兵庫県高校ラグビー新人戦2017決勝 報徳学園-関西学院

2017年2月12日(日)、JR西日本グラウンドで兵庫県高校ラグビー新人戦のシード校決定戦(3位決定戦)と決勝が行われました。

この日は2試合が行われました。

対戦 キックオフ時間
シード校決定戦 科学技術-甲南 13:00
決勝 報徳学園-関西学院 14:15

今回は決勝の関西学院と報徳学園の試合についてです。

スポンサーリンク
タグレンタル大

報徳学園-関西学院

報徳学園は昨年度花園出場校。花園ではベスト16まで進んでいます。対する関西学院は一昨年の花園出場校。今年もこの両校で新人戦決勝を迎えることになりました。すでに両チームともに準決勝を勝ち抜いて近畿大会出場は決定しています。この試合で勝って新人戦優勝で近畿大会に臨みたいところでしょう。

前半

前半キックオフからいきなり報徳学園がチャンスを作ります。関学がキックオフから自陣でノックオン。報徳学園がチャンスを掴むとスクラムからフェーズ重ねて攻め込み、最後は右隅につないで右サイド抜け出してトライ!ゴールも決まり、報徳学園が7点を先制します。

報徳学園 7-0 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール成功 前半2分

その後も試合は報徳学園が敵陣入る時間が続きます。関西学院にノットロールアウェイの反則があり、敵陣22mからのラインアウトから攻め込むも最後ノックオンでここは得点ならず。さらにその後相手キックからカウンター持ち込んで15→8とつないで持ち込むも、ここはグラウンディングできず。関西学院がなんとか守り切ります。

が、その後報徳学園の5mスクラムから関西学院がペナルティ。するとクイックで右へ持っていき、最後はラックからFWでトライを奪い、報徳学園が点差を広げます。

報徳学園 12-0 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール失敗 前半11分

この後も報徳ペースで試合が続きます。14分には自陣から報徳学園が攻め込み、最後は13番が中央ゲインしてから大きく右へパス。最後14番が右サイド抜け出して、中央回り込んでトライ!ゴールも決まり、リード広げます。

報徳学園 19-0 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール成功 前半14分

この後の時間帯は関西学院が攻め込みます。報徳学園にノットリリースザボールのペナルティ。関学が敵陣でマイボールラインアウトとすると、ラインアウトからモール形成し、押し込みますが、最後もモールアンプレアブルで得点には至らず。逆に報徳学園は前半22分、自陣からゲインして敵陣入ると、アドバンもらってから左に展開。11番が左サイドでステップで開いてかわしてトライを奪います。

報徳学園 26-0 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール成功 前半22分

その後のキックオフからもさらに攻め込む報徳学園。敵陣入ってフェーズ重ねると、最後は15番が中央でディフェンスライン抜け出してそのままトライ!ゴールも決まり、点差を広げます。

報徳学園 33-0 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール成功 前半24分

勢いに乗る報徳学園は前半29分にも相手ペナルティからクイックで再開。最後は再び15番が抜け出してトライ!ゴールも決まり、40点に乗せます。

報徳学園 40-0 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール成功 前半29分

前半はこのまま終了。報徳学園が6トライを奪い、大きくリードして後半に入ります。

報徳学園 40-0 関西学院 前半終了

後半

後半入って先に敵陣攻め込んだのは関西学院。報徳学園にオフサイドがあり、関学は敵陣ゴール前でマイボールラインアウトのチャンスをつかみます。ここで関学はラインアウトからモール組んで押し込むも一旦止まった後にオブストラクション。関学はいったんチャンス逃すも、相手ボールターンオーバーから裏に好タッチキックで大きく敵陣に入ります。ここで相手ペナルティがあり、クイックで攻め込む関学。最後は左サイドでFW押し込んでトライ!ゴールは外れるもこの試合初トライを奪います。

報徳学園 40-5 関西学院 関西学院のトライ!ゴール失敗 後半6分

その後は再び報徳学園ペースに。関学にオフサイドがあり、敵陣でのマイボールラインアウトから攻める報徳。最後は10番が左サイド裏にキック。これを関学がキープするもキャリーバックで報徳ボールの5mスクラムに変わります。報徳はここからフェーズ重ねて攻め込み、最後ゴール前ラックからリモール組んで押し込むも報徳学園に危険なプレーがあり、ペナルティ。ここは得点できません。

後半15分が過ぎ、報徳が攻め込むもなかなか得点は入らない時間帯が続きましたが、後半16分、報徳学園は敵陣深くで相手ボールも奪って左サイド押し込んでそのままトライ!報徳学園も後半最初のトライを奪います。

報徳学園 45-5 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール失敗 後半16分

さらにその後すぐ、報徳学園はラインアウトから攻め込むと、6番がゲイン。敵陣でフェーズ重ね、最後13番が角度つけてディフェンスライン走り込んで抜け出してトライ!ゴールも決まり、点差を広げます。

報徳学園 52-5 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール成功 後半19分

その後は互いにチャンスを作りながら得点には至らず。後半も残りわずかまでスコア動かず、時間が過ぎていきます。後半29分、報徳学園は敵陣入ってフェーズ重ねてアタック。すると最後は25番が相手かわして抜け出し、中央にトライ。ゴール成功で7点追加します。

報徳学園 59-5 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール成功 後半29分

その後ロスタイムに入り、報徳はキックオフからボール持った5番が左隅を走りきってそのままトライ!最後に1トライを追加します。

報徳学園 64-5 関西学院 報徳学園のトライ!ゴール失敗 後半ロスタイム

試合はここで終了。報徳学園が合計10トライを奪って勝利しました。

報徳学園 64-5 関西学院 試合終了

試合を振り返って

この試合、報徳学園が序盤から関西学院相手にトライを量産して、そのまま勝利しました。昨年もそうですが、特にバックス陣には好選手が揃っており、ミスマッチや相手ディフェンス揃っていない場面で一気にトライを奪う機会が何度もありました。昨年花園経験メンバーも残っており、今年は昨年以上に強いチームになっていきそうです。近畿大会でも上位進出、さらには全国選抜高校ラグビー大会出場と目指していってほしいですね。

関西学院はこの試合はディフェンスで粘り切れず、序盤から得点許す場面が続きました。アタックもそうですが、関西学院が強い時はまずディフェンスから、と思いますので、ここから鍛えていってほしいと思います。また、この後は近畿大会もありますし、まだまだシーズンは長いので、大きく成長してほしいと思います。

まとめ

今年の兵庫県高校ラグビー新人戦兼近畿大会予選は報徳学園が2年連続の優勝で終わりました。現段階では報徳学園が一歩抜け出していて、他のチームはそれを追うという構造になっているかと思います。まだまだこれから先は長いので各チームともさらに成長していってもらえたらいいですね。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする