高校ラグビー兵庫県民大会準々決勝 市立尼崎vs兵庫工業

2015年5月30日(土)、JR西日本鷹取グラウンドで、兵庫県民大会の準々決勝8試合が行われました。

この大会は4月から8つのグループに分かれて予選リーグが行われ、1位のチーム8チームが決勝トーナメントへと進出。またこれ以外にシード校8校も決勝トーナメントから参加となり、計16チームでのトーナメントが5月24日から始まりました。

この日行われたのはベスト8進出した8チームが対戦。全部で4試合が行われました。

兵庫県民大会準々決勝

関西学院-神戸

科学技術-灘

市立尼崎-兵庫工

六甲アイランド-報徳学園

この日の対戦で勝てば、6月7日(日)に行われる準決勝へと進出することになります。

第3試合は市立尼崎高校と兵庫工業高校の対戦です。

市立尼崎vs兵庫工業

市立尼崎高校は兵庫県内古くからある強豪チーム。新人戦では、2回戦から登場。初戦でこの日対戦する兵庫工業に45-14で勝利すると、3回戦では合同チーム相手に127-0で勝利。準々決勝でも六甲アイランド高校に27-17で勝利し、準決勝進出しました。準決勝は関西学院高校に77-0で敗れるも第三シード決定戦では40-19で科学技術高校に勝利。3位で新人戦を終えました。この大会は決勝トーナメントから登場。1回戦では川西北陵高校相手に43-0で勝利し、ベスト8進出。この日の準々決勝に臨みます。

対する兵庫工業高校も全国大会出場もある強豪チーム。新人戦では1回戦で兵庫高校相手に、51-14で勝利し、2回戦に挑むも2回戦で市立尼崎と対戦し、14-45で敗戦。新年度最初の大会である県民大会は予選リーグから登場。合同6(尼崎北・川西緑台・川西明峰・篠山産業)相手に、36-19で勝利すると、合同5(神戸朝鮮・市神港・東灘・須磨翔風)相手に、20-5で勝利し、2連勝で決勝トーナメント進出を決めました。決勝トーナメントでも初戦で加古川西高校相手に14-12で勝利。ベスト8に進出し、この日の試合に挑みます。

新人戦では市立尼崎高校が45-14で勝利したこの2チームの対戦。新人戦3位の市立尼崎高校にノーシードから勝ち上がった兵庫工業が挑む形となりました。

果たしてどうなったのでしょうか。

スポンサーリンク
タグレンタル大

前半

DSCN6736

前半は兵庫工業のキックオフで試合開始です。

先に流れを掴んだのは市立尼崎高校。最初は自陣から攻め込むもノックオンとなり、チャンスを潰すも、前半4分頃、相手ペナルティからFWが近場を攻めて、先制トライ!ゴールも決まって7-0とします。

その後は兵庫工業が敵陣へと攻め込みます。ラインアウトからモールを押し込むと相手のペナルティからタッチキックでさらに前進します。相手陣22m内でラインアウトのチャンスを得ますが、ここはノットストレートでボールキープできず。兵庫工業はチャンスを生かせません。

逆に今度は市立尼崎が敵陣へと進むも、攻撃時にラック横から入ってしまいペナルティ。しばらくは互いにペナルティが多く、得点が入らずに前半15分が過ぎていきます。試合が動いたのはここから。

市立尼崎高校が敵陣へと攻め込み、ゴール前へ。ここで兵庫工業がペナルティを犯すと、クイックでさらに攻め込んで、最後は7番がインゴールに飛び込んでトライ!ゴール成功で14-0とします。

その後も市立尼崎が優位に試合を進めます。相手ペナルティから22mライン付近でのラインアウトから攻め込むも、ここはノックオン。また、その後も8番がギャップぬけ出してゴール前に攻め込むも、ここはオーバーザトップでチャンスを潰します。

チャンスを作りながらも得点には至らなかった市立尼崎ですが、その後相手ボールのターンオーバーからトライを奪います。前半23分頃、相手ボールラインアウトをターンオーバーすると、そこから攻め込みゴール前へ。最後は右に展開し、13番がトライ!ゴールも決まって21-0とします。

さらにここからも市立尼崎が突き放します。兵庫工業ボールのラインアウトからラックとなったところを市立尼崎が乗り越えてターンオーバー。8番がゲインし、右サイドフォローした9番がトライ!ゴール成功で28-0とすると、さらに、その3分後に相手オフサイドからタッチに蹴り出し、ラインアウトから攻め込むと、ゴール中央ポール下でFWが押し込んでトライ!ゴール成功で35-0とします。

前半はここで終了。35-0で市立尼崎が兵庫工業をリードし、後半に入ります。

後半

DSCN6738

後半は市立尼崎高校のキックオフでスタートです。

後半に入っても先に流れを掴んだのは市立尼崎。相手ペナルティなどもあり、後半開始から相手陣でのプレーが続きます。後半5分を過ぎたところで、市立尼崎高校がゴール前に攻め込み、ラック。そこから左へ展開し、10番から11番につないで、トライ!ゴール不成功で40-0とします。

このトライの後は兵庫工業が敵陣へと進みます。11番が大きくゲインしてゴール前へ。相手のペナルティもあり、そこからFWで攻め込み、トライを狙うも、ここは最後ペナルティを犯してしまい得点にはつながりません。

その後も兵庫工業が攻め込みます。相手ペナルティから5mラインアウト。そこから再びFWで押し込み、残り数mまで迫るも、最後ペナルティでトライには結びつきません。

すると流れは再び市立尼崎へ。後半20分過ぎ、12番がゲインし、13番がフォロー。ゴール前に迫ると、最後はラックから6番がピックし、縦をついてトライ!ゴール成功で47-0とします。

このトライ後、兵庫工業が再びチャンスを作ります。ゴール前中央でFWが押し込んでラックとなると、そこから左へ展開。10番から15番へとつないでトライ!ゴール不成功も兵庫工業がこの日初トライで47-5とします。

試合時間残りわずかとなったところで、今度は市立尼崎が相手陣へと入ります。敵陣でのマイボールラインアウトから、最後は中央でFWが縦に走り込んでトライ!ゴール成功で54-5とします。

試合はここで終了。結果、54-5で市立尼崎が兵庫工業に勝利しました。

試合を振り返って

試合は54-5という点差も表すように、市立尼崎高校が終始、良い流れで進めた試合になりました。試合全体を見ていると、各選手が縦への意識が強く、しっかり前進できている場面が目立ちました。トライを奪った場面を見ても、横ではなく縦に走り込む場面が多く、相手ディフェンスを下げさせた形となりました。FWもよく動いており、そこから展開するかたちで、何度もチャンスを作り上げたと思います。

この試合で言えば、ややペナルティが多かったこと、特に前半攻撃時のペナルティが多く、もったいない場面が目立ったのでそこは今後に向けての改善点だと思います。

対する兵庫工業ですが、何度かゴール前に迫る場面も見られましたが、なかなかトライまで結びつくことがありませんでした。また、相手のペナルティから敵陣へとタッチキックで進入する場面もありましたが、ラインアウトが安定しなかたのも試合展開としては痛かったと思います。

とはいってもゴール前でのモールやFWにこだわった攻撃などを見ていると、練習でこだわっていたことが少しは出せていたのかなと感じました。また後半には1トライを奪いましたし、次につながる試合にはなったかと思います。

全体を通じて

この試合の結果、勝利した市立尼崎高校は、ベスト4進出。準決勝では報徳学園に挑むことになります。2強の一角相手にどこまで迫ることができるか注目です。

対する兵庫工業もこの試合では市立尼崎に敗れましたが、ノーシードからここまで勝ち上がったのは素晴らしいと思います。得意のモールを更に磨きをかけて、秋の花園予選で躍進するのを楽しみにしています。

スポンサーリンク
タグレンタル大
タグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする