ラグビーワールドカップを新国立競技場なしでやるとどうなるか考えてみた

ここにきて新国立の話題が世間でも大きな話題となっています。今の案で行けば、ラグビーW杯では、新国立競技場で開幕戦や決勝を行う予定ではあります。ですが、2,520億円という建設費を考えると、そこまでして建設する意味があるのか、あるいは建設費が下げられないかというのも大いに検討しないといけないと思います。

参考→新国立競技場の建設費が高いのはラグビーW杯のせいなのか?

ところで、ラグビーワールドカップで新国立競技場が利用できなくなるとした場合、2019年開催のラグビーW杯は開催できるのでしょうか。そのあたりをシミュレーションしてみました。

ラグビーW杯とは?

その前にそもそも論ですが、ラグビーW杯とは何でしょうか?

ラグビーW杯は、ラグビーの世界一の国を決める4年に1回の大会。第1回は1987年にオーストラリアとニュージーランドで開催され、4年ごとに開催されています。

今年2015年も第8回ラグビーW杯、イングランド大会が9月に開催されます。現在の参加国は全20か国。まずは5チームが4つの予選プールに分かれて試合を行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出。決勝トーナメントは8チームで頂点を争います。

2019年に開催されるラグビーW杯は9回目。これまでの開催地や優勝国は以下の通りです。

年度・回数
開催国
優勝国
1987
第1回
ニュージーランド
オーストラリア
ニュージーランド
1991
第2回
イングランド
オーストラリア
1995
第3回
南アフリカ
南アフリカ
1999
第4回
ウェールズ
オーストラリア
2003
第5回
オーストラリア
イングランド
2007
第6回
フランス
南アフリカ
2011
第7回
ニュージーランド
ニュージーランド
2015
第8回
イングランド
2019
第9回
日本

2019年ラグビーW杯のシミュレーション

さて、では2019年のラグビーW杯を新国立競技場を使わずに行うとどうなるかシミュレーションしていきたいと思います。

スポンサーリンク
タグレンタル大

2019年ラグビーW杯の開催会場

まず、現時点で2019年のラグビーW杯の開催会場をみておきましょう。

全部で12会場となります。

札幌市
札幌ドーム
41,983人
岩手県・釜石市
釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)
約16,187人
埼玉県・熊谷市
熊谷ラグビー場
24,000人※
東京都
新国立競技場
80,000人
神奈川県・横浜市
横浜国際総合競技場
72,327人
静岡県
小笠山総合運動公園エコパスタジアム
50,889人
愛知県・豊田市
豊田スタジアム
45,000人
大阪府・東大阪市
花園ラグビー場
30,000人※
神戸市
御崎公園球技場
30,132人
福岡市
東平尾公園博多の森球技場
22,563人
熊本県・熊本市
熊本県民総合運動公園陸上競技場
32,000人
大分県
大分スポーツ公園総合競技場
40,000人

※熊谷と花園は今後改修予定なので現時点での収容人数を記載しています。

ラグビーW杯開催における前提条件

ここでもう一つ押さえておきたいのは、各試合において、必要なスタジアムのキャパシティが異なるということです。

ラグビーW杯に必要なキャパシティは以下の通りです。

■試合カテゴリー
・開幕戦、準決勝、3位決定戦、決勝→6万人以上
・準々決勝→3万5000以上
・プール戦
カテゴリーA→4万人以上 ※ティア1同士の対戦、日本の試合
カテゴリーB→2万人以上 ※ティア1とそれ以外のチームとの対戦
カテゴリーC→1万5000人以上 ※ティア2以下の対戦

上記をふまえた上で、新国立競技場を抜いた11会場でW杯を行う場合、各試合で使えるスタジアムは下記の通りとなります。

まずは決勝トーナメントからいきます。

開幕戦、準決勝、3位決定戦、決勝(5試合)

横浜国際総合競技場

合計1会場

準々決勝(4試合)

横浜国際総合競技場

札幌ドーム

小笠山総合運動公園エコパスタジアム

豊田スタジアム

大分スポーツ公園総合競技場

合計5会場

決勝トーナメント

決勝トーナメントだけをみると、国立競技場がなくても一応可能です。ただ、準決勝2試合と、3位決定戦、決勝がすべて横浜国立競技場となります。通常、準決勝2試合は2日連続で、3位決定戦と決勝も2日連続で試合を行うため、芝が荒れた状態で決勝を行う可能性があること、本拠地としている横浜F・マリノスとの調整が必要ということくらいでしょうか。

ただ、芝は心配としても一応横浜国際競技場を利用することで、代替はできるかと思います。

参考ですが、今年のイングランド大会を見てみると、準決勝2試合と、決勝は聖地トゥイッケナムでの開催で、3位決定戦はロンドンのオリンピックスタジアムでの開催となります。(ラグビーは芝が荒れやすいスポーツではあるので、あまり連続で利用しない方がいいのは間違いないですが。)

なお、よく花園でやればいいじゃないかという意見を言う人もいますが、花園が6万人以上のスタジアムに改修すれば開幕戦・決勝など5試合に利用できますが、そうでない限り、花園では決勝などはできません。また、これも勘違いしている人もいるかと思いますが、花園もワールドカップの会場ですので、試合は行います。ただし、上記のカテゴリーの問題で決勝などは不可能になる可能性が高いということです。(6万人以上の規模にすればできないわけではないですが。)

また、埼玉スタジアムでやればという方もいますが、埼玉スタジアムはサッカー専用スタジアムのため、現状ではラグビー用のインゴール部分が足りず、ラグビーでは利用できません。ラグビーW杯で利用するには改修が必要になります。

さて、続いては予選プールを考えます。

予選プール

予選プールについては、現時点で参加20か国がわかりません。よって、ひとまず今年2015年イングランドでのW杯と同じ参加国、同じプールで試合を行うとして考えたいと思います。

またティア1の扱いですが、一般的にティア1といえば世界ランク1位-10位の国で、北半球6か国(イングランド・アイルランド・ウェールズ・スコットランド・フランス・イタリア)と南半球の4か国(ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ・アルゼンチン)を指しますが、どこまで入れるのかというのは定義はありません。今回はイタリアが現時点(2015/7/10現在)で世界ランキングが15位となっているので、イタリアは外して、9か国をティア1として扱うことにします。

プール戦は全40試合あります。開幕戦を除くと全39試合です。これをカテゴリーごとにわけると以下となります。

カテゴリーA 10試合

カテゴリーB 21試合

カテゴリーC 8試合

カテゴリーAに利用できる会場が準々決勝で利用する5会場、カテゴリーBで利用できる会場が釜石を除く10会場となりますので、こちらも問題なく開催できると思います。

最後に

というわけで基本的には新国立がなくてもラグビーW杯はできそうです。もし、これで行く場合は、World Rugby(通称WR)という、サッカーでいうFIFAのような組織に、変更を申し出て理事会での了承をもらう必要はあると思います。

このように協会が動くかはわかりませんが、新国立競技場がなくてもラグビーW杯は開催可能かとは思います。一方で、これでラグビーW杯が新国立競技場で開催されないとしても、プレオリンピックを開催するため、新国立競技場建設までの工期が縮まるということは考えられないかと思います。なのでラグビーW杯が新国立を使わなければ、工期を伸ばせるという認識は意味のないことだと理解しておく必要はあるかと思います。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Paston より:

    横浜国際総合競技場の酷使による芝の心配はありますが、収容人数の減少も小幅なので、いつできるか不安な新国立競技場の不使用は悪くない選択肢だと思います。ラグビーワールドカップの国内イメージ向上につながれば、安くはないチケットを国内で販売する上でもプラスになります。
    ついでに「新国立より横浜は収容人数が少ないし、都心から離れているから、チケット売り上げに影響がある」と言って、JSCから2019組織委への赤字補填事前確約額の増額を勝ち取っておくのも悪くないと思います。建設費削減(数百億~千億レベル?)と比べたら小さいでしょと。
    ただ、12会場の選定の経緯を見ても日本のラグビーファミリーは収益よりも、思い入れの方を重視しているようにも見えるので、こんな風にはならないかもしれませんね。

  2. しんのすけ より:

    サッカーファンです。とりあえず、森元総理も白紙に同意されたようで。
    私としては嬉しいのですが、大きな陸上競技場を作るという方針は変わらないようで悲しいです。
    私は前にも書きましたが五輪陸上は日産ですべきと思っています。
    (他の都市でも一部競技が出来るように五輪憲章が変わったからです。)
    新国立は球技場になって欲しいと思っています。

    さて、プレオリンピックのことを書いているので指摘しておきます。

    プレオリンピックは前年に行う必要はありません。そもそもプレオリンピック自体が
    「しなければならない」ものではありません。「してもよい」というものです。
    プレオリンピックは大会運営の為のリハーサル。問題点の洗い出し等の為に行われます。
    あくまで運営側の為の非公式大会です。

    これは五輪憲章に書いてあることです。読みましょう。

    日本ラグビー界にとっては日本チームが勝つことが日本が盛り上がる為の一番の要素です。
    是非とも2015、2019で良い成績を残せるようにがんばって欲しいです。

  3. とくさん より:

    >新国立競技場を抜いた11会場でW杯を行う場合
    例え新国立が使えなくても、東京都が開催自治体なのですから、
    都内にある「味の素スタジアム」を使い、12会場は維持すると思いますよ。

    >埼玉スタジアムでやればという方もいますが、埼玉スタジアムはサッカー専用スタジアムのため、
    >現状ではラグビー用のインゴール部分が足りず、ラグビーでは利用できません。
    でも、同じくサッカー専用である鹿島スタジアムでは、
    トップリーグの試合をやった事があるらしいですし、
    何より今年のイングランド大会では、聖地ウェンブリーを始め、
    いくつものサッカー専用スタジアムが、ラグビーW杯の会場になってますよねえ?
    向こうは緩衝地帯が日本以上に狭いですから、埼スタでもやれない事は無いかと思います。
    収入が入場料にしか頼れない以上、少しでも赤字を減らすには、大きな会場は必要ですし、
    現時点では、6万人超のスタジアムは埼スタと日産スタしか無いのが現実ですからねえ。
    前回の東京五輪ではサッカーに秩父宮を貸したのですから、頼めば多分大丈夫ですよ(笑)。
    障害があるとすれば、暗黙のルールである「1県1会場」の方だと思います。
    東京都の会場がゼロとなり、埼玉県の会場が2つでは、政治方面での調整が難しそう・・・・

    >準々決勝(4試合)
    >横浜国際総合競技場
    >札幌ドーム
    >小笠山総合運動公園エコパスタジアム
    >豊田スタジアム
    >大分スポーツ公園総合競技場
    >合計5会場
    新国立も埼スタも駄目となると、準決・三決・決勝は条件的に日産スタでしか行えないので、
    さすがに準々決勝でも使うのは無理でしょうね(そこまで興行収支を最優先しないでしょうし)。
    それとエコパが計画通りに、陸上界の反発を押し切ってトラックを一時的に撤去し、
    天然芝を拡張するとなれば、決勝トーナメントの試合を持って来ざるを得ないでしょうし、
    収容人数では日産スタに次ぐ規模なので、ここで準々決勝をやるのも妥当かと思います。
    エコパなら東京から新幹線で日帰りできますので(日韓W杯の時は多かったそうです)。
    あと、決勝トーナメントや日本戦に花園が無い(関西会場も無い)のは、
    関西ラグビー界の沽券にも関わりますから、仮設してでも花園は4万人にするでしょうね。

    その一方で、札幌ドームを使うのは何かと大変そう・・・・
    そもそも、あそこは移動式フィールドである為、
    ゴール裏などは埼スタ以上に緩衝地帯が狭く、高さも1.4mほどあるんですよね。
    以前、Jリーグでゴールを決めた選手が、観客に近寄ろうとして転落した事もありました。
    その時は幸い、うまく着地したので大事にはならなかったのですが、
    トライを決めるべくインゴールに突っ込むラグビーでは、大事故に繋がりかねません!!
    それを防ぐには、フィールドを広げる仮設工事が必要になると思いますけど、
    札幌ドームというのは、プロ野球の日本ハムが本拠地にしている場所でもあり、
    9月・10月と言えば、プロ野球はシーズン終盤戦&プレーオフの時期を迎えます。
    北海道の気候を考えると、他の屋外球場を代替会場とするのも困難である為、
    「ラグビーW杯での札幌ドーム使用は9月前半だけ」という要望が、既に出されており、
    その要望を受け入れた場合には、札幌での準々決勝の実施は不可能となりますね。
    まあ、プロ野球を抱える札幌ドームの日程調整は特別にしても、
    札幌・横浜・豊田・神戸・博多・大分・熊本には、Jリーグとの調整があるので、
    この辺を考慮して折衝する必要があるのですが、協会の体質を思うと大いに心配・・・・

    >カテゴリーAに利用できる会場が準々決勝で利用する5会場、
    >カテゴリーBで利用できる会場が釜石を除く10会場となりますので、
    >こちらも問題なく開催できると思います。
    正直な所、釜石の復興スタジアムってどうなんですかねえ?
    もちろん心情的には応援したいですけど、現実的には課題が多すぎる気がして・・・・
    建設費の30億円など、新国立の前には可愛く見えますが(笑)、
    半分を国から補助金で賄うにしても、残る15億円の地元負担ですら、
    震災対応を除いた釜石市の予算の1割弱と聞くと、凄く重いですよねえ?
    しかも、座席の90%以上が仮設席で、建設費の25%がW杯用の仮設工事費だと聞くと、
    何もそこまで無理して、ラグビーW杯の試合会場になる必要も無いと思います。
    ここまでして試合会場になっても、カテゴリーCの基準しか満たさない以上、
    釜石に来るのは、「アメリカvs.ナミビア」や「ウルグアイvs.ジョージア」などですし、
    それだったら建てるにしても、シーウェイブスが試合を出来るくらいのスタジアムで、
    ジャパンの直前合宿地にするというのが、最良の選択だったように思います。
    あの立地アクセスでは、外国人客が現地へ観戦に行くのも大変でしょうし・・・・

    それにしても、開催都市間で争奪戦必至な日本戦4試合は、一体どこになるんでしょう?
    開幕戦に日本が登場するなら、第1戦は必然的に日産スタになるとして、
    観客動員(=入場料収入)を考えれば、あと1試合はここでやりたいでしょうし、
    かと言って、都市間のバランスを考えれば、収益面だけでは決められませんよね。
    関西勢からすれば、「1試合は花園でやるのが当然だ」と考えるでしょうし、
    九州勢からすれば、「3会場もあって日本戦なしは有り得ない」となるでしょうし、
    静岡は無理をしてラグビー用に改修し、札幌は日程問題を抱えながらも立候補し、
    豊田も三大都市圏の名古屋を背負いながら、日韓W杯では落選の屈辱を味わった訳で、
    これらの都市としても、日本戦が来てくれないと困るでしょうね・・・・
    参考までに、日韓W杯のリーグ戦3試合は「埼玉」→「横浜」→「大阪」であり、
    残念ながら、ラグビーW杯では無縁であろう決勝トーナメントは、
    「宮城or神戸」→「大阪or静岡」→「埼玉」→「横浜」でした(宮城で敗戦して終了)。
    こう見ると札幌・鹿島・新潟・大分は、どう進んでも日本戦が無かったんですね。