兵庫県高校ラグビー新人戦決勝2016 関西学院-報徳学園

2016年2月13日(土)兵庫県高校ラグビーフットボール新人戦(近畿高校ラグビーフットボール大会予選)が神戸市のJR西日本グラウンドで行われました。

この日の対戦はシード校決定戦(3位決定戦)と決勝の2試合となっています。

対戦 キックオフ時間
3位決定戦 市立尼崎-科学技術 13:00
決勝 関西学院-報徳学園 14:15

今回は決勝の関西学院と報徳学園の試合についてです。

スポンサーリンク
タグレンタル大

関西学院-報徳学園

関西学院高校は昨年度花園出場校。花園予選では、準決勝で市立尼崎高校に40-7で勝利すると、決勝では報徳学園と対戦。前半リードを許すものの、逆転し、後半最後猛攻を受けるも凌ぎきって、10-6で勝利。4年ぶりの花園進出を決めました。全国大会では、初戦茗渓学園相手に18-7で勝利すると、続く2回戦ではつるぎ高校相手に57-17で勝利。3回戦ではシード校の國学院久我山高校を13-7で倒し、ベスト8進出となります。準々決勝では石見智翠館高校相手に33-7で敗れるも見事全国ベスト8進出となりました。

この大会では、3回戦から登場。村野工業相手に93-0で勝利すると、準々決勝は県立芦屋高校相手に前半苦しみながらも後半突き放して53-7で勝利。準決勝は科学技術高校に後半最後リードを許す展開もトライとその後のコンバージョンを決めて逆転。19-17で接戦をものにして、この決勝に挑みます。

対する報徳学園高校は、兵庫県を代表するラグビー強豪校。昨年の花園予選では、準決勝で甲南高校相手に38-7で勝利し、決勝に進出。決勝では、前半先制するも、途中に逆転されて後半へ。最後トライを取れば逆転という場面で、敵陣ゴール前後少しまでせまるも、トライは奪えず、6-10で関西学院に敗れ、花園進出を逃す形となりました。

この新人戦では3回戦から登場。初戦は星陵高校相手に112-0で快勝すると、準々決勝は不戦勝で勝ち上がり、準決勝へ。準決勝では、市立尼崎高校相手に43-5で勝利し、この決勝に臨みます。

昨年度は新人戦・兵庫県民大会・花園予選と3度の決勝での対戦で全て関西学院高校が勝利しましたが、今年の対戦はどうなったでしょうか。

前半

前半は関西学院のキックオフで試合開始です。前半から雨がかなり激しく降る天候となり、ハンドリングエラーが多くなる試合に。

前半3分頃、関学は自陣からのキックがダイレクトタッチになり、報徳学園ボールのラインアウトとなると、関学にノットロールアウェイのペナルティがあり、さらにゴール前でのラインアウトとします。報徳はここからモールを形成。最後はモールから離れてインゴールに飛び込んでトライ!ゴールも決まり、報徳学園が先制します。

関西学院0-7報徳学園 報徳学園のトライ!ゴール成功 前半7分

その後も報徳がやや優勢に試合を進めるも、雨のため、ボールが滑りやすく、ノックオンが増える展開となります。前半10分頃、関学は自陣スクラムでプレッシャーを受けながらもなんとかボール出すも、相手ディフェンスの詰めに対して焦りからパスミス。タッチにボールが出て、報徳学園が敵陣22m内でのラインアウトと変わります。報徳はこのラインアウトからモールを形成。モール押し込んでそのままインゴールにおさえてトライ!ゴールは外れるも報徳学園が2トライ目を奪います。

関西学院0-12報徳学園 報徳学園のトライ!ゴール不成功 前半13分

その後も報徳学園ペースで試合は進んでいきます。前半15分、関学にペナルティがあり、報徳学園がマイボールラインアウトに。しかし、ここはノットストレートでボール確保できず、関学ボールスクラムに変わります。

スクラムも報徳学園がしっかりとプッシュし、プレッシャーをかけます。関学は自陣でのプレーが続き、うまく敵陣へ持ち込むことができず、苦しい時間帯に。

前半20分頃、関学は自陣でのラインアウトがノットストレートとなり、報徳学園ボールに。報徳はここからフェーズを重ねて攻撃。最後左に展開していき、12番が左サイドにグラバーキックも、ここは報徳学園にオフサイドがあり、得点ならず。が、その後も報徳がナイスタックルで相手ノックオンを誘うなど、敵陣でのプレーが続きます。

関学は前半終了間際に、自陣からディフェンスラインゲインして、ハーフウェイライン付近へ。ラックから右に素早く展開するもスローフォワードとなり、チャンスにつなげることができません。

対する報徳学園も敵陣でプレーしながらその後得点は奪えず、報徳学園が12点リードで前半を折り返します。

関西学院0-12報徳学園 前半終了

後半

後半は報徳学園のキックオフでスタートです。

後半先にチャンスを作ったのは報徳学園。敵陣入ったところでのスクラムから右サイドに展開し15番がゲイン。敵陣深くまで攻めるもノックオンとなり、このチャンスは得点には至りません。

が、後半先にトライを挙げたのは、今回も報徳学園でした。後半7分、敵陣でボール継続する報徳学園は10番がステップ踏んで中央抜け出して大きくゲイン。ゴールライン目前まで迫ると、最後はラックからFWで押し込んでトライ!ゴールも決まって19点差と点差を広げます。

関西学院0-19報徳学園 報徳学園のトライ!ゴール成功 後半7分

その後のキックオフで報徳学園にノックオンがあり、この試合自陣でのプレーが多かった関学がようやく敵陣入ってのマイボールスクラムとします。そこから関学は相手ディフェンスの裏にキック。このボールはタッチインゴールとなり、報徳学園が自陣でのスクラムと変わります。

その後の時間は報徳学園にペナルティもあり、関学が敵陣でプレーする時間が長くなります。関学は相手ペナルティで敵陣でのラインアウトとするも、このボールは確保できず。報徳がタッチに蹴りだした際にワンタッチがあり、報徳が自陣マイボールラインアウトとなります。が、ここで報徳にもノックオンとなり、関学が敵陣でプレーする時間が続きます。

雨の試合ということもあり、後半はハイパントを両チームともに多用してきます。後半15分過ぎ、関学は敵陣でハイパント。これは関学にノックオンがあり、報徳が自陣でのスクラムとなります。その後、報徳にスローフォワードがあり、関学が敵陣でのスクラムから攻めるも、ここは最後相手に絡まれてノットリリースザボールに。この辺りから関学も良いテンポで攻撃ができるようになってくるも、得点には至りません。

後半20分過ぎ、報徳学園にオフサイドがあり、関学がゴール前でラインアウトのチャンスを作ります。ここで関学はラインアウトからFWで押し込むもここはグラウンディングできず。しかしながら、まだ5mスクラムのチャンスとなります。そのスクラムから関学は8番が一気にゴールライン目前へと迫ると、その後FWで近場を攻めてトライ!関学がこの日初トライを奪います。

関西学院7-19報徳学園 関西学院のトライ!ゴール成功 後半23分

その後も関学が攻め込みます。相手オフサイドから敵陣でのラインアウトとするも、個々は確保できず。報徳がキックで蹴り返し、そこから関学も蹴り込みますがこれはインゴールまで届き、ドロップアウトに。

そこから報徳学園は大きく蹴り返すと、関学がノックオンオフサイド。今度は報徳学園が敵陣でのプレーとなります。その後、報徳は敵陣でのハイパントがそのままダイレクトタッチになり、関学ボールラインアウトに変わるも、この後最後まで相手に得点を許さず、試合終了。

報徳学園が、今年の兵庫県高校ラグビー新人戦優勝を決めました!

関西学院7-19報徳学園 試合終了

試合を振り返って

この試合、激しく雨が降る中での試合となったので、互いにやりにくい部分はあったかと思いますが、報徳学園が終始、力強さを見せた試合となりました。

前半から報徳が相手への詰めの早さ、スクラムでのプッシュなど、プレッシャーをかけながら、うまく敵陣でのプレーを継続。相手ペナルティもあり、モールから2トライを奪うなど、主導権を握ったことで、良いペースで試合を進めていきました。ハンドリングエラーは多かったものの、天候を考えると仕方ない面もありますし、前半自陣でプレーしなかったことが大きかったと思います。後半はややペナルティも増えて相手に攻め込まれる時間が続きますが、なんとか1トライに抑えての勝利。全体的に大きな選手も多いので、今年の報徳は強いというのを見せた試合になったかと思います。

対する関学は、前半相手のプレッシャーもあって中々敵陣でのプレーができなかったのが痛かったかと思います。後半に入って3トライ目以降からようやく敵陣でのプレーが続くことになりましたが、ここでは良いテンポで攻めることもできていたので、この時間をもっと早めに作ることができれば、流れは変わったかもしれません。他チームに比べると花園出場の関係で新チーム始動が遅れているので、まだまだこれから期待したいと思います。

まとめ

この試合の結果、今年の新人戦は報徳学園が優勝となりました。なお、優勝した報徳学園と、準優勝の関西学院はこの後3月からの近畿大会が待っています。この大会で上位に進めば、全国高校選抜ラグビー大会出場となります。両チームには近畿大会で上位に進んで、選抜出場できるよう、頑張ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする