関西大学ラグビー2015リーグ第5節 関西大学vs立命館大学

2015年10月31日(土)、関西大学ラグビー第5節が行われました。この日は神戸ユニバー記念競技場で、関西大学と立命館大学の試合と、関西学院大学と天理大学の試合が行われました。

今回はその中から第一試合、関西大学-立命館大学の試合についてです。

スポンサーリンク
タグレンタル大

関西大学vs立命館大学

この日の第一試合は関西大学と立命館大学との対戦です。

関西大学は今年Aリーグに昇格したチーム。初戦天理大戦ではもう少しで勝利になるかと思われましたが、最後に逆転されて敗戦。その後、同志社大、京産大に敗戦し、3連敗となりますが、前節で関西学院大に勝利し、初勝利を挙げました。ここまで1勝3敗で、まずはこの日の対戦で連勝し、下位から抜け出したいところです。

対する立命館大は、初戦で関西学院大に接戦で食らいつくも、惜しくも敗戦。続く京産大戦は最後同点からロスタイムにPGを決めて劇的な勝利を挙げます。が、その後は同志社大、天理大と連敗し、こちらも1勝3敗。この試合に勝利し、大学選手権出場を目指していきたいところです。

両チームともに1勝3敗ということで、この試合に敗れると入れ替え戦が見えてきてしまいます。なんとか勝利して選手権出場を巡る争いに参戦する形にもっていきたい試合。果たして勝つのはどちらでしょうか。

前半

DSCN7224

前半は立命館大学のキックオフで試合開始です。

キックオフから立命館大がボールキープし、攻めるもノックオン。その後関大がキックし、陣地を返すと、再び立命館大がノックオンで関大ボールのスクラムになります。ハーフウェイライン付近のスクラムから左に展開した関大は左サイド11番→14番と渡して、さらに内側11番に返して一気にゴール前へゲイン。インゴール目前に迫るもタッチに出され、ここは得点できません。

その後、立命館がいったん自陣マイボールラインアウトから蹴りだし、関大が敵陣22m内でラインアウトとなると、ボールキープし、FW中心にフェーズ重ねて攻めます。が、接点でボール奪われ、立命館ボールになると、自陣から右に展開し、キックで敵陣へ。一気に陣地を挽回し、関大が自陣でラインアウトとなります。前半7分、このラインアウトを立命館がスチール。関大のハイタックルがあり、さらに敵陣に入ってラインアウトとすると、関大が今度はオフサイドのペナルティ。中央での反則に対し、立命館大はショットを選択。これをしっかりと決めて、立命館大が先制します。

関西大学0-3立命館大学 前半9分 立命館大学PG成功

その後のキックオフからは立命館が自陣からFWが倒れず前進し、さらにバックス展開もあり、一気に敵陣ゴール前へ。最後はゴール前で3番が左隅にノーホイッスルでトライ!ゴールは外れるも5点を追加し、立命館大が追加点を挙げます。

関西大学0-8立命館大学 前半11分 立命館大学トライ!ゴール不成功

その後の時間もまずは立命館大が敵陣でプレーします。リスタートから関大のハイパントを立命館がキャッチ。そのままグラバー気味に蹴ってタッチへ。関大が自陣ラインアウトとすると、互いに蹴り合い、立命館が再びタッチに出して、関大が自陣22mでのラインアウトに。関大がキックで返したボールをキャッチした立命館大が攻めるもここはオフサイドに。前半18分頃、逆に関大が敵陣入ってのラインアウトとします。

が、このラインアウトで関大にオフサイドがあり、再び立命館が敵陣でラインアウトに。敵陣でフェーズ重ねて攻めるも、パスが乱れたところでノットリリースザボールがあり、関大ボールへ。ここからは関大が敵陣でプレーする時間が長くなります。

前半20分過ぎ、関大は敵陣でのラインアウトから、相手のペナルティがあり、さらに陣地を進めると、22mライン付近でのラインアウトに。ここからモールで押し込み、さらにフェーズ重ねて残り5mまで迫るも、モールパイルアップとなり、立命館ボールのスクラムになります。立命館がいったん蹴りだし、再び関大はハーフウェイライン付近からのラインアウトに。相手ペナルティもあって、再び敵陣22mでのラインアウトとすると、フェーズ重ねて攻める関大。最後は左につなぐもパスがつながらずタッチへ。ラインアウトでスチールした関大でしたが、接点でプレッシャーを受け、ターンオーバーされ、キックで陣地を返されます。

前半30分頃、相手キックから攻め込もうとした関大に対し、立命館大5番がハイタックルでシンビンとなります。関大はラインアウトから相手ノックオンがあり、スクラムに。スクラムから展開し、右サイドでショートパントを使うもダイレクトタッチとなります。が、その後のラインアウトで立命館がノックオン。再びマイボールとした関大ですが、こちらもノックオンがあり相手ボールに。立命館がタッチに蹴りだすと、関大がラインアウトからFWで攻めるもターンオーバー。立命館はキックで陣地を戻しますがタッチに出ず、関大ボールに。関大が再びアタックすると、14番が相手ディフェンスをかわしていき、そのまま中央にトライ!ゴールも決まって、1点差と追い上げます。

関西大学7-8立命館大学 前半37分 関西大学トライ!ゴール成功

その後のキック府からは関大のノックオンがあり、立命館が敵陣深くでマイボールスクラムに。が、このスクラムで関大が押し返してターンオーバー。裏に蹴りだし、陣地を返すと、立命館は自陣でのラインアウトから攻めるもスローフォワードに。ゲームが切れたところで前半終了となります。

関西大学7-8立命館大学 前半終了

後半

DSCN7226

後半は関西大学のキックオフでスタートです。後半先にチャンスを作ったのは関大。敵陣でのスクラムから相手コラプシングがあり、敵陣5mラインアウトとすると、このボールをキープし、FWで攻めるもノットリリースザボール。が、その後立命館のノックオンもあり、再び敵陣でスクラムとなるもここもキックがタッチに出て相手ボールラインアウトになります。

立命館大は自陣でのラインアウトをキープしたいもののこれを関大がスチール。そこから左サイドに展開し、11→15→14とつなぐも、最後はタッチへ。その後再びマイボールラインアウトとした関大はゴール前にせまるも立命館がターンオーバー。自陣からキックで陣地回復するも、関大15番がキックからカウンターで一気にゲイン。その後フェーズを重ねると、立命館大にオーバーザトップのペナルティがあり、関大はショットを選択。3点を加えて、関大が逆転します。

関西大学10-8立命館大学 後半10分 関西大学PG成功

その後のキックオフからはまず立命館が敵陣でラインアウトとなるもここはボールが合わず、関大ボールに。関大がキックで敵陣に返すと、立命館大は14番が左サイドをゲイン。その後もつないでいき、チャンスを作るも最後ノックオン。関大ボールスクラムに変わります。このスクラムから関大はつないでいくもノットリリースザボール。再び敵陣22m内でラインアウトとした立命館大はボールキープし、FWで近場を攻めます。すると関大がオフサイド。立命館は5mスクラムを選択し、スクラムから8番が持ち出してトライ!ゴールは外れるも立命館が再びリードします。

関西大学10-13立命館大学 後半18分 立命館大学トライ!ゴール不成功

リスタートから立命館がタッチに蹴り出し、関大が敵陣でラインアウトへ。ここから攻める関大でしたが、ペナルティがあり、立命館ボールに。立命館は敵陣入ってラインアウトとするも、ここはノットストレート。再び関大ボールのスクラムとなりますが、このスクラムで立命館が押し込んでターンオーバーすると、右サイドに展開し、14番→11番とつないでトライ!ゴールも決まり、立命館が連続トライで点差を広げます。

関西大学10-20立命館大学 後半21分 立命館大学トライ!ゴール成功

点差を離されたくない関大は、ラインアウトから攻め込みたいものの接点でターンオーバーされ、ボール奪われると、その後ハンドで立命館ボールに。立命館大は敵陣22mライン付近でのマイボールラインアウトからフェーズを重ねると右サイドから中央へボール回し、最後は戻しパスを受け取った11番が抜け出してトライ!ゴール成功でさらに突き放します。

関西大学10-27立命館大学 後半28分 立命館大学トライ!ゴール成功

その後も立命館大が自陣からフェーズ重ね、ハーフウェイライン超えてさらに進むもノックオン。関大は時事でのスクラムからボールキープもその後立命館がターンオーバー。フェーズ重ねてからキックしたボールはタッチに出て関大ボールに変わります。このボールを立命館大が奪うも、関大13番の鋭いタックルから立命館大はノットリリースザボールのペナルティ。関大は敵陣でラインアウトとします。ここからは互いに案ストラクチャーからターンオーバーを繰り返します。

まずは立命館が奪って15番が大きくゲインするもそのボールを関大が奪って11番がゲイン。がそのボールを再び立命館が奪うと、11番が抜け出してそのままトライ!ゴール決まって大きくリードを広げます。

関西大学10-32立命館大学 後半35分 立命館大学トライ!ゴール不成功

残り時間わずかとなり、自陣から展開した立命がスローフォワード。関大が敵陣でスクラムとすると、フェーズ重ねて攻め込み、立命館大がペナルティ。さらにペナルティが続いた立命館大に対し、関大はすぐに攻め込み、ゴール前へ。インゴールになだれ込むもここはグラウンディングできず、5mスクラムへ。スクラムから右サイドから中央へとフェーズを重ね、再び右サイドへ。最後はラックから右隅にいた23番にパスし、トライ!最後に関大がトライを奪います。

関西大学17-32立命館大学 後半ロスタイム 関西大学トライ!ゴール成功

このゴールが決まったところで試合終了。結果、立命館大が関西大に勝利しました。

関西大学17-32立命館大学 試合終了

試合を振り返って

この日のゲームは前半から競った展開になり、どちらが勝つかわからない試合となりました。関大はゲームに敗れたものの、チャンスはしっかりと作っていて、勝てるチャンスはあったかと思います。ただ、後半一気にトライを奪われて試合が決まってしまいました。特に後半は接点でボール奪われるケースが多く、ここからピンチを迎える場面が多かったと思います。後半までディフェンスで粘れることができれば、もっと良くなるかと思いました。

対する立命館大は前半は競った試合で、一時逆転を許したもののそこからトライを量産し、相手を突き放して勝利しました。前半途中から後半最初にかけては、相手に攻められる時間も長かったですが、ここで崩れることがなかったのが大きかったと思います。また、接点での強さも試合を有利にした要因かと思います。

まとめ

この試合に勝利した立命館大はこれで2勝3敗に。残りの試合で選手権出場をかけて戦うことになります。対する関西大は1勝4敗に。負けが先行してしまったので、次戦以降は必ず勝利が求められる試合になりそうです。

立命館大は次は11月14日(土)に京都・宝が池球技場で近畿大学と対戦。関西大は同じく11月14日(土)に神戸ユニバー記念競技場で摂南大学との対戦です。残り2節となったので、そろそろ順位も気になる対戦になってきますね。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする