トップリーグは最終節を残すのみ!気になる順位と今後の行方は?

2017/2018シーズンのトップリーグのリーグ戦も残り1節となりました。リーグ戦最終戦を終えると、順位トーナメント決定戦(1-4位決定戦は日本選手権兼順位決定トーナメント)に入ります。

ここまでの順位を確認するとともに、最終戦での順位の行方、さらには今後の行方も考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
タグレンタル大

第12節を終えての順位

それではまず第12節を終えて、最終節を残すのみとなった、トップリーグの順位をそれぞれのカンファレンスごとにみておきます。

レッドカンファレンスの順位

順位 チーム 勝ち点 試合 得失点差
1 サントリー 51 12 1 1 0 266
2 トヨタ自動車 42 12 9 3 0 100
3 東芝 38 12 8 4 0 57
4 神戸製鋼 36 12 7 4 1 62
5 NTTコム 30 12 6 5 1 39
6 クボタ 22 12 5 7 0 -102
7 NTTドコモ 22 12 5 7 0 -114
8 近鉄 13 12 3 9 0 -168

レッドカンファレンスは最終戦を前に1位のサントリー、5位のNTTコム、8位の近鉄の順位が決まりました。

ホワイトカンファレンスの順位

順位 チーム 勝ち点 試合 得失点差
1 パナソニック 59 12 12 0 0 413
2 ヤマハ発動機 46 12 9 3 0 233
3 リコー 39 12 8 4 0 59
4 NEC 25 12 6 6 0 -70
5 キヤノン 20 12 4 8 0 -137
6 豊田自動織機 7 12 1 11 0 -116
7 宗像サニックス 7 12 1 11 0 -185
8 コカ・コーラ 3 12 0 12 0 -337

ホワイトカンファレンスは最終戦を前に1位から3位の上位3チームの順位が決まりました。

1位がパナソニック、2位がヤマハ、3位がリコーとなります。

順位決定トーナメント

この後は最終節を残すのみとなります。最終節が終わると、その後は順位決定トーナメントとなります。順位決定トーナメントの日程は以下となっています。

<第1節(1/6)>

第1節(1/6) 場所 Kick off
1位-4位決定戦兼日本選手権
レッド2位 – パナソニック ヤンマースタジアム 14:00
サントリー – ヤマハ発動機 ヤンマースタジアム 16:00
5位-8位決定戦
レッド4位 – リコー 秩父宮ラグビー場 11:30

レッド3位 – ホワイト3位

秩父宮ラグビー場 14:00
9位-12位決定戦
レッド6位 – ホワイト5位 ミクスタ北九州 11:30
NTTコム – ホワイト6位 ミクスタ北九州 14:00
13位-16位決定戦
近鉄 – ホワイト7位 パロマ瑞穂ラグビー場 12:00
レッド7位 – ホワイト8位 パロマ瑞穂ラグビー場 14:30

<第2節(1/13-1/14)>

第2節 場所 Kick off
3位-4位決定戦兼日本選手権(1/13)
未定 秩父宮ラグビー場 11:30
1位-2位決定戦兼日本選手権(1/13)
未定 秩父宮ラグビー場 14:15
7位-8位決定戦(1/14)
未定 秩父宮ラグビー場 11:30
5位-6位決定戦(1/14)

未定

秩父宮ラグビー場 14:00
11位-12位決定戦(1/14)
未定 パロマ瑞穂ラグビー場 11:30
9位-10位決定戦(1/14)
未定 パロマ瑞穂ラグビー場 14:00
15位-16位決定戦(1/13)
未定 ヤンマースタジアム 11:30
13位-14位決定戦(1/13)
未定 ヤンマースタジアム 14:00

順位決定戦のポイントは?

順位決定戦は、今シーズンの順位を決める最後のトーナメントです。今シーズンは2カンファレンスに分かれてのリーグ戦を行ったので、このトーナメントで最終順位を決めます。

1番の注目は日本選手権も兼ねて行われる1位-4位決定戦でしょう。ここで2試合に連勝することで今シーズンのトップリーグ優勝が決まります。初戦は1/6(土)にヤンマースタジアムで、最後の優勝決定戦は、1/13(土)に秩父宮ラグビー場で行われます。

また、トップリーグでは最下位のチームは下部リーグであるトップチャレンジリーグに降格となります。また、13位-15位のチームも入れ替え戦に挑むことになります。そのため、13位-16位決定戦は来期もトップリーグに残るための大事な順位決定戦になります。初戦は1/6(土)にパロマ瑞穂ラグビー場、第2節は1/13(土)にヤンマースタジアムで行われます。

逆に言えば、リーグ戦ではこの1-4位決定戦に進めるかどうか、つまりリーグ戦で各カンファレンス2位以内に入れるかどうかと、13位-16位決定戦を回避できるかどうか、つまりリーグで各カンファレンスで6位以内を死守できるかどうかが大きなポイントになります。

リーグ戦最終節の対戦は?

それでは最終戦はどのチーム同士が対戦するか見ていきましょう。最終戦は全て12月24日(日)の開催となります。

レッドカンファレンス最終節の対戦相手

まずはレッドカンファレンスからです。

順位 チーム 勝ち点 最終戦対戦相手 場所 キックオフ その他
1 サントリー 51 東芝 味の素スタジアム 13:00 すでに1位通過決定済み
2 トヨタ自動車 42 神戸製鋼 パロマ瑞穂ラグビー場 14:00 勝ち点2以上で2位以上確定
3 東芝 38 サントリー 味の素スタジアム 13:00 2位には勝ち点4以上が絶対条件
4 神戸製鋼 36 トヨタ自動車 パロマ瑞穂ラグビー場 14:00 3位or4位が確定済み
5 NTTコム 30 クボタ フクダ電子アリーナ 13:00 5位決定済み
6 クボタ 22 NTTコム フクダ電子アリーナ 13:00 勝ち点次第で7位に
7 NTTドコモ 22 NEC 秩父宮ラグビー場 11:30 勝ち点次第で7位に
8 近鉄 13 12 パロマ瑞穂ラグビー場 11:30 8位決定済み

こちらは、特に2位争いと、6-7位争いが熾烈です。2位を狙うのはトヨタ自動車と東芝の2チーム。トヨタ自動車は最終節で勝ち点2以上を取れば自力で2位を決めることができます。引き分けか勝ちなら2位確定となります。対する東芝は、最低でも勝ち点4が必要で、得失点差を考えるとできれば勝ち点5をとってトヨタ自動車の結果待ちとなります。

トヨタ自動車は神戸製鋼との対戦、東芝はサントリーとの対戦となり、どちらも強豪相手なので最後まで気の抜けないゲームとなりそうです。

また、6-7位争いは、クボタとNTTドコモが争います。現在どちらも勝ち点22さらに得失点差も8しかないのでほぼ差がないと言っていいでしょう。入れ替え戦、降格を避けるためには、まずは最終節で勝ち点を積み上げていき、さらに得失点でも有利に立ちたいゲームです。クボタはNTTコム、ドコモはNECとの対戦になります。こちらも簡単には勝てない相手だけに熱いゲームが期待できそうです。

ホワイトカンファレンス最終節の対戦相手

続いてホワイトカンファレンスです。

順位 チーム 勝ち点 最終戦対戦相手 場所 キックオフ その他
1 パナソニック 59 ヤマハ発動機 ヤマハスタジアム 13:00 1位決定済み
2 ヤマハ発動機 46 パナソニック ヤマハスタジアム 13:00 2位決定済み
3 リコー 39 キヤノン 秩父宮ラグビー場 14:00 3位決定済み
4 NEC 25 NTTドコモ 秩父宮ラグビー場 11:30 勝ち点1以上で4位確定
5 キヤノン 20 リコー 秩父宮ラグビー場 14:00 勝ち点5で4位になる可能性あり
6 豊田自動織機 7 宗像サニックス ミクスタ北九州 13:00 勝てば6位
7 宗像サニックス 7 豊田自動織機 ミクスタ北九州 13:00 勝てば6位
8 コカ・コーラ 3 近鉄 パロマ瑞穂ラグビー場 11:30 勝てば7位になる可能性あり

こちらは上位3チームはすでに順位確定済みです。注目は下位争いでしょう。特に6位-7位争いは現在6位の豊田自動織機と、現在7位の宗像サニックスが直接対決となります。勝てば自動降格、入れ替え戦を避けられるのでどちらのチームにとっても大事なゲームとなるでしょう。

最後に

以上、トップリーグ最終節を迎えた現状の順位と今後についてまとめました。特に最終節の結果次第で優勝をかけたトーナメントにいけるかどうか、入れ替え戦、自動降格となってしまう下位トーナメントにいくかは大きな分かれ目となります。各チームで状況が違いますが、最後のリーグ戦なので、注目ゲームも多いので是非楽しみにしていてください。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする