高校ラグビー兵庫県民大会準々決勝 六甲アイランドvs報徳学園

2015年5月30日(土)、JR西日本鷹取グラウンドで、兵庫県民大会の準々決勝8試合が行われました。

この大会は4月から8つのグループに分かれて予選リーグが行われ、1位のチーム8チームが決勝トーナメントへと進出。またこれ以外にシード校8校も決勝トーナメントから参加となり、計16チームでのトーナメントが5月24日から始まりました。

この日行われたのはベスト8進出した8チームが対戦。全部で4試合が行われました。

兵庫県民大会準々決勝

関西学院-神戸

科学技術-灘

市立尼崎-兵庫工

六甲アイランド-報徳学園

この日の対戦で勝てば、6月7日(日)に行われる準決勝へと進出することになります。

第4試合は六甲アイランド高校と報徳学園高校の対戦です。

六甲アイランドvs報徳学園

六甲アイランド高校はここ数年、兵庫県でベスト4やベスト8に進出しており、力をつけてきている高校です。新人戦では2回戦から登場。合同3(六甲・御影)相手に15-10で勝利すると、続く川西北陵高校にも12-10で勝利。ベスト8進出を決めると、準々決勝では市立尼崎と対戦。17-27で敗れ、ベスト8で敗退となりました。この大会では、決勝トーナメントから出場。1回戦では、県立伊丹高校と対戦。27-19で勝利し、この準々決勝へと進出しました。

対する報徳学園は兵庫を代表するラグビー強豪校。昨年度まで3年連続で花園出場しています。新人戦では、3回戦から登場。甲南高校に50-7で勝利すると、準々決勝で加古川西高校、準決勝で科学技術高校を倒し、決勝進出。決勝では関西学院高校相手に14-19で敗戦。準優勝に終わりました。

この大会では決勝トーナメント初戦で武庫之荘総合高校相手に132-0で勝利。この準々決勝に進んでいます。

報徳学園としては、目指すは優勝のみだと思いますので、優勝目指してしっかり勝ち進んでいきたい試合。対する六甲アイランド高校はなんとか報徳学園相手に食らいついていきたいところでしょう。

それでは試合の方にいきましょう。

スポンサーリンク
タグレンタル大

前半

DSCN6740

前半は六甲アイランド高校のキックオフで試合開始です。

試合は前半開始早々から報徳学園が敵陣へと攻め込む時間が続きます。相手ペナルティから敵陣でのラインアウトのチャンスを掴むとその後も敵陣でのプレーが続きます。先制したのは前半5分頃。報徳学園がゴール前での連続攻撃からラック。そこから5番がブラインドサイドをついて抜け出してトライ!ゴールも決まり、7-0と報徳学園が先制します。

さらに前半8分頃にも、素早い展開でゴール前まで迫ると、ゴール前でのラックから9番→8番とつないで中央にトライ!ゴール成功で14-0とします。

ここからは、六甲アイランド高校も敵陣へと進みます。相手のノットリリースザボールからマイボールラインアウトとなるもここはターンオーバーされ、得点には至らず。さらにその後、ターンオーバーから相手陣22mラインまで迫るもここはノックオン。六甲アイランド高校が敵陣まで迫るも、得点できません。

するとここからは報徳学園がトライラッシュとなります。前半12分頃、自陣から3番がゲインすると、そこから12番、14番とつないで右隅にトライ!19-0とすると、その後、11番がハーフウェイライン付近からゲインして中央にトライ!ゴール成功で26-0となります。

ここからはキックオフからのトライが続きます。報徳学園が相手のキックオフボールをキャッチすると、6番がゲイン。右につないでいき、15番が抜け出し、中央に回り込んでトライ!ゴール成功で33-0とすると、さらにその後のキックオフから11番が左サイドを大きくゲイン。最後はゴール前ラックから9番が抜け出してトライ!ゴール不成功で38-0とします。

前半20分も過ぎたところで、再び報徳学園のトライが続きます。相手のペナルティから5mラインアウトとすると、ここからFWで押し込み、最後は3番がトライ!ゴール不成功で43-0とすると、その2分後には、6番がゲインし、左へ展開。11番から15番とつなぎ、左隅を抜け出し、中央に回り込んでトライ!ゴール成功で50-0となります。

その後もキックオフからつないでいき、最後は14番が右隅抜け出し、中央にトライ!ゴール成功で57-0とすると、さらに前半終了間際にも、FWでフェーズを重ねていき、右へ展開。最後は15番がトライでゴール成功。64-0とします。

前半はここで終了。途中からは報徳学園のトライラッシュとなり、64-0で後半に入ります。

後半

DSCN6742

後半は報徳学園高校のキックオフでスタートです。

後半最初は六甲アイランド高校が相手のオフサイドで敵陣でのラインアウト。しかしここはターンオーバーされ、相手ボールに。その後報徳学園のミスなどで再びマイボールとすると、大きくゲインし、相手オフサイドで今度は22mライン内でラインアウトのチャンスを得ます。がここもターンオーバーされて、チャンスを活かせません。

すると後半5分頃、報徳学園9番が大きくゲインし、敵陣でラック。そこからつないで最後は途中から出場の21番がトライ!ゴール成功で71-0とします。

その後、六甲アイランド高校が再び相手ペナルティもあり、敵陣22m内に進むも、ここもターンオーバーされ、得点には繋がらず。逆に報徳学園は自陣でのターンオーバーからつないでいき、最後は25番が左サイド抜けて、中央にトライ!ゴール成功で78-0とします。

さらにその3分後、報徳学園はラインアウトからモールで押し込みます。相手コラプシングもあり、一旦崩れるも、そこから左へ展開。25番が左サイド抜け出して中央にトライ!ゴール成功で85-0とします。

ここからも報徳学園がボールキープするものの、後半はややハンドリングエラーも増えて、うまくつながらない場面も増えてきました。とはいえ、後半20分前後、報徳学園はFWでゴール前で押し込み、トライ!ゴール不成功で90-0とします。

その後、六甲アイランド高校がなんとか1トライを奪おうと攻め込みます。ハーフウェイラインやや相手陣で相手ノックオンもあり、マイボールスクラム。ここから相手ペナルティもあり、残り5mのところでラインアウトから攻め込みます。ゴール前に迫りますが、このチャンスも得点には繋がらず。

すると残り時間わずかとなったところで、報徳学園は自陣からつないでいき、ハーフウェイライン付近まで戻すと、ここから左へ展開。最後は25番がトライ!ゴール成功で97-0とリードを広げます。

試合はここで終了。結果、97-0で報徳学園高校が六甲アイランド高校に勝利しました。

試合を振り返って

試合は報徳学園がテンポ良いアタックで何度もチャンスを作り、トライを量産していきました。この試合で言えば、もちろん個々の力強さもそうですが、この試合で言えば、テンポよく素早いパス回しで崩す場面が目立ったように思います。それを作り出したのがSHの選手。順目、逆目と素早くつないでいく、自らも縦に切れ込んでいく場面もあり、相手に的を絞らせず、攻撃のテンポを作り出したと思います。

また、FW陣の強さも目立ちました。特に3番が攻守によくファイトし、6番の選手のゲインも目立った試合でした。ディフェンス面でいえば、後半は攻め込まれる場面もありましたが、しっかりと守り切ることができたのも良かったかと思います。目指すべきところが先なので、この試合は通過点かとは思いますが、良い試合ができたのではないでしょうか。

対する六甲アイランド高校。前半からやはり守りの時間が長く、相手の力強さで押し込まれる場面やそこからの展開で余ってしまう場面が目立ちました。前半途中からはキックオフからノーホイッスルトライが何度も続いてしまい、一気に相手に畳み込まれてしまった印象です。

とはいえ、後半は相手のミスも増えたのもありますが、ディフェンスでも粘って止める場面が増えてきました。また、試合終了間際には、敵陣であともう少しでトライという場面も作りましたし、前半からは修正してきたことは収穫だと思います。

個々人の強さやテンポの良さなどでやられた感じではありますが、後半はよく粘っていた試合になりました。

全体を通じて

この試合の結果、報徳学園は6/7(日)に行われる準決勝進出が決定。準決勝では市立尼崎高校との大戦となります。

準決勝2試合は以下となります。

市立尼崎-報徳学園 10:00 Kick off

関西学院-科学技術 11:20 Kick off

試合はどちらも神戸ユニバーサブグラウンドで行われます。

なお決勝は6月14日(日)の開催です。こちらも神戸ユニバーサブグラウンドとなります。この日は兵庫ラグビーフェスティバルも開催されますので近くの方はぜひお出かけください。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする