強豪校。1回戦を勝ち抜くと2回戦で当たる組み合わせとなっています。

その他では黒沢尻北、仙台育英、富山第一、若狭、青森山田が登場。青森山田は2年連続の出場でまずは初の正月超えを目指すことになります。

ブロック5

シード校:大阪朝高(大阪2)

対戦カード時間グラウンド
1回戦:12/28(月)
①大阪朝高(大阪2) – 朝明(三重)9:30第1
②昌平(埼玉2) – 松山聖陵(愛媛)9:30第2
③高知中央(高知) – 西陵(愛知2)9:30第3
④東海大静岡翔洋(静岡) – 秋田工業(秋田)10:35第1
2回戦:12/30(水)
①の勝者 – ②の勝者12:00第2
③の勝者 – ④の勝者12:00第1
3回戦:1/1(金)
12:50第1

5つ目のブロックは大阪朝高がシードされているブロックです。1回戦は三重の朝明高校との対戦。勝ち上がると昌平・松山聖陵の勝者と対戦になります。ベスト8を狙うのは古豪でもある秋田工業高校。勝ち上がっていけば大阪朝高と元日にベスト8をかけて対戦することになりそうです。

その他では高知中央・西陵・東海大静岡翔洋の3校がこのブロックに。東海ブロックから3校、四国から2校がこのブロックに挑みます。

ブロック6

シード校:御所実業(奈良)

対戦カード時間グラウンド
1回戦:12/28(月)
①御所実業(奈良) – 報徳学園(近畿ブロック)10:35第2
②国学院栃木(栃木) – 名護(沖縄)10:35第3
③東海大相模(関東ブロック) – 光泉カトリック(滋賀)11:40第1
④山形中央(山形) – 旭川龍谷(北北海道)11:40第2
2回戦:12/30(水)
①の勝者 – ②の勝者10:45第3
③の勝者 – ④の勝者10:45第2
3回戦:1/1(金)
12:50第3

6つ目のブロックは御所実業がシード校として登場します。一回戦でいきなり近畿ブロックを勝ち上がった報徳学園と対戦。一回戦の中ではかなりの好カードとなりました。また、これ以外にも国学院栃木・東海大相模と関東勢の強豪校が登場します。ベスト8をかけた激しい戦いが行われるブロックとなりました。その他では名護、光泉カトリック、山形中央、旭川龍谷がこのブロックに入ります。

強豪校が多く、どこが勝ち抜くかわからないブロックとなりました。

ブロック7

シード校:目黒学院(東京1)

対戦カード時間グラウンド
1回戦:12/28(月)
①目黒学院(東京1) – 玉島(岡山)11:40第3
②開志国際(北信越ブロック) – 大分東明(大分)12:45第1
③新潟工業(新潟) – 関商工(岐阜)12:45第2
④熊野(和歌山) – 中部大春日丘(愛知1)12:45第3
2回戦:12/30(水)
①の勝者 – ②の勝者10:45第1
③の勝者 – ④の勝者9:30第3
3回戦:1/1(金)
14:15第1

7つ目のブロックは目黒学院がシード校として登場するブロックです。1回戦は岡山の玉島高校と対戦。勝てば、初出場となる北信越ブロックの開志国際と昨年に続き2回目の出場となる大分東明との対戦です。

もう1つのブロックには強豪の中部大春日丘が登場。こちらもベスト8を狙うチームになります。その他では新潟工業、関商工、熊野の3校が出場。新潟勢2校がこのブロックで登場します。

ブロック8

シード校:関西学院(兵庫)

対戦カード時間グラウンド
1回戦:12/28(月)
①関西学院(兵庫) – 盛岡工業(岩手)13:50第1
②流経大柏(千葉) – 高鍋(宮崎)13:50第2
③鹿児島実業(鹿児島) – 札幌山の手(南北海道)13:50第3
④常翔学園(大阪3) – 日川(山梨)14:55第1
2回戦:12/30(水)
①の勝者 – ②の勝者9:30第2
③の勝者 – ④の勝者9:30第1
3回戦:1/1(金)
14:15第3

最後の8ブロック目は関西学院がシード校として登場します。初戦は岩手代表の盛岡工業と対戦します。このブロックも強豪校が多く、昨年ベスト8の流経大柏や昨年ベスト4の常翔学園などが入っており、これらの高校がベスト8をかけて激しく争います。

その他にも札幌山の手や日川、高鍋、鹿児島実業など花園常連校が立ち並ぶブロックとなりました。

コメント