県立芦屋vs明石清水@ラグビー兵庫県民大会2015

2015年5月9日、第69回兵庫県県民体育大会の予選リーグが開催されました。予選リーグとしては4月25日から始まっており、5月16日までが予選リーグ、5月24日からは決勝トーナメントとなります。

予選リーグ・決勝トーナメントの組み合わせはこちらから

【高校】平成27年度 第69回兵庫県民体育大会ラグビーフットボール競技 少年の部 予選リーグ戦

この日、灘高校グラウンドで行われたのは予選リーグの下記の3試合です。

プールA

県立芦屋-明石清水

プールH

武庫之荘総合-神戸高専

プールG

県立伊丹-合同1(明石城西・明石西・播磨南)

というわけでまずはこの日の第一試合、県立芦屋-明石清水の試合についてです。

県立芦屋-明石清水

スポンサーリンク
タグレンタル大

前半

前半は県立芦屋のキックオフで試合開始です。試合は序盤から県立芦屋高校が優勢に進めます。

前半開始早々、相手陣へと攻め込むとアドバンテージをもらいながら連続攻撃。中央にできたギャップを抜け出してトライ!ゴール成功で7-0と先制します。その後も芦屋がペースを握ります。再び相手陣に持ち込むと、今度はスクラムから8番が持ち出し、そのままトライ!ゴールも決まり14-0とリードします。

対する明石清水は中々相手陣に攻め込むチャンスが少ない序盤でしたが、相手陣での13番の好タックルから、ボールを奪うとフェーズを重ねて攻撃。相手ペナルティとなったところでショット選択し、PG成功。14-3と差を縮めます。

ここから反撃したい明石清水でしたが、この後は再び県立芦屋のペースに。連続攻撃で相手陣へと攻め込むと8番が抜け出してトライ!ゴールも決まって21-3とリードを広げると、さらに攻撃の手を緩めず、再び相手陣へ。

今度はモールで攻めると相手ペナルティから、再度縦へついてトライ!ゴール決めて28-3とリードを広げます。

前半はここで終了となります。

後半

後半は明石清水のキックオフでスタートです。後半に入っても県立芦屋の勢いは止まりません。連続攻撃で相手陣に攻め込むと、22m内へと進んでラック。そこから左へパスした後、内側に返して1番が抜け出してトライ!ゴール成功で35-3とします。

さらにその後すぐ、相手陣で相手ボールラインアウトとなった際に、ボールがオーバーし、これを芦屋がキープ。そこから左に大きく展開して、トライ!ゴール成功で42-3とリードを広げます。

県立芦屋はさらに得点を重ねます。今度はマイボールラインアウトを確保すると左に展開し、左サイドにいた15番がトライ!ゴール不成功で47-3とします。

なんとか一矢報いたい明石清水高校は敵陣で相手が蹴り出そうとしたところを、キックチャージ。こぼれたボールを9番がインゴールでおさえてこの日初トライ!ゴール不成功で47-8とします。

しかし明石清水の反撃もここまででした。県立芦屋高校はさらに1トライを加え52-8として、試合終了。

県立芦屋高校が明石清水高校に勝利しました。

試合を振り返って

試合全体としては、県立芦屋高校の完勝でした。大きな差となったのはFWでしょう。県立芦屋の方がFWで前にしっかり出れる選手が多く、困った時にペネトレイターとなれる選手が多かったです。特に1番、3番、8番の選手はよく前に出れていたので、かなり優位に試合を運べていたと思います。1番、3番はともにサイズもあるのでこれからも楽しみな存在です。3番の選手はバックローでも活躍できそうな気がしました。

明石清水は逆にバックス展開でチャンスを生み出したかったところですが、中々良いテンポでボールを出すのに苦労していた印象です。15番に渡して走らせる形に持っていきたかったかと思うのですが、県立芦屋もかなり意識してマークしていたので、うまく走ることができなかったように思います。

ボール回しの際に多少ミスもありましたが、攻守に県立芦屋が強さを見せた試合となりました。

まとめ

なお、これで勝った県立芦屋は予選プールAを2連勝で勝ち上がり、決勝トーナメント進出決定となりました。決勝トーナメント1回戦では関西学院高校と対戦します。新人戦での優勝校相手ということで、是非良い状態で挑戦していってもらいたいと思います。

今度の試合では接点での強さやスピードなどまた違ってくると思います。守る時間が長くなるかと思いますが、粘り強くディフェンスし、しっかりとフォローすることで食らいついていってもらいたいですね。

試合の方は5月24日(日)17:00~関学グラウンドとなります。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする