関西大学ラグビー2015リーグ第5節 関西学院大学vs天理大学

2015年10月31日(土)、関西大学ラグビー第5節が行われました。この日は神戸ユニバー記念競技場で、関西大学と立命館大学の試合と、関西学院大学と天理大学の試合が行われました。

今回はその中から第二試合、関西学院大学-天理大学の試合についてです。

スポンサーリンク
タグレンタル大

関西学院大学vs天理大学

関西学院大は昨年度関西大学Aリーグを全勝優勝したチームですが、今年はここまであまり波に乗れない試合が続いています。初戦で立命館大に勝利したものの、その後、摂南大、近畿大、関西大と連敗。ここまで1勝3敗となっています。

対する天理大は、開幕戦で関西大に思わぬ苦戦を強いられたものの勝利を挙げると、続く、近畿大、摂南大、立命館大と連勝で乗り切り、ここまで4勝で唯一負けなしでここまで乗り切っています。

関学としては、これ以上負けが込むと入れ替え戦が見えてくるので、まずは1勝を挙げておきたい試合。対する天理大も全勝キープして、優勝争いをリードしていきたいところでしょうか。いずれにしても負けられない試合になりそうです。

前半

前半は天理大学のキックオフで試合開始です。

キックオフからボールキープした関学に対して、天理大はノットロールアウェイ。関学はクイックで持ち込むと、再びノットロールアウェイ。関学も再びすぐに攻め込みます。がここは接点でボール奪われ、天理大ボールに。その後天理がノックオンし、関学ボールのスクラムになります。

前半3分、このスクラムからボールまわして攻め込むも、天理が再び接点でターンオーバーすると、大きく敵陣へキック。このボールを関学がノックオンし、天理が敵陣でのスクラムとなります。スクラムからFWでフェーズ重ねた天理大ですが、ここはアクシデンタルオフサイドに。関学がスクラムからキックで陣地返すも、再び天理がカウンターアタック。関学にペナルティがあり、天理大はタッチに蹴りだすも、ここはミスキックになり、関学ボールのスクラムに。このスクラムから陣地戻したい関学でしたが、天理にボールを奪われ、関学がハンドのペナルティ。今度はスクラムを選択した天理はボールキープし、連続攻撃。最後は10番からのパスに15番が走り込んで抜け出し、トライ!ゴールも決まり、7点を先制します。

関西学院大学0-7天理大学 前半13分 天理大学トライ!ゴール成功

その後のキックオフからは天理が自陣でボールキープし、左へ展開します。バックス展開したところで、12番が縦へ突進。相手タックル外して大きくゲインすると、そのまま右サイドに1人で走りきってトライ!ゴールは外れるもノーホイッスルトライで追加点を挙げます。

関西学院大学0-12天理大学 前半14分 天理大学トライ!ゴール不成功

キックオフからは天理が自陣からキックで陣地を戻すと、関学がフェーズ重ねて攻撃。ここで天理のノットロールアウェイがあり、関学が敵陣深くでラインアウトとします。このラインアウトからフェーズ重ねて攻め込む関学でしたが、ディフェンス崩すことが出来ず、ターンオーバー。その後関学のノックオンもあり、天理大ボールのスクラムになります。天理大はキックで陣地戻し、関学は再びアタック。天理のペナルティからクイックで持ち込み、フェーズ重ねるも最後はノックオン。天理が自陣22mライン付近でのスクラムとなります。

このスクラムから展開した天理大は自陣から13番がハンドオフで相手タックルをかわしてゲイン。敵陣に入ると、相手ディフェンス引きつけて左サイド11番にパス。そのままサイドを走りきって中央回り込んでトライ!ゴールも決まって点差を離します。

関西学院大学0-19天理大学 前半23分 天理大学トライ!ゴール成功

リスタートからは天理が自陣でスローフォワード。関学が敵陣22m付近でスクラムとします。そこからボールつないで攻め込む関学ですが、またも接点でターンオーバーされると、天理がキックして、タッチへ。関学は敵陣でラインアウトとなります。が、このボールを天理が再び奪うと、自陣から4番がゲインして敵陣。その後やや乱れるも、9番から14番とつないでトライ!さらに引き離します。

関西学院大学0-26天理大学 前半28分 天理大学トライ!ゴール成功

なんとか反撃したい関学もその後トライを奪います。後半30分頃、天理大が自陣から左サイドにつないでいこうとしたところ、ノックオン。このボールを途中交代から出場した22番に入ると、そのまま中央へ走りきってトライ!ゴールも決まり、7点を返します。

関西学院大学7-26天理大学 前半30分 関西学院大学トライ!ゴール成功

リスタートからのボールはまず天理がキャッチするもノックオン。関学が自陣スクラムから蹴りだすと、天理も蹴り返して関学ボールに。がその後天理がターンオーバーすると、ハーフウェイライン付近でフェーズ重ねるもノットリリースザボール。関学がクイックから攻め込むもターンオーバーされ、天理ボールに。その後関学にオフサイドもあって天理は敵陣でのラインアウトとなります。

が、このラインアウトはオーバーしてしまい、関学ボールに。関学が敵陣へ入って攻め込むと、天理大にノックオンがあり、関学ボールのスクラムに。スクラムからのボールをキープして、フェーズ重ねるも最後パス乱れて、関学がハンドのペナルティ。天理はタッチにボール蹴りだし、前半終了となります。

関西学院大学7-26天理大学 前半終了

後半

後半は関西学院大学のキックオフで試合開始です。まずは天理大が自陣からフェーズ重ねて徐々に前進し、敵陣へ入るも関学がターンオーバーし、右に展開。天理大がタッチに出して、関学ボールのラインアウトに変わります。

関学はラインアウトボールキープもその後ノックオン。天理大スクラムに変わると、スクラムからボール乱れたところを関学がキック。一気にゴール前へと進み、ボールキープすると、天理大がオフサイド。関学が敵陣5mでのラインアウトとします。このチャンスを活かしたい関学でしたがここはノットストレートでチャンスをつぶします。

すると天理大は自陣スクラムから、相手コラプシングでハーフウェイライン付近まで戻してラインアウトとすると、さらに関学オフサイドがあり、敵陣22m内に入ってのラインアウトとします。が、ここで天理大もノットストレートがあり、関学ボールのラインアウトになります。

が、その後天理がターンオーバーすると、そこからラック。10番から13番、14番と右につないでいって14番が右隅にトライ!後半も先に天理が得点を挙げます。

関西学院大学7-31天理大学 後半10分 天理大学トライ!ゴール不成功

リスタートからはまず関学がアタック。ハーフウェイライン付近でフェーズ重ねると、左隅で22番が抜け出していくもその後タッチへ出てしまい、天理大ボールラインアウトに変わります。天理がキックで陣地を返すと、関学は攻め込むも、ターンオーバーされ、逆に天理がフェーズ重ねて敵陣へと攻め込みます。ゴール前へと迫ると、最後はFWで押し込み、フェーズ重ねると最後は5番が押し込んでトライ!ゴールも成功します。

関西学院大学7-38天理大学 後半17分 天理大学トライ!ゴール成功

リスタートからボールキープした天理大。相手ノットロールアウェイがあり、敵陣に入ってマイボールラインアウトとすると、さらに関学にコラプシングがあり、ゴール前でのラインアウトとした天理大。ここからモールを組んだ天理大がそのままモール押し込んでトライ!さらに突き放します。

関西学院大学7-43天理大学 後半22分 天理大学トライ!ゴール成功

リスタートからは天理大のペナルティもあり、関学がチャンスを作ります。ノット10mもあり、敵陣入って関学がフェーズ重ねるも最後はノットリリースザボール。逆に天理が敵陣でラインアウトとするもここは得点にはつながらず、関学ボールのスクラムに変わります。天理大のアーリープッシュもあり、自陣から攻める関学は左隅を23番がゲインするもタッチへ。ここから天理がキックで敵陣入って、関学ボールのラインアウトとすると、関学が再び自陣からつなぐもボール乱れてノックオン。このボールを天理大が拾うと、ラックから21番が裏にグラバーキック。このボールを天理13番がキャッチしてトライ!ゴールも成功します。

関西学院大学7-50天理大学 後半32分 天理大学トライ!ゴール成功

その後は天理のノックオンがあり、関学は敵陣でスクラム。ここからつないでいくも天理大にボール奪われ、逆に天理がフェーズを重ねて攻め込みます。最後は22番が抜け出して、フォローした23番がトライ!ゴール成功でさらに得点を積み重ねます。

関西学院大学7-57天理大学 後半36分 天理大学トライ!ゴール成功

なんとかもう1トライ返したい関学ですが、最後も天理がアタックを続けます。自陣でのラインアウトからボールキープする天理大がキックで陣地を戻すと、関学がとるも、タッチへ出てしまい、天理ボールラインアウトになります。このラインアウトからまずはFWで押し込むもここはグラウンディングできず。ゴール前スクラムから再開となり、ここで関学にスクラムコラプシングがあり、天理はすぐに再開。8番がクイックで持ち込んでトライ!最後にもう1トライ追加します。

関西学院大学7-62天理大学 後半ロスタイム 天理大学トライ!ゴール不成功

ゴールが外れたところで試合終了。天理大が関学を大きく突き放して勝利しました。

関西学院大学7-62天理大学 後半10分 試合終了

試合を振り返って

この試合は得点差もつきましたが、内容的にも天理大が圧倒した試合になりました。

天理大からすると、ディフェンスも安定しており、相手にチャンスを作らせず、またアタックでもFWがしっかりとボールキープし、そこから展開してバックス陣でトライを奪う形で大きく点差を付けた試合になりました。序盤にノットロールアウェイが多かったですが、その後は規律もしっかり守っており、危なげない試合になったかと思います。

逆に関西学院大はボールキープしても中々チャンスらしいチャンスが作れず、またディフェンスではタックルを外されて一気にゲインされてトライを奪われるケースも多かったです。今日の展開を見てると、なんとかアンストラクチャーから崩したかったところですが、相手ペナルティからクイックによる攻撃も天理大が想定できており、うまく崩せなかった試合となりました。

まとめ

この試合の結果、関西学院大は1勝4敗に。逆に天理大は5戦5勝の負けなしと言う形になりました。

次の試合はともに11月14日(土)で、関西学院大は神戸ユニバー記念競技場で同志社大学と、天理大は京都・宝が池球技場で京都産業大学との対戦です。残り2節となっていますので順位も気になるところですし、優勝争い、選手権出場枠、入れ替え戦争いなどそれぞれ注目すべき点が増えてきました。トップリーグも開幕しますし、ますますラグビーのシーズンに入ってきたかなと思います。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする