関西大学ラグビーAリーグ2019の展望と日程・結果

大学ラグビー

2019年シーズンの関西大学ラグビーAリーグが8月31日から始まります。今年はラグビーW杯開催のため、変則日程のリーグ戦となります。

スポンサーリンク

関西大学ラグビーAリーグ

関西大学ラグビーAリーグは大学ラグビーの関西1部リーグに該当するリーグで、全8チームが参加しています。参加チーム8校と暫定順位は以下のようになっています。

第5節終了時点

大学勝敗
優勝天理大学7勝0敗
2位同志社大学5勝2敗
3位関西学院大学4勝3敗
4位京都産業大学4勝3敗
5位近畿大学3勝4敗
6位立命館大学2勝5敗
7位摂南大学2勝5敗
8位大阪体育大学1勝6敗

※天理大、同志社大、関西学院大学、京都産業大学の4校が大学選手権出場決定

今季は関西からの大学選手権出場枠は昨年天理大学が大学選手権準優勝となり、大学選手権出場枠が4校となりました。優勝争いもありますが、それ以外にも大学選手権に出場できる上位4校を目指す戦いにも注目です。

関西大学ラグビーAリーグ日程・結果

今年の関西大学ラグビーAリーグの日程は以下の通りとなっています。今年はラグビーW杯開催のため、変則日程での開催です。例年より早く8月〜9月頭に各チーム3試合行い、その後W杯期間はリーグ戦を休止します。W杯終了後の11/4(日)から再開し、残り試合を行います。

今年のシーズン日程は以下の通りとなっています。

対戦日程kick off会場
第1節
摂南大 40-52 同志社大8/31(土)16:00鶴見緑地球技場
大阪体育大 0-68 天理大8/31(土)18:00鶴見緑地球技場
立命館大 31-47 近畿大9/1(日)13:00宝が池球技場
京都産業大 17-28 関西学院大9/1(日)15:00宝が池球技場
第2節
同志社大 49-42 近畿大9/7(土)13:00宝が池球技場
京都産業大 61-10 大阪体育大9/7(土)15:00宝が池球技場
立命館大 43-19 摂南大9/8(日)13:00天理親里競技場
天理大 75-12 関西学院大9/8(日)15:00天理親里競技場
第3節
関西学院大 33-26 立命館大9/14(土)16:00鶴見緑地球技場
近畿大 10-21 京都産業大9/14(土)18:00鶴見緑地球技場
大阪体育大 17-62 同志社大9/15(日)13:00天理親里競技場
天理大 83-7 摂南大9/15(日)15:00天理親里競技場
第4節
立命館大 22-31 大阪体育大11/4(月)12:00鈴鹿サッカー・ラグビー場
摂南大 26-33 京都産業大11/4(月)14:00鈴鹿サッカー・ラグビー場
関西学院大 21-24 同志社大11/4(月)12:00天理親里競技場
天理大 68-13 近畿大11/4(月)14:00天理親里競技場
第5節
近畿大 40-36 大阪体育大11/9(土)12:00花園第二グラウンド
天理大 73-7 立命館大11/9(土)14:00花園第二グラウンド
関西学院大 63-19 摂南大11/10(日)12:00神戸ユニバー記念競技場
同志社大 19-27 京都産業大11/10(日)14:00神戸ユニバー記念競技場
第6節
立命館大 28-14 京都産業大11/17(日)12:00皇子山陸上競技場
同志社大 6-55 天理大11/17(日)14:00皇子山陸上競技場
摂南大 36-5 大阪体育大11/24(日)12:00布引グリーンスタジアム
近畿大 27-17 関西学院大11/24(日)14:00布引グリーンスタジアム
第7節
同志社大 32-17 立命館大11/30(土)12:00西京極陸上競技場
京都産業大 12-50 天理大11/30(土)14:00西京極陸上競技場
大阪体育大 14-42 関西学院大11/30(土)12:00鶴見緑地球技場
近畿大 41-47 摂南大11/30(土)14:00鶴見緑地球技場

今シーズンの展望は?

関西大学Aリーグを見る際には3つの注目ポイントがあります。

  • 優勝争い
  • 大学選手権枠争い
  • 入替戦枠争い

当然ですが、まず気になるのは優勝争いです。各チームともにまず目指すのがこの優勝でしょう。ただ、最初にも書きましたが、優勝争い以外にも大学選手権枠となる4位以内を目指す争いも注目です。5位、6位になると、リーグ戦が終わるとシーズン終了となります。それに対して、4位以内だとリーグ戦後に大学選手権があります。他地域との対戦もできるので、大きな意味を持っています。

また、下位に目を向けると入替戦出場となる7位、8位を避ける戦いにも注目でしょう。入替戦は一発勝負です。負ければBリーグ降格となってしまうので、下位のチームはそれを避けるのも重要になってくるでしょう。

では以下にポイントごとに見ていきたいと思います。

優勝候補は?

2019年シーズンの関西大学ラグビーAリーグの優勝候補は何と言っても天理大でしょう。昨年度は大学選手権準優勝で、4連覇がかかるシーズンになります。

今シーズンは、昨年度の4年生が抜けたものの、バックス陣に好選手が揃っていることや、突破力のある留学生も揃っています。昨年に比べるとまだ仕上がっていない面もありますが、それでも戦力的には関西でも一歩抜き出ている印象です。

一方でその他のチームも打倒天理を目標にしてくることが予想されるので、特にシーズン序盤は試合の入り方をミスしないことが大事になりそうです。

大学選手権をめぐる4位を争いは?

天理大以外では、立命館大、京産大、同志社大、近畿大、関西学院大がしのぎを削ってくると予想されます。

このあたりはお互いの勝敗が複雑になりそうで、同じ勝敗で並ぶチームが増えてくるかと思います。そのため大学選手権争いは最後までどうなるかわからない展開になりそうです。

全体としては天理大が一歩抜き出ている印象で、その後を残りのチームが追いかけるという形になります。

序盤3試合が重要ポイント

また、今シーズンはラグビーワールドカップの影響で序盤に3節を行い、その後約1か月半の中断期間があり、11月に残り4節を行います。大学選手権争いを考えると、この前半3試合が重要になります。また、今季の対戦は春季トーナメントの結果で対戦が決まります。春季トーナメント上位の天理大、京都産業大、同志社大、立命館大はまず下位のチームと対戦。春季トーナメント下位の近畿大、摂南大、関西学院大、大阪体育大は上位との対戦からスタートします。

上位のチームは、前半3試合で取りこぼすと、後半は上位チームとの対戦があります。逆に下位のチームは前半で勝利しておかないと、後半は上位との対戦がなく、直接対戦できなくなります。

前半3試合を全勝すれば、大学選手権に近づいてくるのでこの3試合をどう勝ち切るかが大事になります。

まとめ

年々力をつけてきた関西大学リーグのシーズンがいよいよ始まります。今シーズンも熱いゲームが続くと思いますので皆さんも期待しましょう。

 

コメント