関西大学ラグビー2015リーグ第4節 近畿大学vs京都産業大学

2015年10月25日(日)、関西大学ラグビー第4節が行われました。この日は京都・宝が池球技場で、摂南大学と同志社大学の試合と、近畿大学と京都産業大学の試合が、奈良・天理親里球技場で、天理大学と立命館大学の試合と、関西大学と関西学院大学の試合が行われました。

今回はその中から京都・宝が池球技場で開催された第二試合、近畿大学-京都産業大学の試合についてです。

スポンサーリンク
タグレンタル大

近畿大学vs京都産業大学

この日の第二試合は近畿大学と京都産業大学の試合となりました。

近畿大学はここまで2勝1敗。初戦で優勝候補の同志社大学に勝利し、一気に注目チームとなりました。2戦目の天理大学戦は敗れたものの、3節の関西学院大学に勝利し、ここまで勝ち越しています。この日の試合に勝利すれば優勝争いに残ることになります。キーマンであるSO喜連選手がどこまでゲームメイクできるかも注目です。

対する京都産業大学は初戦で摂南大に敗れると、2戦目の立命館大戦も最後に同点からPGを決められて敗戦。嫌なムードが流れますが、3節では関西大学相手に勝利し、良い流れでこの試合に挑みます。伝統的なスクラムの強さに加え、バックス陣に俊足選手をそろえており、そこからチャンスを作り出していきたいところです。

どちらも勝利が欲しい一戦はどうなったでしょうか。

前半

DSCN7212

前半は京都産業大学のキックオフで試合開始です。

最初の蹴り合いから近大が大きく敵陣へキック。しかし、このキックが伸びすぎてゴールラインより奥でタッチに出てしまい、京産大が敵陣でマイボールでスクラムとなります。このスクラムを京産大が押し込むと近大がコラプシングのペナルティ。ここで京産大はPGを狙って見事に成功。京産大が先制します。

近畿大学0-3京都産業大学 前半3分 京都産業大学PG成功

その後のキックオフからは近大がうまく敵陣でプレーします。敵陣でラインアウトとすると、そこから展開していくも、ここは最後パスが合わずにタッチへ。京産大ボールのラインアウトになるも、京産大がこのラインアウトでオブストラクション。再び近大が敵陣22m付近でラインアウトとなります。

前半6分、このラインアウトから近大が攻め込むもここはグラウンディングできず。近大は5mスクラムから相手ペナルティがあり、クイックでスタート。右サイドでショートパント挙げたところを12番がキャッチし、そのままトライ!ゴールも決まって、近大が逆転に成功します。

近畿大学7-3京都産業大学 前半9分 近畿大学トライ!ゴール成功

キックオフリスタートからは互いにキックの応酬。蹴り勝った近畿大が陣地をとります。京産大が自陣でのラインアウトをキープすると、再び蹴り合いから京産大がハイパント。これを近大がノックオンし、京産ボールのスクラムになります。するとこのスクラムを京産が押し込み近大がコラプシング。京産大が敵陣に入りラインアウトとします。が、このラインアウトが確保できず、近大ボールへ。近大がキックで大きく陣地を戻します。

前半16分頃、京産は自陣ラインアウトからハイパント。これをキープした京産大が再びキックでエリアを取ると、近大は自陣からボールキープしてアタックします。ここで京産大に危険なタックルがあり、近大は敵陣入ってラインアウトへ。このラインアウトで京産大のノックオンがあり、近大ボールスクラムから一気にゲインし、ゴール前まで迫るも、ここは近大のオーバーザトップでトライならず。京産は自陣ではあるもののマイボールラインアウトとします。

前半20分過ぎ、このラインアウトから京産大はフェーズ重ねて攻めるも最後はボールがタッチへ。再び近大ボールとなると、ラインアウトから攻め込み、ゴール前へ。残り5mの時点で京産大にオフサイドがあり、ゴール中央でのペナルティキックを近大はタッチを狙います。がこのタッチはゴールラインを割ってしまい、京産ボールのスクラムに変わります。

京産大はスクラムからボール蹴り出し、近大が敵陣でのマイボールラインアウトとするも、ノックオン。さらにその後のスクラムでコラプシングがあり、逆に京産大が敵陣入ってラインアウトとします。ラインアウトからモールを押し込む京産大に対し、近大はオフサイド。京産はゴール前5mスクラムを選択し、ここでも近大がコラプシング。さらに京産大はスクラムを選択すると、再び近大が崩してしまったところで認定トライとなり、ゴールも成功。京産大が逆転します。

近畿大学7-10京都産業大学 前半31分 京都産業大学トライ!ゴール成功

この日はキックでしっかりとエリアをキープする近大は、その後のキックオフからも有利に進めます。キックで敵陣深く蹴りこみ、蹴り出すしかなかった京産大。近大が敵陣22m内でラインアウトを得ると、このボールをキープし、バックス展開。フェーズを重ねて攻めると、ここで近大SO喜連選手がドロップゴールを狙い、見事成功。近大が同点に追いつきます。

近畿大学10-10京都産業大学 前半35分 近畿大学DG成功

その後のキックオフからは近大がキックするところに京産大がチャージ。ノックオンとなるも、敵陣でのスクラムとなります。近大はこのマイボールスクラムをキープすると、キックで前進します。京産はボールキープし攻め込むもののアクシデンタルオフサイド。近大は自陣でのスクラムとなります。近大はなんとかスクラムからボールキープするも、相手プレッシャーでオーバーザトップを取られ、ペナルティ。京産大はここでPGを選択し、見事に成功。再び京産大がリードします。

近畿大学10-13京都産業大学 前半38分 京都産業大学PG成功

その後、近大が敵陣でラインアウトもノックオン。この後も敵陣でプレーした近大ですが、得点には至らず、前半はこのまま終了します。

近畿大学10-13京都産業大学 前半終了

後半

DSCN7214

後半は近畿大学のキックオフでスタートです。

キックオフボールを京産大がタッチに蹴り出し、まずは近大が敵陣でのラインアウトとすると、モールから展開していきますが、ここはノックオン。京産大のスクラムから互いに蹴り合い、近大が優勢となって、京産大自陣22mライン付近での京産大ボールのラインアウトになります。すると、このラインアウトから京産大7番が一気にゲインして、敵陣へ。その後近大がペナルティを犯し、京産大はショット選択もここは外れて得点にはつながりません。

近畿大学10-13京都産業大学 後半4分 京都産業大学PG不成功

その後、ハーフウェイライン付近での近大ボールのラインアウトを京産大がスチール。京産大がここからハイパントを蹴ると、近大にノックオンがあり、京産大ボールのスクラムに。その後近大のペナルティもあり、京産大は敵陣22mライン付近でのラインアウトとなります。このラインアウトをキープした京産大はフェーズを重ねると、大きく左へ展開。左サイドにいた6番にボールが渡ると、相手タックル受けながらもインゴールにおさえてトライ!ゴールは外れるも京産大が5点を追加します。

近畿大学10-18京都産業大学 後半8分 京都産業大学トライ!ゴール不成功

このトライの後は京産大が自陣で相手ボールを奪ってキックを蹴るもダイレクトタッチとなり、近大が敵陣でのラインアウトを得ます。ここからフェーズ重ねて攻め込む近大。最後はキックを蹴るも、京産大がインゴールでおさえてドロップアウトになります。

その後近大のノックオンがあり、京産大が自陣でのスクラムに。そこから9番が左隅でキックを蹴り、一気に敵陣へ。近大が自陣22m付近でマイボールラインアウトとなります。このラインアウトを京産大が奪って右へ。最後は右隅の14番に渡って右隅にトライ!ゴールも決まってさらに点差を広げます。

近畿大学10-25京都産業大学 後半16分 京都産業大学トライ!ゴール成功

その後のキックオフから、京産大がキックで蹴り返すと近大が自陣からハイパント。このボールがこぼれたところ、ボールを拾った近大14番が相手タックルをハンドオフでかわしていき、そのまま中央にトライ!近大がトライを取られた後、すぐに点差を縮めます。

近畿大学17-25京都産業大学 後半18分 近畿大学トライ!ゴール成功

その後キックの応酬から近大が敵陣でマイボールラインアウトとすると、ここからフェーズ重ねて攻めるもノットリリースザボール。京産大がマイボールラインアウトとします。が、このボールを近大が奪い、敵陣に蹴りこみます。京産大もキックで蹴り返すも、近大がカウンターで攻め、ゴール前へ。フェーズを重ねて攻めるもここは最後ノックオン。京産大は自陣スクラムからボールキープし、蹴り返して再び近大ボールのラインアウトとなります。近大はここからフェーズ重ねて攻めると、京産大がノットロールアウェイ。近大はここでショットを選択し、成功!点差を5点まで縮めます。

近畿大学20-25京都産業大学 後半31分 近畿大学PG成功

この後、キックオフから京産大のノックオンがあり、近大は自陣でスクラムとなります。ここからキックで敵陣へと蹴りこむと、京産大が自陣でラインアウトに。京産大はモール押し込んで陣地を戻すもその後ノックオン。ハーフウェイライン付近での近大ボールのスクラムに変わります。このスクラムからまたもエリアを意識して近大が蹴りこみ、タッチへ。京産大は自陣でラインアウトとなり、その後近大がノックオン。京産大が押し込んでゲインするも、その後またもノックオン。近大が敵陣でプレーする時間が長くなります。

その後、近大がキックで大きく陣地をとると、京産大はタッチに蹴り出します。ここからの近代のラインアウトからまずは10番がゲイン。敵陣でフェーズを重ねて攻め込み、22m内へと入ります。近大がラックから左へパスを出そうとしたときに、京産大15番がそのパスをインターセプト。そのまま独走してトライを決め、試合を決定づけます。

近畿大学20-32京都産業大学 後半39分 京都産業大学トライ!ゴール成功

残り時間で近大は何とか得点奪おうと攻め込むも結局得点ならず、このまま試合終了に。20-32で京都産業大学が勝利しました。

近畿大学20-32京都産業大学 試合終了

試合を振り返って

試合は最後までわからない熱戦になりました。近大はSO喜連選手を中心にゲームメイクがしっかりできており、キックでエリアをしっかり取ってゲームを進めていました。ゲームメイクに関しては近大が勝っていた試合だったと思います。それに対して、京産大はFW、特にスクラムで圧倒して相手ペナルティをもらったり、相手ボールでも押し込んでターンオーバーすることもありました。お互いにタイプの違うチームで、長所を生かして戦った試合だったと思います。

結果的に試合を分けたのは最後の京産大のインターセプトからのトライの場面。あの場面では京産大15番森田選手は狙ってインターセプトしたように見えましたが、自陣でのプレーが続いた時間に良い判断でプレーしたと思います。

近大もチャンスはありましたが、前半ゴール前中央でのペナルティをタッチに狙って、相手ボールにした場面がややもったいなかったかと思います。スクラムが劣勢だったので、タッチを狙ったと思うのですが、タップキックから攻める、またはショット狙いで良かったかと思います。

まとめ

この試合の結果、近畿大学、京都産業大学ともに2勝2敗となりました。混戦が続く関西リーグですが、近大は11/1(日)に鶴見緑地球技場第一試合で同じく2勝2敗の摂南大学と対戦です。一方の京産大は同じく11/1(日)の第二試合で3勝1敗の同志社大学との対戦になります。

そろそろリーグ戦も少なくなってきます。1試合1試合がますます大事になってきますので、各大学ともしっかりと準備をして試合に臨んでください。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする