高校ラグビー近畿大会2016 2回戦 御所実業-大阪桐蔭

2016年3月13日(日)、第67回高校ラグビー近畿大会が開幕しました。この近畿大会は全国高校選抜ラグビー大会の近畿地区予選も兼ねており、全16校が参加し、トーナメントで争います。今年は奈良県での開催。

3月20日には2回戦4試合が行われました。

近畿高校ラグビー大会についてはこちらを参考にどうぞ。

第67回高校ラグビー近畿大会の日程・組み合わせと予想
この記事は2016年版のものになります。2017年の近畿大会についてはこちらをご覧ください。 今年も春の高校ラグビーのシーズンが始まってきまし...

1回戦の結果はこちらを参考にどうぞ。

高校ラグビー近畿大会2016 1回戦の結果と2回戦組み合わせ・見どころ
2016年3月13日(日)、第67回高校ラグビー近畿大会が開幕しました。この近畿大会は全国高校選抜ラグビー大会の近畿地区予選も兼ねており、全16校が参加し、トー...
スポンサーリンク
タグレンタル大

2回戦の組み合わせ

この日は2回戦4試合が行われました。勝ったチームはベスト4進出とともに全国選抜高校ラグビー大会出場が決まる重要な試合です。

また、この日の試合は近畿各府県から強豪校が揃った試合が続いており、全国大会のような試合が続くとあって、関心が集まっていた4試合となっています。

対戦 Kick off
第1試合 常翔学園(大阪)-京都成章(京都) 11:00
第2試合 御所実業(奈良)-大阪桐蔭(大阪) 12:20
第3試合 東海大仰星(大阪)-天理(奈良) 13:40
第4試合 伏見工業(京都)-大産大附属(大阪) 15:00

第二試合 御所実業-大阪桐蔭

第二試合は奈良県代表御所実業と大阪代表の大阪桐蔭の対戦となりました。ともに1回戦を順当に勝ち上がり、この2回戦に挑みます。

前半

前半は御所実業のキックオフで試合開始。

試合序盤は落ち着いた入りに。まずは御所実業が敵陣でのプレーとなるも、大阪桐蔭は落ち着いて守り、相手モールもしっかり守って得点を許しません。前半10分頃から流れは大阪桐蔭へ傾きます。

大阪桐蔭が相手ディフェンスの裏にキックすると、御所実業がボール処理にやや時間がかかり、その後御所実業にペナルティ。大阪桐蔭はゴール前でラインアウトのチャンスを得ます。このラインアウトをキープした大阪桐蔭は、前半12分、FWでボールキープしながらフェーズを重ねると最後も6番が中央潜り込んでトライ!時間をかけながら最初のトライを奪います。(御所実業0-7大阪桐蔭)

その後も敵陣でのプレーが続く大阪桐蔭。前半18分には、敵陣ゴール前へ持ち込み、チャンスを作ると、ゴールほぼ中央で相手ペナルティ。大阪桐蔭はタップキックでリスタートし、再びFWで時間をかけてアタック。最後もFW押し込んでトライ!ゴール不成功もリードを広げます。(御所実業0-12大阪桐蔭)

さらに大阪桐蔭は前半22分にも敵陣ゴール前に迫ると連続攻撃。最後は右中間ラックから大きく左にふって11番が左隅にトライ!さらに5点を追加します。(御所実業0-17大阪桐蔭)

前半はこのまま終了。大阪桐蔭が序盤相手アタックを止めると、そこからは終始良いペースでアタックを継続し、リードしました。

御所実業0-17大阪桐蔭 前半終了

後半

後半は大阪桐蔭のキックオフで試合開始です。

後半開始からまず大阪桐蔭が敵陣攻め込むも、今回は最後フォローが遅れて、ノットリリースザボールとなり、得点には至らず。すると、今度は御所実業が反撃開始。

後半4分、御所実業はハーフウェイライン付近からのラインアウトから左へ展開。左サイド21番に渡ると、そのまま左サイド抜け出してトライ!難しい角度からのゴールも決めて、7点を加え、追い上げます。(御所実業7-17大阪桐蔭)

その後も御所実業がチャンスを作ります。ハーフウェイライン付近でのスクラムから10番から内側11番への戻しパスで一気に抜け出しゴール前に迫るもここは最後ノックオン。しかし、徐々にラインブレイクが増えてきます。

その後、大阪桐蔭が攻め込む時間を作るもペナルティで相手ボールに。今度は御所実業が攻めるもこちらも得点ならず。後半も15分を過ぎていきます。

次に得点を奪ったのは大阪桐蔭。後半20分、ゴール前で再びFWで時間をかけながらフェーズを重ねて攻撃。ラックサイドをついたり、ラックからのリモールを組もうとするなど、ボールキープしながら徐々に前進し、トライを奪い、ゴールも成功。御所実業を突き放します。(御所実業7-24大阪桐蔭)

御所実業は残りわずかとなったところで、敵陣へと攻め込み、チャンスを作るも、最後はオブストラクションとなり、大阪桐蔭ボールに。大阪桐蔭はボールキープして、そのまま逃げ切り、試合終了。

結果、大阪桐蔭が御所実業に24-7で勝利し、選抜出場を決めました。

御所実業7-24大阪桐蔭 前半終了

試合を振り返って

この試合、まずはなんといっても大阪桐蔭のFW陣の頑張りが勝利に導いたといっていいでしょう。アタックでも時間をかけながら何度もミスなくフェーズを重ねて取りきった場面が目立ち、またディフェンス面でも最後まで運動量が落ちることなく体を張り続けたことで、勝利をもぎとったと思います。その他、ディフェンス面では相手をしっかりと研究して御所実業13番にはしっかり前で止めることができ、相手にチャンスを作らせない試合展開としました。

逆に御所実業としては序盤に敵陣でチャンスを作ったものの、ここで得点を奪うことができず、流れに乗れなかったかと思います。相手にボールキープされてからは相手のFWの攻撃をよく止めていたものの、最後は力負けしてしまった印象です。後半序盤に、セットプレーからうまくライン抜け出すことができたものの、それ以降は中々チャンスを作れず、苦しい展開となってしまいました。

まとめ

この試合に勝利した大阪桐蔭は選抜高校ラグビー大会出場決定となりました。また御所実業も次の選抜選考試合に勝利して選抜出場決定です。互いに力のあるチームなので、選抜高校ラグビー大会でも上位進出目指していってください。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする