ラグビーW杯観戦ガイドまとめ!必要事項と持ち物、注意事項

W杯

ラグビーW杯が2019年9月20日から2019年11月2日まで日本で開催されます。ラグビーW杯を観戦に行く方も多いでしょう。
通常のラグビーの試合と異なり、ラグビーW杯観戦時の注意事項があります。
そこでラグビーワールドカップの観戦時の必要事項や持ち物、注意事項などまとめていきます。

スポンサーリンク

ラグビーW杯のチケット

当たり前ですが、ラグビーW杯を観戦するにはチケットが必要です。ラグビーW杯のチケットは公式サイトからのみ購入できます。他のサイトで購入したものや、転売サイトなどで購入したものだと入場できません
https://www.rugbyworldcup.com/tickets

ラグビーW杯を見たいという方は必ず公式サイトから申し込みをしてください。購入時にはまずID登録が必要になります。転売サイトやオークションなどで出されているチケットは絶対に買わないようにしましょう。

W杯では入場時に本人確認の場合も

なお、ラグビーW杯ではチケットに購入者の名前が記載されます。購入者およびその同行者は入場時に本人確認が必要になる場合があります。基本的には写真付きの身分証明書を求められる可能性があるので、観戦の際は免許証などの身分証明書を忘れないようにしてください。

ラグビーW杯のチケットを持っていない場合

チケットが売り切れていてW杯を見に行けないという方もいるかもしれません。ただ、まだ諦めるのは早いです。ラグビーW杯ではリセールという仕組みがあります。これは一度購入したチケットを購入者が再度販売していくというものです。

リセールについては試合開始の2日前まで販売されます。逆に言えば、現時点で売り切れている試合のチケットもリセールなどで再度販売されるチャンスがあります。

特に決勝トーナメントになると、応援するチームが敗退してしまうと一斉にリセールが出されて再販売されることがあります。定期的に公式サイトを確認して、チケット購入のチャンスを見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

なお、どうしてもチケットが購入できない場合、ラグビーW杯では公式ファンゾーンが設置されています。こちらは入場無料で入れますので、多くの人と一緒に見たいという方はぜひファンゾーンに行きましょう。

無料で楽しめるラグビーW杯!ファンゾーンの場所と日程まとめ
ラグビーW杯日本大会は2019年9月20日(月)から11月2日(土)まで開催されます。ラグビーワールドカップでは試合会場で試合を見る他にも、ファンゾーン(fan zone)と呼ばれる場所が各地で設置されます。 ファンゾーンは無料でPV...

出発前の確認事項

さて続いて出発前の確認事項です。こちらは通常のラグビーの試合を見にいくのとそれほど変わりません。が、ラグビーW杯の場合、こうした方がいいというのがあるので注意しましょう。特に普段ラグビーの試合を見にいく方はワールドカップだと少し異なる点も多ので気をつけましょう。

出発前の確認事項1 天候の確認

まずは当日の天候の確認です。こちらは通常のラグビーの試合を見にいくのとほとんど変わりません。

ラグビーの場合、屋外でやることが多く、ワールドカップもほとんどのゲームが屋外です。その日、雨が降るのか、天候はどうなるのか、は確認しておいた方が良いです。特に、実際に見にいく地域の天候・気温・風の強さなどは確認した方がいいと思います。

スポンサーリンク

また、会場によって屋根があるスタジアムもありますが、ほとんどが一部で屋根があるだけ、あっても一番前の席だと普通に濡れてしまう場所もあります。天候の中でも特に雨がふるかどうかは確認してください。

また、今回のW杯は9月から11月にかけて試合を行います。昼過ぎから始まるゲーム、夕方から始まる試合、夜の試合など時間も様々です。その日によって暑い、寒いなど大きく気温が変わる可能性が高いので、天候に合わせて、服装も注意してください。よくあるのは試合前、家を出る際は暑いと思っても試合の時には夜で、座って見ていると寒いと感じることも多いです。特に10月以降や夜の試合の場合は、上に羽織れるものがあった方が無難かと思います。

出発前の確認事項2 場所・時間の確認

こちらも通常のゲームとそれほど変わらないですが、場所と時間を確認しておきましょう。

特にラグビーワールドカップはどの試合も混雑が予想されます。通常のラグビーの試合のように直前に行けばいいやと思っていると、キックオフに間に合わない可能性があります。また、会場入りに時間がかかることも予想されます。できれば試合開始2時間前には到着するのを目安にしてもらうといいかと思います。ラグビーW杯の開場時間はキックオフの2時間前となります。全指定席なので、それより早くから並ぶ必要はないですが、2時間前目安が良いかと思います。また、後述しますが、場内には飲食ブースもあり、食事も可能ですが、前もって食事はしておく方が無難でしょう。

出発前の確認事項3 帰りの時間の確認

続いて、ラグビーワールドカップの観戦時には帰りの時間も注意しておきましょう。試合終了後は観戦者が一斉に帰るので、相当混雑します。電車などで最寄りの駅から帰ろうとしても通常よりかなり時間がかかる可能性が高いです。遠征してその日のうちに飛行機や新幹線などで帰ろうとする方は余裕を持って便を選ぶようにしてください。こちらも通常よりプラス2時間くらいは時間がかかると見ておくと良いかと思います。

また、ラグビーW杯だと通常より試合時間が長くなる可能性もあります。前回大会もそうですが、ラグビーW杯ではTMOによる判定が増える傾向があります。通常の試合だと2時間かからないくらいで終わりますが、W杯は2時間以上かかることも想定しておくと良いかと思います。

出発前の確認事項4 持ち物の確認

続いて当たり前ですが、出発前には必要な持ち物を確認しておきましょう。こちらも通常のラグビーの試合とは少し異なるので注意してください。

ラグビーW杯観戦用の持ち物

ラグビーW杯の観戦では必要なものもありますが、どちらからというと不要なものを持っていかない方が大事です。通常のラグビー観戦とは異なるので注意してください。

ラグビーW杯で持ち込み不可のもの

ラグビーW杯では場内に持ち込みできないものがたくさんあります。持ち込み禁止なのは以下のものです。

  • あらゆる種類の武器
  • 飲食物(酒類、ノンアルコール飲料、弁当等も含めて、持ち込み禁止)
  • 缶・ビン、ペットボトル
  • 長傘
  • 大きな手荷物
  • 自撮り棒
  • ドローン
  • 発煙筒
  • 通信機器(トランシーバー、ワイヤレスマイク、Wi-Fi(無線LAN)ルーター等の電波を放出するもの)等

武器など当たり前のものもありますが、注意しないといけないのが、飲食物、ペットボトル、長傘、大きな手荷物、Wi-Fiルーターです。

飲食物は持ち込み不可となります。場内には飲食ブースが設けられていますが、食事ブースはかなり混雑します。なので、場内に入る前に食事はすませておく方が無難かと思います。

※9/23(月)より食べものの持ち込みは許可されました。1人で食べきれる程度の食べものは持ち込み可となります。

飲料についても同様ですが、ビールなどアルコールは場内で売り子を用意するようです。事前の9/6南アフリカ戦ではかなりの人数の売り子が手配されていて、大きな問題はなかったようですが、不安な方はこちらも事前に飲んでからいくのもアリかと思います。また、飲み物については例外として、医療目的の持ち込みについては、試飲の上、認められます。可能であればプラスティック製のものでとなっているので、不安な方はプラスチック製の水筒を準備しておくと良いでしょう。

また、長傘も禁止となっています。雨の場合、長傘を持っていく方もいるかと思いますが、入場時に没収される可能性が高いです。雨の場合は雨ガッパを持っていくようにしましょう。どうしても傘がいい場合は折り畳み傘にしましょう。なお、折り畳み傘でも場内は利用禁止です。行き帰りのみで利用可となります。

その他ではWi-Fiルーターを普段から持ち歩いている方は注意しておきましょう。当日入場の際に没収される可能性があります。また、大きな手荷物も禁止です。特に旅行用のキャリーバッグは確実に持ち込み不可となりますので注意してください。会場には手荷物置き場などもありません。ホテルなど予約している方はホテルに預けるか、駅などのコインロッカーを利用しましょう。(ただし、会場最寄り駅のコインロッカーはすでに利用されている可能性も高いので、別の場所を検討しましょう)

特にラグビーをよく観戦する方は多くの荷物を持っていく方がたくさんいます。通常のラグビー観戦とは大きく異なるので、あらかじめ注意しておきましょう。

手軽な格好で観戦しよう

上記の持ち込み不可のものがあるので、W杯では手軽な格好で観戦にいくのがベストです。カバンも大きいものではなく、ウエストポーチやランニングポーチ、ショルダーカバンなどにすると良いでしょう。

持ち物としてはとにかく最低限を心がけましょう。チケット、帯電話、携帯バッテリー、財布、タオルくらいの最低限の荷物で出かけるようにしましょう。ただし、雨が降りそうな場合はカッパも忘れないよう気をつけてください。

日本代表グッズ

とはいえ、せっかくW杯を見ていくのなら代表グッズを準備したいという方もいるかと思います。日本代表ジャージ(ユニフォーム)やタオルなどは着たり、利用できるものなので是非持っていきましょう。

せっかくのワールドカップなので、対戦国のジャージを着て試合を見ようと思っている方もいるかと思います。その場合も是非ジャージを着て観戦にいきましょう。

自分が見にいく試合のチームのグッズを購入して見にいくとまた違った楽しみ方もできると思いますよ。

会場に着いたら・・・

会場に到着したら是非その場の雰囲気を楽しんで見てください。ラグビーW杯は通常の試合とは異なり、世界中から多くのラグビーファンが集まるイベントです。その雰囲気を味わうためにも早めに会場に到着しておくことをお勧めします。

場内で食事したい場合は早めがオススメ

さて、食事については到着前にすませておく、または試合後にとるのが無難ですが、どうしても場内で食事を楽しみたいという方は、早めに入場しておく方が良いでしょう。ラグビーW杯の開場時間はキックオフの2時間前です。開場直後であれば、飲食ブースもそれほど混雑していません。なので、場内で食事をしたい方は、開場してすぐに場内で飲食ブースで食事するのが良いかと思います。

ビールを楽しむ!

海外ではラグビーを見ながらビールを飲むのが普通です。というよりアホみたいにビールを飲みます。それも試合中もさることながら試合前から飲みます。なので、お酒が好きな方は是非試合前からビールを飲んで楽しんでおきましょう。パブなどがあれば、試合を見にいく海外の方とも仲良くなれるチャンスです。

試合中の注意事項

さて試合中の注意事項ですが、こちらは通常のラグビーの試合とほとんど変わらないと思います。基本的には試合中には自由に観戦してもらったらいいかなとは思うのですが、最低限のマナーもありますので、それは守るようにしましょう。

キック時は静かにすること

観戦時に一番注意したいのがキックの際のマナーです。ペナルティキックやトライ後のキック時には、静かに見守るというのがマナーになっています。ブーイングしたり、大きな声を出したりはしないようにしましょう。

ファンとしては静かに見守るのがマナーです。ボールを蹴る前は、拍手や手拍子などもやめましょう。成功したら拍手するなり、歓声をあげたりしてもらってOKですので、キックの前には静かに見守るようにしましょう。

選手やレフリーへのヤジはやめよう

見てもらったらわかると思いますが、ラグビーを見にいくとけっこうヤジっている人を見かけます。選手へのヤジもそうですが、レフリーに対して文句を言っている人もいます。基本的にはそういうヤジはなしにしましょう。周りの人が良い気持ちにならないですし、言ったところでどうしようもないです。ということで、ヤジはやめるようにしましょう。

スポンサーリンク

良いプレーには拍手を

逆に選手が良いプレーした時には拍手をしてあげるといいかと思います。これは応援しているチーム関係なく、良いキックや良いタックルなどがあれば都度拍手でよいかと思います。というより自然とそうなるかなとも思います。敵味方関係なく、自分が応援しているチームじゃなくても、良いプレーは褒めるというのもラグビーの文化だと思います。

飛んでくるビールに要注意(笑)!

ちなみに、ラグビーを観戦に来る海外の方は、尋常ではないほどビールを飲みます(笑)。試合中もビール片手にラグビー観戦する方が多く、興奮して来るとそのビールがちょっとこぼれて服にかかることもあります。それもふまえて、できれば気軽な形での観戦がベストだと思います。また、地面に荷物を置いておくと上から流れてくるビールでベトベトになるということもあり得ます。それらをふまえて観戦時の持ち物は要注意と思っておくと良いでしょう。

まとめ

というわけこれまでの注意事項などをまとめると以下のようになります。

  • 転売チケットは絶対買わない
  • チケットは随時放出されるので、試合直前まであきらめない
  • チケットがない場合はファンゾーンでも楽しめる
  • 会場へは早めに到着する方が良い
  • 試合終了後は混雑を覚悟しておく
  • 飲食物、長傘、キャリーバッグは持ち込み禁止(プラスティック水筒は例外でOK)
  • 観戦は手軽な荷物がベスト
  • 食事は前もってすませておくor試合後に食べるのが無難
  • ビールを楽しもう!

ラグビーW杯で初めてラグビーを見にいくという方も、これまでラグビーを見たことあるという方も、何度もラグビーの試合を見たことがあるという方も、日本では初めてのラグビーW杯となります。皆さんでラグビワールドカップを楽しんでいきましょう!

 

コメント