関西大学ラグビー2016開幕戦 天理大学vs摂南大学

今年の関西大学ラグビーAリーグもいよいよ開幕。今年の開幕戦は9/25(日)に京都・宝が池球技場で、摂南大-天理大の試合と京都産業大-同志社大の試合が、また、ナイターでは大阪・鶴見緑地球技場で関西大-関西学院大の試合と近畿大-立命館大の試合が行われました。

日付 時間 対戦 場所
9/25(日) 12:00 摂南大学-天理大学 宝ヶ池球技場
9/25(日) 14:00 京都産業大学-同志社大学 宝ヶ池球技場
9/25(日) 17:00 関西大学-関西学院大学 鶴見緑地球技場
9/25(日) 18:45 近畿大学-立命館大学 鶴見緑地球技場

今回は、その開幕戦となった摂南大学と天理大学の試合についてです。

スポンサーリンク
タグレンタル大

摂南大学-天理大学

摂南大学は昨年度関西大学ラグビーAリーグで6位。開幕戦で連勝もその後負けが続き、3勝4敗。対戦成績の結果、6位となりました。今年は昨年度からメンバーも入れ替わり、新たなシーズンに。元々、アタックに力があることは証明されているので、ディフェンス面、規律面でどこまで守れるかがポイントになりそうです。

対する天理大は、昨年度関西大学ラグビーAリーグ2位。開幕から6連勝で1位をキープしていましたが、最終戦で同志社大に敗れて、リーグ2位に。その後大学選手権では早稲田大に勝利するも、東海大に敗れて、プール2位となり準決勝進出ならず。今シーズンは関西リーグだけでなく、全国で飛躍していくシーズンを目指しています。

今シーズンからは大学選手権への出場が関西リーグからは前回の5校から3校のみとなり、全国大学選手権の出場枠が厳しくなりました。摂南大は全国大学選手権出場をかけて、対する天理大は今年は関西優勝と全国優勝も目指しての戦いとなります。

この試合に関しては、下馬評の高い天理大が苦手な初戦でしっかり勝ち切ることができるのか、対する摂南大はまず優勝候補の天理大を破って、今年も台風の目となることができるのかが注目の試合となります。

前半

前半は摂南大学のキックオフで試合開始です。

序盤は摂南大学が敵陣でチャンスを作る時間帯が続きます。前半3分に天理大が自陣でハンドのペナルティ。摂南大は敵陣深くからのラインアウトからインゴールまで残り数mというところでフェーズ重ねて攻撃。が、この序盤のチャンスは生かせず、天理大がターンオーバー。その後、一旦摂南ボールのスクラムとなるもコラプシングで摂南大が序盤のトライチャンスを逃します。すると、ここからは天理のペースに。

前半9分、天理大が10番がステップ踏んで抜け出すと、8番につないで一気にゴール前へ。その後ボール継続し、最後は7番が縦に抜け出してトライ!ゴール外れるも5-0と天理大が先制します。

摂南大 0-5 天理大 前半9分 天理大トライ!ゴール失敗

するとここからは天理がトライを重ねます。続くキックオフでボールキープした天理が自陣から攻め込むと、10番がまたも縦に抜け出してフォローした6番につないでトライ!ゴールも決まり、天理がノーホイッスルトライを決めます。

摂南大 0-12 天理大 前半11分 天理大トライ!ゴール成功

さらに天理大はまたもキックオフでボールキープし、自陣から展開。12番が縦に抜け出し、さらに15番とつないでゴール前に持っていきます。ゴール前で摂南大のペナルティがあるとここからクイックで大きく外へ。最後は左サイドに11番が持ち込んでトライ!ゴールも決まり一気に追加点を挙げます。

摂南大 0-19 天理大 前半14分 天理大トライ!ゴール成功

その後の時間帯は摂南大がキックオフボール確保し、攻め込む時間帯に。敵陣深くで攻めるも最後はノックオンで得点には至らず。その後もラインアウトからアタックするも、天理に接点で乗り越えられて、オフサイドの反則で天理ボールに変わります。天理大は前半24分、敵陣でのラインアウトからボール継続して、右に展開。折り返してFWが縦についた後7番が相手ディフェンス押し込んで自らトライ!ゴールも決まり、さらに点差を広げます。

摂南大 0-26 天理大 前半24分 天理大トライ!ゴール成功

その後、天理が再び自陣から抜け出してチャンスを作るもここはフォローが遅れてペナルティに。その後は摂南大がボールキープも、相手ディフェンスの素早いプレッシャーに苦しんでチャンスを生かせません。逆に天理大は前半31分、相手ボール乱れたところをターンオーバーして、左に展開。左サイドゲインし、ゴール前に持っていくと、最後はラックから15番が持ち込んでトライ!ゴールも決まり、さらに点差広げます。

摂南大 0-33 天理大 前半31分 天理大トライ!ゴール成功

前半最後の時間帯で、摂南大は相手ペナルティから敵陣深くでのラインアウトからチャンスを迎えるもここもノックオンで得点できず。前半はこのままのスコアで終了します。

摂南大 0-33 天理大 前半終了

後半

後半は天理大学のキックオフでスタートです。

後半に入っても天理大の勢いは変わらず、トライを続けます。後半7分、ラックからこぼれたボールを天理が前方にキック。このボールを摂南大がうまく拾えずに天理大ボールとなると、7番→13番とつないでトライ!ゴールも決まります。

摂南大 0-40 天理大 後半7分 天理大トライ!ゴール成功

その後、天理大はキックオフのボールキープすると、自陣からハイパント。このボールがこぼれたところを23番が拾って相手交わして一気にゴール前へ。最後倒されるもすぐに13番につないでトライ!ゴールも決まり、点差を広げます。

摂南大 0-47 天理大 後半9分 天理大トライ!ゴール成功

天理はさらに9番が抜け出して左サイドの11番にロングパス。これが決まってトライかと思いきやここはスローフォワードで得点ならず。しかし、敵陣での相手ボールスクラムを押し込んでターンオーバーすると、8番がそのまま走りきってトライ!ゴールも決まります。

摂南大 0-54 天理大 後半14分 天理大トライ!ゴール成功

さらに後半17分、天理はセンタースクラムから左に回すと11番が左サイドをゲインし、パスダミーからステップ踏んで相手交わしながら内側切れ込んで走りきってトライ!さらに点差を広げていきます。

摂南大 0-61 天理大 後半17分 天理大トライ!ゴール成功

ここからしばらく得点は動かず、後半26分に。ここで天理はFWで持ち込んでインゴールに入るもグラウンディングできず、5mスクラムに変わります。このスクラムを天理大が押し込んでそのままスクラムトライに。ゴールも決まって大きく点差を広げていきます。

摂南大 0-68 天理大 後半26分 天理大トライ!ゴール成功

ここからは摂南大がて敵陣入ってチャンスの時間帯となります。相手反則もありゴール前でのラインアウトから攻めるも、ボール奪われて陣地戻されて、最後相手に絡まれてノットリリースに。摂南大はこのチャンスも生かせず、後半も残り時間僅かとなります。

天理大は後半39分、敵陣深くのラインアウトからモール形成。これを押し込んでトライを奪います。(ゴールは不成功)

摂南大 0-73 天理大 後半39分 天理大トライ!ゴール失敗

さらに天理大はロスタイムにもスクラムからまず縦に突破し、その後右に展開。11番が縦に走り込んで抜け出し、右に流れていくと、ゴール前で相手に捕まり、倒れるもすぐに21番がボール拾ってトライ!ゴールも成功します。

摂南大 0-80 天理大 後半44分 天理大トライ!ゴール成功

試合はゴールが決まったところで終了に。結果、開幕戦は天理大が80-0で摂南大を破り、勝利しました。

摂南大 0-80 天理大 試合終了

試合を振り返って

この試合、序盤こそ摂南大がチャンスを作ったのものの、以降は天理大が圧倒した試合となりました。天理大はセットプレーに安定感があり、またディフェンスでもしっかりラインを上げて相手にプレッシャーをかけ続けて、得点を許さない試合を作りました。また、体は大きくはないものの終始FW陣が体を張っており、攻守に運動量が豊富なので、安定した試合運びができます。バックス陣も力強い突破が魅力なので、この試合見る限りは、強さが際立つ試合となりました。スクラムトライを奪うなど、スクラムも圧倒した試合です。来週はこちらも強力スクラムを誇る京都産業大との試合です。この試合で今年の天理大のスクラムがどれだけ通用するかが図れるかと思います。

対する摂南大は、相手に先手を許したことで厳しい試合展開になってしまいました。何度かラインブレイクはあったものの、得点にはつながらず、相手ディフェンスのプレッシャーや暑さもあってハンドリングエラーも目立ち、チャンスを生かすことはできなかったです。この試合では良いところが見えなかったですが、来週も優勝候補の同志社大との試合があります。まずは切り替えて次の試合に力を注いでもらいたいですね。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする