ラグビーワールドカップ・セブンズ2018の日本代表メンバーと日程

セブンズ

2019年にラグビーのW杯が開催されます。が、その前に2018年7月20日から7人制ラグビーのW杯である、「ラグビーワールドカップ・セブンズ2018」が開催されます。

日本代表は男女ともに、このワールドカップ・セブンズに参加します。ラグビーワールドカップ・セブンズ2018の詳細と、日本代表のメンバーや見どころなどまとめておきます。

スポンサーリンク

ラグビーセブンズW杯日本代表

7月20日(日本時間7月21日)から22日までアメリカのサンフランシスコ(AT&Tパーク)で開催されるラグビーワールドカップ・セブンズ2018。セブンズのW杯は1993年に第1回大会が開催され、以降4年に1度開催されます。今回が7回目となります。

男女ともに開催され、男子は24カ国で、女子は16カ国が参加する大会になります。男女ともに日本代表も参加することになります。

日本代表メンバー

日本代表は男女ともに参加します。すでに参加メンバー(男子13名、女子13名)も決まっています。それぞれのメンバーは以下の通りです。

選手所属
男子
小澤大◎日本ラグビー協会/トヨタ自動車
加納遼大明治安田生命
ジョー・カマナマツダ
坂井克行豊田自動織機
ジョネ・ナイカブラ東芝
ジョセ・セル北海道バーバリアンズ
副島亀里ララボウラティアナラコカ・コーラ
ツポウ テビタパナソニック
橋野皓介キヤノン
林大成日本ラグビー協会
松井千士サントリー
吉澤太一コカ・コーラ
ジョセファ・リリダムNTTドコモ
女子
大黒田裕芽アルカス熊谷
大竹風美子日体大ラグビー部女子
小笹知美北海道バーバリアンズディアナ
桑井亜乃アルカス熊谷
鈴木彩夏RKUラグビー龍ケ崎GRACE
立山由香里日体大ラグビー部女子
田中笑伊日体大ラグビー部女子
谷口令子アルカス熊谷
堤ほの花日体大ラグビー部女子
中村知春◎アルカス熊谷
長田いろはアルカス熊谷
バティヴァカロロ ライチェル 海遥アルカス熊谷
平野優芽日体大ラグビー部女子

※◎はキャプテン。

これらのメンバーで日本代表はセブンズW杯に挑みます。

大会方式

ラグビーセブンズW杯は男子24カ国、女子16カ国で争います。男女別に大会方式を確認しておきます。

男子セブンズ

男子セブンズは全24カ国が参加。参加国は以下となります。

男子参加国
シード
南アフリカ1
フィジー2
ニュージーランド3
イングランド4
アメリカ5
オーストラリア6
アルゼンチン7
スコットランド8
ケニア9
カナダ10
フランス11
ウェールズ12
サモア13
ロシア14
日本15
アイルランド16
チリ17
ウルグアイ18
香港19
ウガンダ20
ジンバブエ21
ジャマイカ22
パプアニューギニア23
トンガ24

参加国はオリンピックや2016/17シーズンの結果などによりシードが決まっています。このうち上位8カ国は自動的に16チームによるラウンド16に進出

9位から24位のチームはまずラウンド16進出をかけてプレラウンド16を1試合戦うことになります。(プレラウンド16は合計8試合) これに勝つと、ラウンド16に進出でき、負けると17位から24位の順位を決めるボウルトーナメントに参加することになります。

ラウンド16はプレラウンド16を勝ち抜いたチームと、上位8カ国が対戦。これに勝利すると、1位から8位を決めるチャンピオンシップに進出でき、負けると9位から16位を決めるチャレンジトーナメントに進出することになります。

まとめると以下のようになります。

女子セブンズ

女子セブンズは16カ国で争います。参加国は以下となります。

男子参加国
シード
ニュージーランド1
オーストラリア2
カナダ3
ロシア4
アメリカ5
フランス6
フィジー 7
イングランド8
アイルランド9
スペイン10
日本11
中国12
南アフリカ13
ブラジル14
パプアニューギニア15
メキシコ16

こちらは16チームがまずラウンド16を1試合行います。これに勝利すると1位〜8位を決めるチャンピオンシップトーナメントへ、負けると9位〜16位を決めるチャレンジトーナメントに進出することになります。まとめると以下となります。

 

試合日程男子(初日)

2日目以降は対戦結果によって変わるので、ひとまず初日分だけ記載しておきます。ラグビーセブンズの男子試合日程は以下となっています。

ゲーム対戦時間(日本時間)
7月21日(土)日本時間
プレラウンド16
M1ケニア – トンガ午前5時1分
M2カナダ – パプアニューギニア午前5時23分
M3フランス – ジャマイカ午前5時45分
M4ウェールズ -ジンバブエ午前6時7分
M5サモア – ウガンダ午前6時29分
M6ロシア – 香港午前6時51分
M7日本 – ウルグアイ午前7時13分
M8アイルランド – チリ午前7時35分
ラウンド16
M9スコットランド – M1の勝者午前11時3分
M10アルゼンチン – M2の勝者午前11時25分
M11オーストラリア – M3の勝者午前11時47分
M12イングランド – M5の勝者午後12時9分
M13ニュージーランド – M6の勝者午後12時31分
M14フィジー – M7の勝者午後12時53分
M15アルゼンチン – M8の勝者午後1時15分
M16南アメリカ – M4の勝者午後1時37分

※時間は日本時間で掲載

男子日本代表は初戦7月21日(土)の午前7時13分にウルグアイ代表と戦います。この試合に勝てばその後1時15分からフィジー代表との対戦になります。(ウルグアイ代表に敗れると、17位から24位を決めるボウルトーナメントに参加。7月22日の午前4時48分からのゲームとなります。)

試合日程女子(初日)

続いて女子代表の日程です。こちらもひとまず初日のみ記載します。

ゲーム対戦時間(日本時間)
7月21日(土)日本時間
ラウンド16
W1フィジー – スペイン午前2時0分
W2フランス – 日本午前2時22分
W3ロシア – 南アフリカ午前2時44分
W4カナダ -ブラジル午前3時6分
W5オーストラリア – パプアニューギニア午前3時28分
W6ニュージーランド – メキシコ午前3時50分
W7イングランド – アイルランド午前4時12分
W8アメリカ – 中国午前4時34分
チャレンジ(9位~16位)1回戦
W9W7の敗者 – W6の敗者午前8時2分
W10W1の敗者 – W5の敗者午前8時24分
W11W2の敗者 – W4の敗者午前8時46分
W12W8の敗者 – W3の敗者午前9時8分
チャンピオンシップ(1位~8位)1回戦
W13W7の勝者 – W6の勝者午前9時30分
W14W1の勝者 – W5の勝者午前9時52分
W15W2の勝者 – W4の勝者午前10時14分
W16W8の勝者 – W3の勝者午前10時36分

女子日本代表は初戦は7月21日の午前2時22分からフランス代表と対戦。勝てば午前10時14分からチャンピオンシップトーナメントへ、敗れると午前8時46分からチャレンジトーナメントに進むことになります。

大会はAbemaTVで生中継

会の様子はネットTVのAbemaTVで生中継されます。無料で見れるので皆さん是非ご覧ください。

コメント