大阪府高校ラグビー決勝2016 東海大仰星-大阪朝高

2016年11月13日(日)、第96回全国高校ラグビー大会大阪府予選の決勝が行われました。この決勝に勝てば年末年始に花園ラグビー場で開催される全国高校ラグビー大会に出場となります。大阪府からは花園出場は3校となっていますので、この大阪府予選も3つの地区に分けて行います。各地区の優勝校が花園出場を決める形となります。

すでに準決勝までは終わっており、決勝は以下の対戦となっています。

対戦カード 時間
第1地区 東海大仰星-大阪朝高 11:00
第2地区 常翔学園-早稲田摂陵 12:30
第3地区 大阪桐蔭-大産大附属 14:00

前年度花園出場校である東海大仰星・常翔学園・大阪桐蔭に対して、大阪朝高・早稲田摂陵・大産大付属の3校が挑む構造となりました。

今回は第1地区の決勝である、東海大仰星-大阪朝高の試合についてです。

スポンサーリンク
タグレンタル大

第1地区決勝 東海大仰星-大阪朝高

第1地区の決勝は東海大仰星と大阪朝高の対戦です。

東海大仰星は昨年度花園優勝校で、春の選抜・夏の7人制大会とともに全国3冠を達成したチーム。今年度も春は選抜で全国ベスト4に進出。今年も全国上位のチームとなりそうです。今回の大阪府予選では高津高校相手に84-0、日新高校相手に68-5と快勝し、決勝進出を決めました。勝てば4年連続で花園出場となります。

対する大阪朝高は、こちらも花園出場経験豊富な伝統校。今シーズンは全国大会の経験はないものの、春から比べると大きく力を伸ばしてきているチームです。今回の大阪府予選では、都島工業相手に78-0、摂津高校相手に57-10と危なげなく勝利して、決勝に進出。勝てば2年ぶりとなる花園出場を目指します。

前半

前半は大阪朝高のキックオフで試合開始です。

キックオフからは両チームともにダイレクトタッチが続くなど、やや緊張からかミスが出てしまった立ち上がり。そこからはキックでの陣地の取り合いとなりますが、徐々に東海大仰星が敵陣でプレーする時間が増えていきます。

東海大仰星は前半6分頃、相手ペナルティから敵陣ゴール前でラインアウトのチャンス。まずモール押し込み、その後ラックから中央に持ち込んでいくも、ノックオン。その後も東海大仰星が敵陣でボール継続して攻めるも、大阪朝高が、鋭くタックルにいき、相手を押し込む場面も目立ちます。結局最後は、ラックで大阪朝高が乗り越えて、東海大仰星のハンドを誘い、ピンチを脱出します。

逆に前半11分頃からは大阪朝高が敵陣へ。敵陣入って攻め込み、ラックからリモールを作るなどゴール前あとわずかまで迫るも、東海大仰星がターンオーバー。こちらも得点には至らず、前半15分が過ぎます。

東海大仰星はその後自陣での相手ボールラインアウトをスチールして、敵陣深く入ると、相手反則からタッチに蹴り出してラインアウトを選択もノットストレート。陣地を戻されて、その後もボール保持していくも相手ディフェンスに阻まれ、最後ノットリリースザボール。今度は大阪朝高に流れが移ります。

前半20分頃、大阪朝高は敵陣入ってラインアウトから攻撃。相手ノックオンがあり、スクラムから攻めるもこちらもノックオン。お互いに得点はいらないまま、前半残りわずかとなります。

試合が動いたのは前半最後。大阪朝高がハーフウェイライン付近でスクラムから攻撃。裏にキックしたボールを東海大仰星がタッチに蹴り出すもダイレクトタッチに。大阪朝高は敵陣22mラインでのラインアウトからモール。その後、相手ペナルティでアドバンテージもらってから大阪朝高がハイパント。これを東海大仰星がノックオンオフサイドのペナルティで大阪朝高がゴール中央からPGを選択します。これをしっかりと決めて、大阪朝高が前半最後に3点を先制します。

前半29分 東海大仰星 0-3 大阪朝高 大阪朝高、PG成功

その後キックオフボールがタッチに出たところで前半終了。前半は大阪朝高がリードで折り返します。

前半終了 東海大仰星 0-3 大阪朝高

後半

後半は東海大仰星のキックオフでスタートです。後半、いきなり流れをつかんだのは大阪朝高。相手キックに対してチャージ。これを自ら拾って敵陣入ると、ラックから出たボールにゴロパント。これを11番が追ってこぼれたところを12番がおさえてトライ!ゴールも決まって大阪朝高が10点リードとなります。

後半1分 東海大仰星 0-10 大阪朝高 大阪朝高、トライ!ゴール成功

その後も流れは大阪朝高に。後半5分には自陣でボール回す東海大仰星に対してタックルから押し返して相手反則を誘い、敵陣22m内でのマイボールラインアウトとなります。ここからモール押し込み攻めるも、最後停滞して相手ボールスクラムに。このスクラムで東海大仰星のペナルティがあり、大阪朝高はさらにラインアウトから攻めるも、ここもモール停滞で東海大仰星ボールに。東海大仰星は相手モールに対して、しっかり割り込んで止め、トライを許しません。

後半10分頃、大阪朝高は敵陣深くでのスクラムから攻撃。リモールを組んで攻め込むも、ここでノックオンして東海大仰星ボールに。すると東海大仰星はカウンターで左サイドつないで一気に敵陣入ると、大阪朝高にペナルティ。東海大仰星はスクラムからフェーズ重ねて攻めると、相手オフサイドから東海大仰星4番がクイックで飛び込んでトライ!ゴールも決まって東海大仰星が追い上げます。

後半15分 東海大仰星 7-10 大阪朝高 東海大仰星、トライ!ゴール成功

さらにその後のキックオフで自陣からフェーズ重ねて攻め込む東海大仰星。左右に振りながら敵陣入ると、7番が抜け出し、ゴール前へ。ここで相手ペナルティから再びクイックで始めて、ラックから右に渡して13番がトライ!ゴールは外れるも、逆転に成功します。

後半18分 東海大仰星 12-10 大阪朝高 東海大仰星、トライ!ゴール失敗

その後のキックオフで大阪朝高がボールキープして攻めるも、ここは東海大仰星ディフェンスがうまく絡んでノットリリースザボールを誘います。このラインアウトはノットストレートとなり、再び大阪朝高が敵陣入って攻め込むもここは東海大仰星がラックにプレッシャーをかけて相手オフサイドを誘い、守り切ります。その後、東海大仰星は自陣でボールを回すもパスが乱れてタッチへ。大阪朝高ボールのラインアウトに変わります。

後半25分頃、大阪朝高はラインアウトからフェーズ重ねて攻撃。右サイドゲインしてゴール前迫ると、相手のペナルティ。右サイドの位置で、大阪朝高はタップからFW押し込み攻撃。ゴール前残り1mでの攻防となります。

後半27分、東海大仰星のペナルティで、大阪朝高は再びFWで攻め込みます。FWで近場攻め込み、フェーズ重ねると、ラックからリモールで押し込むも大阪朝高がノックオン。東海大仰星ボールのスクラムに変わります。

後半29分、このスクラムで東海大仰星がスクラムコラプシング。右中間の位置で、ここも大阪朝高はFWで攻撃を選択。モール押し込み攻めると、東海大仰星にモールコラプシング。

後半ロスタイムに入り、ここでも大阪朝高はFWでモール。ラックとなってからFWでフェーズ重ねて再びリモール。このモールで東海大仰星がボールをもぎ取って、タッチに蹴り出して試合終了。東海大仰星が最後守り切って花園出場を決めました。

試合終了 東海大仰星 12-10 大阪朝高

試合を振り返って

この試合、最後の1プレーまで分からないゲームとなりました。大阪朝高は素早い出足とタックル。また1対1で相手攻撃を押し返すなど力強いプレーで序盤から相手アタックを止めて、接戦へと持ち込みました。流れとしては前半最後に先制して、後半いきなりキックチャージからトライを奪い、良い流れに持ち込んだと思います。その後逆転されるも最後後半に敵陣入って相手反則からはFWで得意のモールで攻め込み、トライを狙いにいくも、東海大仰星ディフェンスがうまく守った形になりました。

東海大仰星は立ち上がりに敵陣入りながらも得点できず、前半最後に失点。さらに後半いきなり被トライと悪い流れになってしまったものの、ここからズルズルといくことなく、まずは相手のアタックをしっかりと封じて、カウンターから敵陣入ってトライ!さらにその後も落ち着いて自陣から攻め込み、逆転トライを決めます。後半最後は自陣で苦しい展開となるも、この試合通じて相手のモールはしっかりと止めており、最後もモールからボールをもぎ取ってピンチを防ぎました。

互いにディフェンス面でよく耐えながらの試合になりましたが、相手強力モールに対して、中に割り込んで止めるなど、しっかり封じ切った東海大仰星が最後やや上回ったというところでしょう。

大阪朝高は2年連続で最後ゴール前に持ち込むもトライにつながらずに敗戦。ただ、春先からここまで一気に力をつけてきており、東海大仰星を苦しめたタックル、1対1の強さなどはその成果を十分見せつけた試合になったと思います。

まとめ

この結果、東海大仰星が全国大会出場を決めました。4年連続17回目の出場となります。昨年度全国王者でもある東海大仰星であり、今年は連覇のかかる大会になります。全国大会でどこまで勝ち進むか注目ですね。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする