トップウェスト開幕戦 大阪府警察vsユニチカ

2015年9月6日(日)、今年のトップウェストAリーグ開幕戦の2試合が名古屋市パロマ瑞穂ラグビー場で開催されました。

今期のトップウェストは昨年から大きく体制が変わっています。まず、昨年度トップウェストAに所属していたホンダヒートがトップリーグに昇格。そのため、トップウェストA在籍チームが、大阪府警察・中部電力・JR西日本の3チームとなりました。

3チームでのリーグ戦は厳しくなるため、下部リーグであるトップウェストBリーグから、ユニチカと三菱自動車京都の2チームがトップウェストAリーグに昇格。5チームでリーグ戦を行う形になりました。

トップウェストAリーグ

トップウェストAのリーグ戦は、1stステージと2ndステージに分かれます。前半は各チーム4試合ずつ行い、順位を決定。上位4チームが2ndステージに進出し、再びリーグ戦を行います。2ndステージが最終順位を決定することになり、2ndステージで1位・2位のチームがトップチャレンジ進出となります。1位になれば自動的にトップリーグチームとの対戦は確実となります。

トップウェストは各チームがトップリーグに昇格したことで、飛び抜け他日力を持ったチームが不在となり、実力的に均衡したリーグとなりそうです。

開幕戦

今年の開幕戦は名古屋市パロマ瑞穂ラグビー場にて2試合が開催されました。

1試合目が中部電力vsJR西日本の対戦、2試合目が大阪府警察vsユニチカの対戦です。

スポンサーリンク
タグレンタル大

大阪府警察vsユニチカ

DSCN7025

第2試合は大阪府警察とユニチカの対戦です。大阪府警察は昨年度トップウェストAリーグ2位、ユニチカは昨年度トップウェストBリーグで1位でした。大阪府警察は昨年度のトップチャレンジでも検討を見せ、ホンダヒートが抜けた今年はトップウェストの優勝候補の一角と考えられています。

この日は雨の中の一戦となりましたが、果たしてどうなったでしょうか。

前半

前半は大阪府警察のキックオフで試合開始です。

序盤、最初にチャンスを掴んだのは大阪府警察でした。ハーフラインからやや敵陣入ったところからラインアウトとした大阪府警察はその後、相手ペナルティでゴール前10mでラインアウトを選択。このチャンスで取り切りたかったものの、ここはノックオンで得点ならず。

その後スクラムで反則があり、タッチに蹴り出したユニチカが大阪府警のラインアウトでターンオーバー。すると自陣から7番が大きく抜け出し、そこから連続攻撃。すると大阪府警察がオフサイドのペナルティを犯し、ユニチカはショットを選択。しかし、このPGは外れ、得点は動きません。

大阪府警察0-0ユニチカ 前半7分 ユニチカPG失敗

最初の得点チャンスを逃したユニチカですが、この後もバックス陣が良いアングルで縦に走り込み、ディフェンスライン抜け出す場面が何度も見られました。PG失敗後のドロップアウトからボールも持った10番が大きくゲインし、ゴール前に迫るもここはノットリリースを取られます。

この後も相手のハイパントがダイレクトになり、ゴール前でラインアウトのチャンスを掴んだユニチカ。モールで押し込み、その後フェーズ重ねるもペナルティとなると、その後も相手ノックオンからスクラム、その後フェーズ重ねるもノックオンと、序盤のチャンスを活かせません。

前半20分頃からは再び大阪府警察の流れになります。相手ペナルティから22mラインアウトとすると、さらにユニチカのオフサイドがあり、ゴール前5mでラインアウトとします。がここでノックオンとなり、このチャンスは生かせず。その後も敵陣でのラインアウトやスクラムからのプレーが続くも、最後はノックオンやペナルティで得点にはつながらず、前半30分が過ぎていきます。

前半32分頃、大阪府警がハーフウェーライン付近のスクラムからフェーズ重ねて12番がゲイン。その後前方にキックし、インゴール付近で抑えたかに見えましたが、判定はノックオン。ここはノートライも、その後相手キックからのカウンターで10番がステップで抜いて大きくゲイン。ゴール前で今度はFWが押し込みトライ!ゴールは外れるも大阪府警察が先制します。

大阪府警察5-0ユニチカ 前半34分 大阪府警察トライ!ゴール失敗

その後の時間も大阪府警察の時間に。センタースクラムからユニチカのオフサイドで敵陣22mライン付近でのラインアウトとするとモールで押し込み、コラプシング誘うと、再びゴール前でラインアウトを選択。が、ここはノックオンとなりチャンスを逃します。その後も相手キックからラインアウトとなるも大阪府警察はノットストレートで活かせず。結局このまま前半が終了します。

大阪府警察5-0ユニチカ 前半終了

後半

後半はユニチカのキックオフでスタートです。

キックオフからは互いにキックの応酬で、ユニチカがハーフライン付近でのマイボールラインアウトとします。ボールキープしたユニチカは11番が大きくゲイン。しかしその後乱れてオフサイドとなり、ここは得点には至らず。

その後今度は逆に大阪府警が自陣からラインブレイクし、その後ユニチカのオフサイドでゴール前でのラインアウトとします。ここからFWで押し込み、連続攻撃をするもノックオン。いったんチャンスを逃すも、再び大阪府警がゴール前でマイボールラインアウトとすると、ラインアウトから展開し、10番が右サイドへロングパス。これをワンバウンドでキャッチした14番がトライ!ゴールも決まり、点差を12点に広げます。

大阪府警察12-0ユニチカ 後半10分 大阪府警察トライ!ゴール成功

その後もユニチカのオフサイドで敵陣22mラインアウトとした大阪府警察、ここからモールで押し込もうとするも、ここはアクシデンタルオフサイドで相手ボールに。

ユニチカは自陣でのスクラムから10番がラインブレイクし、大きくゲイン。さらに前方へキックし、このボールは大阪府警が戻って何とかタッチに蹴り出します。このラインアウトをユニチカがクイックで入れると、ディフェンス戻っていなかった隙に23番が中央に回り込んでトライ!ゴールも決まり、5点差に追い上げます。

大阪府警察12-7ユニチカ 後半16分 ユニチカトライ!ゴール成功

が、この後は大阪府警察の流れに。ユニチカのペナルティから大阪府警察は敵陣入ったところでのラインアウトとすると、そのからユニチカは、ハンド、オフサイドとペナルティが続き、大阪府警察はゴール前5mラインアウトとします。

大阪府警察はこのチャンスでボールキープし、そのままモールを押し込んでトライ!ゴールも決まり、19-7とリードを広げます。

大阪府警察19-7ユニチカ 後半22分 大阪府警察トライ!ゴール成功

その後も大阪府警察が畳み込むように得点を重ねます。相手ボールをターンオーバーすると、キックで前方へ。ユニチカはタッチに出し、大阪府警察は敵陣22m内でのラインアウトとなります。このラインアウトではいったん相手ボールとなるも接点で絡んで、相手ハンドとなると、そこからクイック。大きく左に展開すると、12番が相手ディフェンス交わしてトライ!ゴールは外れ、24-7とします。

大阪府警察24-7ユニチカ 後半27分 大阪府警察トライ!ゴール失敗

この後はユニチカがチャンスを作ります。後半30分頃、フェーズを重ねて敵陣へと攻め込むと、大阪府警察のペナルティで5mラインアウトとします。ボールキープし、FWで攻めるもターンオーバーされ、ここは得点には至りません。その後も敵陣でのスクラムから相手コラプシングでクイックで攻めるユニチカ。ボール展開し、インゴールにキックも大阪府警察に抑えられて、得点にはつながりません。

逆に試合終了間際にユニチカのペナルティからゴール前でラインアウトとした大阪府警察がモールでトライを奪います。

大阪府警察31-7ユニチカ 後半39分 大阪府警察トライ!ゴール成功

その後、最後自陣から攻め込むユニチカでしたが、結局得点には至らず、このまま試合終了。大阪府警察がユニチカに勝利しました。

大阪府警察31-7ユニチカ 試合終了

試合を振り返って

この試合、大阪府警察に対してユニチカがどれくらい食らいつくかがポイントかと思っていましたが、後半途中まではかなり良く我慢した試合になったかと思います。

ユニチカは、チャンスがなかったわけではなく、バックス陣やバックロー中心に、縦に走りこむ、ステップで交わすなどラインブレイクする場面が目立ち、ゴール前に迫る場面も多々見られました。後半にはそこからトライに結び付ける場面もあり、一時5点差まで迫る形になりました。が、そこからは規律が乱れ、ペナルティが増えてしまった印象です。そこから相手に得点を重ねられてしまったため、最後は力尽きたという感じがしました。このあたりは今後の課題でしょう。

逆に大阪府警察も序盤から初戦ということと滑りやすい天候ということもあってミスが多く、セットプレーも乱れる場面が多かったので、中々トライまで結びつかない時間が長かったと思います。とはいうものの後半はやや改善された印象もあり、最後はラインアウトモールで2トライ奪ったように、取り切る場面でしっかり取り切った後半になったかと思います。

最後に

この日の2試合を見ると、改めて今年のトップウェストは大きな差がないと感じた2試合となりました。最終的な勝負は2ndステージに入ってからになるかとは思いますが、いずれにしても面白いリーグとなりそうですね。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする