トップリーグ2016/2017開幕戦全8試合の見どころは?その1

今年のラグビー日本最高峰のリーグであるトップリーグがいよいよ8月26日(金)から開幕します。

今年は、全16チームがリーグ戦で各15試合総当たりでの対戦を行い、順位を決定。昨年までのトーナメント戦は行わず、リーグ戦の結果がそのまま今年の順位となります。そのため、開幕戦で勢いをつけていくことで、好順位となることも可能です。

また、開幕戦は好カードも組まれており、どの試合も注目のゲームとなります。そこで、開幕戦の全8試合の見どころを試合別に見ていきたいと思います。

なお今回はパナソニック-ヤマハ発動機、サントリー-近鉄、リコー-NEC、東芝-クボタの4試合の見どころとなります。

スポンサーリンク
タグレンタル大

開幕戦の対戦カードは?

開幕戦はナイター(一部夕方から)での開催となります。開催日は8月26日(金)と8月27日(土)の2日間。26日(金)は19:30から東京と大阪でそれぞれ1試合ずつ2試合が行われます。27日(土)は東京・名古屋・神戸・熊本の4つのスタジアムで合計6試合が開催されます。開幕戦の一覧は以下となっています。

日付 時間 対戦 場所
8/26(金) 19:30 パナソニック-ヤマハ発動機 秩父宮ラグビー場
8/26(金) 19:30 サントリー-近鉄 ヤンマースタジアム
8/27(土) 16:30 リコー-NEC 秩父宮ラグビー場
8/27(土) 19:00 東芝-クボタ 秩父宮ラグビー場
8/27(土) 16:30 Honda-サニックス パロマ瑞穂ラグビー場
8/27(土) 19:00 トヨタ自動車-豊田自動織機 パロマ瑞穂ラグビー場
8/27(土) 17:00 神戸製鋼-NTTコム 神戸ユニバー記念競技場
8/27(土) 19:00 コカ・コーラ-キヤノン うまかな・よかなスタジアム

上記の8試合が行われます。それでは各試合ごとに見どころを確認していきましょう。

開幕戦の見どころその2はこちら

トップリーグ2016/2017開幕戦全8試合の見どころは?その2
今年のラグビー日本最高峰のリーグであるトップリーグがいよいよ8月26日(金)から開幕します。 今年は、全16チームがリーグ戦で各15試合総当たりでの対戦を...

パナソニックワイルドナイツ-ヤマハ発動機ジュビロ

まず、開幕戦秩父宮ラグビー場に登場するのはパナソニックワイルドナイツとヤマハ発動機ジュビロの2チームです。

パナソニックワイルドナイツは昨年度王者であり、現在3連覇中。今年も4連覇を狙う優勝候補最有力チームです。対するヤマハ発動機ジュビロは昨年トップリーグ3位。一昨年には日本選手権優勝を果たすなど、ここ数年で十分優勝を狙えるチームへと進化してきました。

開幕戦の中でも最も注目のゲームと言っていいでしょう。

パナソニックは、元々日本代表選手が多く在籍しています。サンウルブズ主将だったHO堀江選手、SH田中選手、PR稲垣選手など各ポジションに良い選手が揃っています。さらに司令塔のSOベリック・バーンズ選手が今年も在籍。今季からはさらに、WTB藤田選手と福岡選手の大学生2人が加入。新人選手では他にもHO坂手選手LO/FL長谷川選手、PR渡邊選手などこちらも大学トップクラスの選手が加入しています。FL加えてオーストラリア代表のデービッド・ポーコック選手やWTBナイヤラボロ選手等世界トップクラスの外国人選手も加入決定と戦力は全16チーム中ダントツとなっています。さらには、筑波大学在学中の山沢選手も加わり、2チームは作れるのではないかという戦力になっています。各試合ごとに誰が先発するかも注目となりそうです。

対するヤマハ発動機ジュビロは、チームの要であったFB五郎丸選手がフランス・トゥーロンに移籍したため、今季は不在。これまでキッカーであり要であった五郎丸選手がいなくなったことがどう影響するかが懸念されます。そのFBでは南アフリカ出身の新外国人のファンデンヒーハー選手が加入し、活躍が期待されます。ただ、その他では昨年からのメンバーが揃っており、強いFW陣と矢富・太田尾両選手のハーフバック団による組み立てで安定した戦いができると思います。

ゲームとしてはパナソニック有利と思いますが、パナソニックは代表選手やスーパーラグビーなどで活躍していた選手が多く、合流時期が遅れている選手が多くいます。各選手同士の連携が気になるところです。また、ヤマハと比べた際にヤマハ発動機の方がスクラムは有利に組むことができると思います。夏の暑い時期での試合なので、ハンドリングエラーも増えることが予想され、スクラムでヤマハが圧倒し、ゴール前でのモールでトライを奪っていく展開にもっていけば、ヤマハのペースの試合となるでしょう。ヤマハは五郎丸選手不在となる中でキックでしっかり得点を重ねられるかも注目となります。

<注目選手>

ポジション 選手 備考
パナソニックワイルドナイツ
HO 堀江 翔太 日本代表・サンウルブズ主将
WTB ナイヤラボロ 豪州代表
SO ベリック・バーンズ 元豪州代表
ヤマハ発動機ジュビロ
SH 矢富 勇毅 日本代表・サンウルブズ
FL 三村 勇飛丸 主将
NO8 堀江 恭佑 日本代表

サントリーサンゴリアス-近鉄ライナーズ

続いては開幕戦8/26(金)開催のもう1試合、サントリーサンゴリアス-近鉄ライナーズの対戦です。

サントリーサンゴリアスは昨年度はまさかの9位となりました。日本代表選手を多く揃えながらも下位に沈み、今年は巻き返しのシーズンとなります。今季の注目はなんといってもジョージ・スミス選手の復帰でしょう。元豪州代表111キャップを保持し、トップリーグでも2度のMVPにも輝いており、経験をチームに還元できる選手です。また、サンウルブズでも活躍したCTBデレックカーペンター選手も合流。新チームのキャプテンは2年目のSH流選手を抜擢するなど新しいチームになろうとしています。

その一方で、PR畠山選手、前キャプテンであるLO真壁選手、CTB/FB/WTBの松島選手など日本代表選手も健在で、今年は再び頂点を目指すチームとなっています。

対する近鉄ライナーズは、昨年度7位。今年はヘッドコーチが坪井監督に変わり、さらに上位を目指すシーズンとなります。昨年チームを引っ張ったスピース選手が退団。代わりにチームに加入したのは長身LOのマイケル・ストーバーク選手、FL/NO8ジーン・クック選手、さらにはCTBとしてアンソニー・ファインガ選手と新メンバーも加入しました。また新人選手として東海大のSO野口選手も加入。こちらも注目選手の1人です。

チームとしては経験豊富なベテラン選手が多く、それに加えてここ数年で若手選手も実力をつけてきたチームとなっています。

昨年度は接戦の末、近鉄ライナーズが25-19で勝利した試合。トップリーグ発足以来初めて近鉄がサントリーに勝利した試合となりました。結果的にはこの試合の勝敗が上位と下位を決める試合となりました。サントリーとしては昨年のリベンジマッチとなる試合で初戦だけに負けられない試合。逆に近鉄としては開幕戦でサントリーに勝利して勢いに乗っていきたい試合となるでしょう。

近鉄は接点で相手アタックリズムを遅らせ、そこからターンオーバして自分たちのペースに持っていきたいところ。また、スクラムでもプレッシャーをかけていけば今年も勝機はあると思います。逆にサントリーとしては序盤からリズム良くアタックを仕掛けていき、早めに得点を重ねていきたい試合となるでしょう。サントリー有利と思われますが、近鉄が相手アタックを封じ込め、接戦に持ち込めばチャンスが出てくる試合となりそうです。

<注目選手>

ポジション 選手 備考
サントリーサンゴリアス
FL ジョージ・スミス 元豪州代表
CTB 松島幸太郎 日本代表
SH 流 大 主将
近鉄ライナーズ
PR
豊田 大樹
主将
LO トンプソン ルーク 元日本代表
SO 野口 大輔

リコーブラックラムズ-NECグリーンロケッツ

続いては開幕戦8/27(土)に秩父宮で行われる、リコーブラックラムズ-NECグリーンロケッツの対戦です。

リコーブラックラムズは昨年度トップリーグ13位。下位に沈み、入れ替え戦を勝って残留を決めました。昨年度はバーナード・フォーリー選手(豪州代表)がいましたが今年は退団。毎年、海外から有力選手を獲得することが多いリコーですが、今年は大物選手の入団はなく、昨年度のメンバーが中心となります。とはいえ、SOコリン・ボーグ選手、ユーティリティーBKのティム・ナナイ・ウィリアムズ選手など元々力のある選手が揃っており、実力は決して劣っていないチームです。

対するNECグリーンロケッツは昨年度は15位と過去最低の成績に終わってしまったNEC。今季から新しくピーター・ラッセルHCが就任し、新チームとなり上位を目指すシーズンとなります。

チームはサンウルブズでハーフバック団を担ったSH茂野選手とSO田村選手が組み立て、FW陣が攻守に体を張っていけば上位進出は十分可能なチームです。他にも主将であるPR滝澤選手、こちらもサンウルブズで活躍したFL細田選手、さらにリオ五輪ではセブンズ代表の得点源となっていたWTB後藤輝也選手など注目の日本人選手も多く、今年は再び上位進出を目指すシーズンとなりそうです。

この対戦はどちらが勝つか予想しずらいゲームではありますが、先に得点を重ねたチームが勢いに乗って勝つ展開となりそうです。リコーとしては快足バックス陣に展開してトライを重ねていきたい試合。逆にNECはまずはしっかりディフェンスで相手の出足を止めてからしっかり敵陣でプレーを重ねて得点していきたいところです。どちらが勝つかは予想しにくいですが、リズムに乗った側が意外に大差を付けてしまう試合にもなりそうな気がしています。

<注目選手>

ポジション 選手 備考
リコーブラックラムズ
FL マイケル・ブロードハースト 日本代表
LO 馬淵 武史 主将
BK ティム・ナナイ・ウィリアムズ サモア代表
NECグリーンロケッツ
SH

茂野 海人

日本代表 サンウルブズ
SO 田村 優 日本代表 サンウルブズ
WTB 後藤 輝也 セブンズ日本代表

東芝ブレイブルーパスークボタスピアーズ

続いては8/27(土)開催の秩父宮のゲームの2試合目、東芝ブレイブルーパスとクボタスピアーズの対戦です。

東芝ブレイブルーパスは昨年度トップリーグ2位。決勝では最後のワンプレーでトライを奪い、パナソニック相手に1点差まで詰め寄るもその後のコンバージョンが外れ、惜しくも優勝ならず。ただ、ディフェンス面で大きく成長したシーズンとなりました。

チームは代表経験者も多く、今年もパナソニックに次ぐ優勝候補でしょう。特にFW陣は日本代表経験者やサンウルブズでの活躍している選手が多く、世界とフィジカルでぶつかり合いを経験している選手が豊富です。もちろん、日本代表主将でもあり、チーフスの主力でもあるリーチ マイケル選手もいます。今年はさらにFBにバンワイク選手、さらには元オールブラックスのWTBコーリー・ジェーン選手も加入が決定し、BK陣も強化が進んでいます。

対するクボタは昨年度トップリーグ12位と下位に沈んだチーム。ただし、今シーズン最も注目のチームの1つと言っていいでしょう。新しくフラン・ルディケ ヘッドコーチが就任し、さらに補強を加速。新加入選手として日本代表経験のあるジャスティンアイブス選手、今年スーパーラグビーで決勝まで進んだライオンズのヤコ・クリエル選手、さらにセブンズ日本代表のトゥキリ選手を獲得、新人選手でも流経大出身の合谷選手(セブンズ日本代表)を獲得する等このオフで最も目立った補強をしたチームでした。元々、日本代表、サンウルブズでも活躍中の立川理道選手(今季からキャプテンに就任)やSH井上選手(日本代表 サンウルブズ)など実力ある選手も多く、今シーズンの躍進が楽しみなチームです。

この対戦、順当にいけば東芝が勝利すると思われます。が、大きくチームが変わり始めているクボタ相手だけに簡単にはいかないゲームとなりそうです。スーパーラグビーやリオ五輪等で主力選手が揃うのが遅れている東芝だけに、シーズン前半は多くの選手を試しながらの試合となりそうです。ただ、代表選手以外にも強力な選手が多いので、やはり東芝有利は変わらないでしょう。クボタとしてはまずはブレイクダウンで相手をしっかり止めていきたいところ。一昨年には東芝に28-26で勝利したこともあり、まずは相手にBDで押し込まれずに耐えることが求められるでしょう。

<注目選手>

ポジション 選手 備考
東芝ブレイブルーパス
LO 小瀧 尚弘 日本代表 サンウルブズ
NO8 リーチ マイケル 日本代表
FB コンラッド・バンワイク 新加入
クボタスピアーズ
SO/CTB

立川 理道

日本代表 サンウルブズ
NO8 ヤコ・クリエル 南アフリカ代表
CTB トゥキリ ロテ セブンズ日本代表

まとめ

いよいよ開幕まであとわずかとなりました。開幕戦は全15試合の内の1試合ではありますが、ここで今シーズン波に乗っていけるかどうかが決まります。また、面白いカードも組み込まれており、是非皆さんも会場でゲームをご覧いただければと思います。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする