近畿高校ラグビー大会大阪府予選Cブロック決勝 常翔学園-同志社香里

近畿高校ラグビー大会大阪府予選(新人戦)の決勝が2016年2月7日(日)に花園中央公園多目的球技広場(花園第三グラウンド)で行われました。大阪府予選は4ブロックに分かれて行われ、それぞれのブロックの勝者が近畿大会に出場となります。

この日の試合は全部で4試合。各ブロックで以下の対戦が行われました。

対戦 キックオフ時間
Aブロック 大阪桐蔭-近大附属 10:00
Bブロック 東海大仰星-早稲田摂稜 11:20
Cブロック 常翔学園-同志社香里 12:50
Dブロック 大産大附属-大阪朝高 14:10

それぞれの試合の勝者が近畿大会に出場となります。今回は第3試合、常翔学園-同志社香里の試合についてです。

スポンサーリンク
タグレンタル大

常翔学園-同志社香里

常翔学園は昨年度花園出場校。ラグビー名門校でありながら3年ぶりの出場ということで、選手たちにとっては初の花園という選手で臨んだ大会になりました。2回戦で強豪・天理高校と対戦。ロースコアの大接戦となり、結果3-5で敗れ、花園では勝利を飾ることができず、2回戦で敗退となりました。新たなシーズンとなったこの大会では、2試合ともトライ量産で快勝して、この決勝に進出しており、今年こそ全国制覇を目指しています。

対する同志社香里は、昨年度Cシード校。花園予選では初戦で都島工業相手に快勝し、準決勝で東海大仰星に挑みます。ロースコアで粘ったものの、トライを奪うことができず、26-0で敗退となりました。この新人戦では2回戦で合同チームに勝利すると、準決勝では浪速高校相手に、38-19で勝利し、決勝に進出してきました。

常翔学園に対して同志社香里がどこまで食らいつくことができたでしょうか。

前半

DSCN7443

前半は常翔学園のキックオフで試合開始です。

試合は序盤から常翔学園が自陣から攻め込み、チャンスを作ります。前半2分、自陣からボール継続し、敵陣ゴール前までせまると、ラックからすぐにボール出して、最後は6番が飛び込んでトライ!ゴールも決まり、常翔学園が先制します。(常翔学園7-0同志社香里 ゴール成功 前半2分)

その後も同志社香里がボールもって攻める時間があるも、得点にはつながらず。常翔学園もミスなどでしばらく試合が動かない時間が続きます。

試合が動き出したのは前半11分、常翔学園が再びゴール前まで迫ると今回もラックから6番が持ち込んで中央にトライし、点差を広げます。(常翔学園14-0同志社香里 ゴール成功)

その後も常翔学園が敵陣深くまで攻め込むと、同志社香里がオフサイド。ゴールほぼ中央での位置で常翔学園はショットを選択。このPGをしっかりと決めて、3点を追加します。(常翔学園17-0同志社香里 前半16分)

さらに、常翔学園は前半19分、相手キックチャージからボールキープして、そのままトライに結びつけます。(常翔学園24-0同志社香里 ゴール成功)

さらに前半22分には、敵陣での相手ボールスクラムで力強く押し込み、マイボールにすると、ブラインドサイドに11番が飛び込み、左隅にトライを奪います。(常翔学園31-0同志社香里 ゴール成功)

前半トライを量産した常翔学園は前半最後にもゴール前ラインアウトから攻撃。最後は6番から7番とつないでトライを奪い、さらに点差を広げます。(常翔学園38-0同志社香里 ゴール成功)

このゴールが決まったところで前半が終了となります。

常翔学園38-0同志社香里 前半終了

後半

DSCN7444

後半は同志社香里のキックオフでスタートです。

後半に入っても常翔学園はペースを緩めず、トライを量産していきます。後半2分、ゴール前でのラインアウトから17番が持ち込んでトライを奪い、後半も開始早々トライをとります。(常翔学園45-0同志社香里 ゴール成功)

その後、後半7分にも常翔学園が8番が相手ディフェンスを吹き飛ばしてそのままインゴールまで走りきってトライを奪い、追加点を挙げます。(常翔学園50-0同志社香里 ゴール不成功)

このトライの後はしばらく得点がなく、膠着した時間が続きます。が、後半15分過ぎからまた試合が動き出します。後半17分、常翔学園が同志社香里のノックオンしたボールを拾ってそこからカウンター攻撃。11番から14番とつないでゴール前に迫ると、最後はラックからFWでトライを奪います。(常翔学園57-0同志社香里 ゴール成功)

後半23分、今度は敵陣でボール継続する常翔学園。ゴール前までせまると、ラックから大きく左へパスし、11番が左隅にトライ点差を広げます。(常翔学園62-0同志社香里 ゴール不成功)

後半27分、さらにトライを追加した常翔学園は(常翔学園69-0同志社香里 ゴール成功 後半27分)、試合終了間際にもターンオーバーから自陣からつないでいき、最後は4番がおさえてトライ。ロスタイムにももう1トライを追加します。(常翔学園76-0同志社香里 ゴール成功)

ゴールが決まったところで試合終了に。常翔学園が合計11トライを奪って快勝しました。

常翔学園76-0同志社香里 試合終了

試合を振り返って

この試合、常翔学園が序盤からペースを握ると、トライを量産していき、見事勝利をおさめました。こちらも新チームでメンバーも新たに変わったとは思いますが、すでに昨年に近いような攻撃的なラグビーをしていました。個々のフィジカルの強さももちろんですが、ディフェンスライン抜け出した際にしっかりとフォローしていけるので、一気にトライまで結びつく場面が多かったと思います。ディフェンスの時間は多くはなかったですが、こちらも安定していました。近畿大会で強豪相手に真価が問われることになりそうです。

対する同志社香里は、なんとか守っている時間はあったものの、やはりフィジカルの差もあって、徐々にディフェンスが下げられていき、結果トライまで結びつけられてしまうことが多かったです。攻撃時には何度か敵陣に入ることもあったものの、トライにはつなげられず。強豪相手には簡単にゲインする場面を作ることは難しいので、どう崩すかが課題になりますね。

まとめ

というわけで、この試合の結果、近畿大会に進む大阪代表3校目は、常翔学園となりました。ここまでは昨年の花園出場校なので、順当といえば順当な勝ち上がりになりましたね。常翔学園は昨年同様に力強いチームになっていますので、近畿大会も楽しみになってきました。近畿大会に向けてしっかりと準備してもらえればと思います。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする